logo

派遣型スキャンサービス「Office(オフィス) SCANMAN(スキャンマン)」が誕生しました

スキャンマン株式会社 2014年10月15日 19時10分
From Digital PR Platform


スキャンマン株式会社(本社:東京都渋谷区 代表取締役社長:杉本勝男)は、派遣型スキャンサービス「OfficeSCANMAN(オフィス スキャンマン)」 法人向けサービスを2014年10月11日より販売を開始いたします。

「OfficeSCANMAN(オフィス スキャンマン)」は、機材を持った専属スタッフが毎週、または隔週オフィスを訪れ、あらゆる文書を電子化するサービスです。今までの紙媒体の管理・共有にかかる手間とコストを削減できることはもちろん、またHDやクラウドでのファイル管理から、倉庫保管、溶解処理まで対応していき、オフィスの業務効率化、ペーパーレス化に貢献いたします。

■OfficeSCANMAN(オフィススキャンマン)のターゲット
・フリーアドレスのワークスタイルを早く実現したい方へ
書類の管理の手間と時間を省け、業務の効率化が可能です。スタートする際の大量のスキャニングも、低コストで実現できます。

・業務効率化を図りたい方へ
社員がスキャンをすることで、本来の業務に支障はありませんか?また、スキャンを外注することで発送の手間、高コストに課題はありませんか。

・新しい福利厚生を考えている経営者の方へ
タブレット端末等の普及により自費で書籍や文書を大量にデータ化している社員が多いことをご存知ですか。定期的な訪問によりプライベートのデータ化を福利厚生に使う法人が増えています。

■OfficeSCANMANサービスの特徴
・「スキャンする手間と時間」をお金で解決できます。
名刺・各種資料・領収書やその他の「紙」でデスクがいっぱいになっていませんか?
それらは社内でスキャンすれば良いと思っていませんか?
発送のスキャン代行サービスのための梱包発送作業に時間を割いていませんか?
スキャンにかかる全ての時間を0にすることで、また、資料を電子化することで業務効率はぐんぐん上がります。

・さらにコストパフォーマンスが上昇
毎週、または隔週に1回のペースで、定期訪問することにより通常料金よりも安く、ご提供できます。
発注の手間も省けコストパフォーマンスがアップしました。

・機密情報を守ります。
これまでのスキャン代行サービスは、発送等をする必要がありその分リスクも抱えておりました。
「OfficeSCANMAN」は派遣型のため文書を持ち出す必要がなく安全、安心です。 

・SCANではなくSCANMAN!
ファイル名の指定、フォルダへの格納場所等、細かい要望をその場で対応することができるため、ストレスフリーです。

これまでのSCANMANでは、担当者の方が随時発注作業が発生し、手間をおかけしていました。
また、法人は定期的に発注される方が多いため、定期派遣プランを作ることにより、その手間を省きさらなるペーパーレス化に貢献できます。

■サービス概要
サービス名:OfficeSCANMAN(オフィススキャンマン)
サービス開始時期 :2014年10月11日
販売ルート:自社ホームページ  ( リンク )
販売計画:初年度に60法人様との新規取引開始

   
<フリーアドレスとは>
社員が固定のデスクを持たないオフィススタイルのこと。ドキュメントの電子化に作業効率UP、席を固定しないことによる社内コミュニケーション促進、どこでも仕事が可能なオフィススタイルのため社員のワークライフバランスを整える目的にも導入する企業は増えています。

<スキャンマン株式会社>
スキャンマン株式会社は、あらゆる「派遣型サービスのファースト」となることで、お客様へ「時間」を販売しています。現在は、名刺・領収書・写真・文書等種類を問わず、依頼を受け次第訪問しその場でスキャンしその場で納品をしています。日本初※の派遣型に特化したこのサービスは圧倒的なコストパフォーマンスを実現します。

~サービスに関するお問い合わせ~
スキャンマン株式会社  担当:金(きん)、秋(あき)
TEL 050‐3394‐3798  月~金 9:00~19:00
メールアドレス:info@scanman.in

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。