logo

ビル用マルチエアコン『VRV X』シリーズを新発売

ダイキン工業株式会社 2014年10月21日 14時00分
From 共同通信PRワイヤー

2014年10月21日

ダイキン工業株式会社

「ネット・ゼロ・エネルギー・ビル(ZEB)」を目指し、年間運転効率を大幅に向上
ビル用マルチエアコン『VRV X』シリーズを新発売

ダイキン工業株式会社は、建物全体のエネルギー消費を正味ゼロにするネット・ゼロ・エネルギー・ビル(以下、ZEB)の実現に向けて、年間運転効率を大幅に向上したビル用マルチエアコン『VRV X』シリーズ(22.4kW~118.0kW 全18機種)を2015年3月2日より発売します。
本商品は、低負荷時の運転効率を大幅に向上した新型スクロール圧縮機と、負荷に合わせて全自動で冷媒温度をコントロールする新しい冷媒制御で、年間の消費電力量を大幅に削減しました。さらに外気温50℃という厳しい環境での冷房運転が可能になり、また配管接続の自由度も高めることで、多様な設置状況に対応します。

【商品の特長】
1. ZEB化を目指すキー技術を搭載し、従来比年間20%省エネ 
実際に空調機の年間使用状況を調べた結果、真夏や真冬の負荷が非常に高いなかでの運転時間は短く、運転時間の約90%が、機器の定格能力の50%以下で運転されていることがわかりました。このため、負荷が少ないときにどれだけ効率よく運転するかが、ZEB実現に向けてのキーポイントとなります。
本商品では、運転効率を大幅に向上した「新型スクロール圧縮機」と、必要な負荷をリアルタイムに把握して冷やしすぎや暖めすぎを低減する「全自動省エネ冷媒制御」の採用により、低負荷時の大幅な高効率化を実現しました。さらに待機電力を従来比15%削減し、年間のトータル消費電力量を従来比約20%削減します。

2.50℃の外気温度でも運転を継続する「タフネス冷房」
新形状プロペラファンの搭載により、室外機内の風通りを良くすることで熱交換効率を向上し、高温時での能力低下を抑えます。また、外気温度にかかわらず安定して電気部品を冷却できる独自の冷媒冷却回路を搭載し、冷房運転可能な外気温の上限を従来機の43℃から50℃まで拡大しました。ヒートアイランド化している都市圏や熱のこもりやすい狭いスペースなどの過酷な設置状況でも、安定した連続運転を実現します。

3.配管接続の自由度と室内機接続容量を拡大し、設計自由度を向上
配管接続において、室外機を出て1つ目の分岐から最も遠い室内機までの距離を、従来の40mから90mまで拡大し、1フロアの面積が広い建物でも1系統での展開が可能になりました。さらに、室外機に接続できる室内機の容量を従来の最大130%から200%まで拡大します。大規模な建物へのビル用マルチエアコン設置が増えているなか、配管や室内機接続の自由度を拡大することで、より多様な設計ニーズにお応えします。



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事