logo

リクルートホールディングスが運営する「クリエイションギャラリーG8」にて10/17スタート!安西氏の40年間の仕事から原画を中心に約300点 年少期や大学時代の貴重な作品も展示、安西水丸展開催


株式会社リクルートホールディングス(本社:東京都千代田区、代表取締役社長 兼 CEO:峰岸真澄)が運営するギャラリー「クリエイションギャラリーG8( リンク )」では2014年10月17日(金)より11月20日(木)の期間、「安西水丸展」を開催いたします。

▼詳細はこちらから
リンク

▼ギャラリー情報はこちらから
リンク

――――――――――――――――――――
■安西水丸展
――――――――――――――――――――
シンプルな線と色で描き出す、どこかユーモラスで温かみのあるイラストレーションが、幅広い層から愛された安西水丸氏。イラストレーション、漫画、エッセイ、小説、絵本、翻訳など多岐にわたり活躍していた氏は、2014年3月19日に71歳で急逝する直前まで、机に向かい仕事をしていました。
安西氏は大学卒業後、アートディレクターとして電通に入社。ニューヨークのデザインスタジオと平凡社を経て、1981年にフリーに。イラストレーターになったのは30歳を越えてからでした。また、仕事での活躍と並行して、大学とイラストレーションスクールの講師や、東京イラストレーターズ・ソサエティの理事長を務めるなど、イラストレーション界の発展と後進の育成にも力を尽くしました。
本展は、イラストレーター安西水丸の基ともいえる『青の時代』、雑誌の表紙や挿絵、村上春樹氏との数々の共著、絵本や漫画、エッセイ、展覧会の作品など、40年間の膨大な仕事の中から、原画を中心に約300点をご紹介いたします。また、年少期や大学時代の貴重な作品もあわせて展示いたします。
イラストレーションを描くときに大切にしていたのは「がんばろうと思わないこと」。がんばらないと描けないのならまだ勉強不足だと語っていた安西氏。素の自分でイラストレーションと向き合うことを心がけ、描き続けた作品の数々を、ぜひ会場でご覧ください。

<安西水丸展>
■企画展名   安西水丸展
■日時     2014年10月17日(金)~11月20日(木)
        11:00~19:00 日曜・祝日休館 入場無料
■会場     クリエイションギャラリーG8
        〒104-8001 東京都中央区銀座8-4-17 リクルートGINZA8ビル1階
        リンク

――――――――――――――――――――
■作家プロフィール
――――――――――――――――――――
1942年東京生まれ。イラストレーター。日本大学芸術学部美術学科造形コース卒業。電通、ニューヨークのデザインスタジオADAC、平凡社でADを務めた後、フリーに。朝日広告賞、毎日広告賞、1987年日本グラフィック展年間作家優秀賞、1988年キネマ旬報読者賞受賞。絵本、漫画、エッセイ、小説など著書多数。東京イラストレーターズ・ソサエティ(TIS)、公益社団法人日本グラフィックデザイナー協会(JAGDA)、日本文藝作家協会、日本ペンクラブ会員、日本スノードーム協会会長、カレーライス協会会長。2014年3月19日逝去、享年71歳。

――――――――――――――――――――
■「安西水丸展」詳細
――――――――――――――――――――
▼詳細はこちらから
リンク

▼ギャラリー情報はこちらから
リンク

――――――――――――――――――――
■ギャラリーについて
――――――――――――――――――――
リクルートホールディングスは、メセナ活動の一環として、東京銀座に「クリエイションギャラリーG8」と「ガーディアン・ガーデン」のふたつのギャラリーを運営しています。「クリエイションギャラリーG8」は、グラフィックデザインに焦点を当てたデザインギャラリー。「デザインとコミュニケーション」をテーマに、国内外を代表する作家から、先鋭的な送り手の作品をご紹介しています。展覧会ごとに「クリエイティブサロン」というトークショーを開催するなど、作品だけでなく送り手の発想や行動の背景・過程を分かりやすくお伝えできるスペースを目指しています。1985年に「G7ギャラリー」としてオープンして以来、広告・グラフィックデザイン・アートを通じて、来場者の方々に「コミュニケーション」の原点を考える場として親しんでいただいております。また、「ガーディアン・ガーデン」は若手クリエイターに表現する「機会」と「場所」を提供することを目的に1990年にオープン。グラフィック、写真を中心としたコンペティション・ギャラリーとして、公募展を中心に活動を展開しています。

▼ギャラリー情報はこちらから
リンク

▼リクルートホールディングスについて
リンク

――――――――――――――――――――
【本件に関するお問い合わせ先】
リンク
――――――――――――――――――――

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。