logo

エンパイアステートビル・ランアップを来年2月実施 Empire State Realty Trust

Empire State Realty Trust, Inc. 2014年10月20日 10時20分
From 共同通信PRワイヤー

エンパイアステートビル・ランアップを来年2月実施 Empire State Realty Trust

AsiaNet 58281(1140)

【ニューヨーク2014年10月17日PRN=共同通信JBN】
*毎年恒例の第38回エンパイアステートビル・ランアップを2015年2月4日実施

Empire State Realty Trust, Inc.(NYSE: ESRT)は17日、37年前に始まった毎年恒例の特別企画、エンパイアステートビル・ランアップについて、2015年はこれまでのやり方を一新、独自性を強めてレースフォーマットに焦点を当て、エキサイティングな新しい試みを計画していると発表した。ESRT は新しいマネジメントパートナーやリードスポンサー、慈善パートナーを確保、競技登録に関する情報を含め11月に概要をウェブサイト、www.empirestatebuilding.com で公表する。エンパイアステートビル・ランアップ(ESBRU)は全世界のタワービル競争の頂点に立つイベントで、引き続き2015年2月4日にも、世界中から集まるランナーが世界で最も有名なオフィスビルの86階、1576段を駆け上がる。

ESRTはタワーレースの看板イベントとしてESBRUの維持、発展に責任を持っており、各国の出走者やスポンサー、パートナー、世界中の観客とともに新時代を待ち望んでいる。

ESRTのアンソニー・マルキン会長兼社長兼最高経営責任者(CEO)は「エンパイアステートビル・ランアップは過去40年近くニューヨークばかりでなく世界中のランナーにとって最もユニークでアイコニックなレースの1つだった。ランアップをさらに成功させることはこの上ない喜びであり、ランナーにとって一生一度の体験になるよう高めていきたい」と述べた。

▽エンパイアステートビルについて
マンハッタンの中心街にそびえ立つ高さ1454フィート(基部からアンテナまで)のエンパイアステートビルはEmpire State Realty Trust, Inc.が所有する「世界で最も有名なオフィスビル」である。エネルギー効率、インフラ、公共領域、アメニティーへの新たな投資によって、エンパイアステートビルは世界のさまざまな業界分野から一級のテナントを引き寄せている。摩天楼の頑健な放送技術はニューヨーク都市圏市場のすべての主要テレビ局やFMラジオ局をサポートしている。エンパイアステートビルは米国建築家協会が行った調査で米国の好ましいビルに選ばれ、エンパイアステートビル展望台は地域ナンバーワンの観光地として世界で最も愛されるアトラクションの1つになっている。エンパイアステートビルについての詳しい情報は以下を参照。
www.esbnyc.com
www.facebook.com/empirestatebuilding
@EmpireStateBldg
www.instagram.com/empirestatebldg
www.youtube.com/esbnyc
www.pinterest.com/empirestatebldg/

▽Empire State Realty Trust について
有力な不動産投資トラスト(REIT)のEmpire State Realty Trust, Inc.(NYSE: ESRT)は世界で最も有名なオフィスビルであるエンパイアステートビルを含め、マンハッタンと大ニューヨーク圏のオフィス、小口資産を所有、経営、運用、買収、再配置している。ニューヨーク州ニューヨーク市に本社を置く同社のオフィス、小口ポートフォリオは2014年7月15日現在、賃貸用面積が1000万平方フィートに上り、このうち930万平方フィートは14のオフィス資産(マンハッタンに9、コネティカット州フェアフィールド郡に3、ニューヨーク州ウエストチェスター郡に2)で、約73万2000平方フィートが小口ポートフォリオである。また、同社はコネティカット州スタンフォードに土地を所有し、約38万平方フィートの賃貸用オフィスビルとガレージの開発をサポートするトランスポーテーションセンターを持っている。

▽問い合わせ先
United Entertainment Group for Empire State Building
Matt McCullough
Matt.McCullough@uegworldwide.com

ソース:Empire State Realty Trust, Inc.

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事