logo

Vocus Communicationsが100 GbEパスウェイ構築のため、Brocadeによりネットワーク拡張性とポート密度を向上

Brocade 2014年10月15日 16時10分
From JCN Newswire

Sydney, Australia, Oct 15, 2014 - ( JCN Newswire ) - Brocade (NASDAQ: BRCD)オーストラリアでも特に急成長している通信およびデータセンタサービスプロバイダのVocus Communications (ASX: VOC) (Vocus)は、オーストラリアとニュージーランドの都市にあるPoP (points-of-presence)43拠点での次世代コアインフラの展開に成功しました。BrocadeローカルパートナーのASI Solutionsにより実施されたBrocade(R) MLXe Series Core Router展開により、Vocusはネットワーク容量を16倍増大し、データセンタのパフォーマンス向上やクラウドサービスの需要拡大などの要件に対応できるようになりました。

2014年6月30日締めの前会計年度でVocus Communicationsがビジネス成長した大きな推進要因は、光ファイバとイーサネットの製品ラインでした。光ファイバとイーサネットサービスの売上高は、87%増加し、2802万オーストラリアドルに達しました。Vocusの光ファイバネットワークは現在、オーストラリアの都市の1,000か所の建物に到達し、30,000か所の建物にニアネット接続を提供しています。

「過去3年間に弊社は、買収と有機的成長によって急速に拡張し、クラウドサービスへの需要対応を重視しながら、光ファイバとイーサネット事業を充実させてきました。」と、Vocus Communications最高執行責任者のLuke MacKinnonは述べました。「弊社ではさらに光ファイバネットワークへの投資を続け、都心部の敷設実績は600キロメートル以上となりました。」

「これに付随して弊社のネットワーク資産には新たな課題が発生し、ネットワークコアに接続するすべてのデバイスで高いパフォーマンスを上げる必要が出てきました。Brocadeのソリューションは信頼性が高く、既存ネットワークインフラにも問題はありませんでした。しかし、データセンタへのポート追加は、最優先事項でした。」

「我々はビジネスの確立と並行して、ベストオブブリードのソリューションを使ってインフラを標準化してきました。Brocade MLXeを、弊社の次世代プラットフォームとして展開したことで、拡張性向上のニーズに対応し、すぐに本番稼働が可能で、お客様需要に合わせて高いポート密度を提供することができました。」と、MacKinnonは続けました。

Vocusではすでに、PoP拠点に以前に展開したBrocadeイーサネットソリューションで、そのパフォーマンスと信頼性の高さを経験していました。10ギガビット/秒のイーサネット(GbE)サービスの需要が急増したため、40および100 GbEのサポート可能なBrocade MLXeルータの展開という選択肢が魅力的な選択肢となりました。

また、Brocade MLXeは、全世代のイーサネットサービスインフラと同じBrocade Multi-Service IronWare(R)オペレーティングシステム上で稼働するため、アップグレード実装の過程がスムーズで、相互運用性の問題がありませんでした。

拡張性向上だけでなく、業界トップクラスのポート密度や、100 GbEへのパス提供なども、Brocade MLXeのノンストップの信頼性として高い評価を受けていたことも、Vocusの決定の大きな要因になりました。スイッチファブリックカード障害の際にもピークパフォーマンスでシステムを稼働させるために、ルータには通常の冗長電源とファンの他に、先進冗長スイッチファブリックアーキテクチャが搭載されています。

「過去数年間にVocus Communicationsは、オーストラリアとニュージーランドのサービスプロバイダ市場で特に豊富な知識を持つ企業として台頭してきました。」と、Brocadeオーストラリアおよびニュージーランド専務理事のGary Denmanは述べました。「同社がBrocade MLXe Seriesをメトロイーサネットサービス提供用のプラットフォームとして展開する決定をしたことは、彼らの信頼の証です。クラウドベースでサービスを提供する時代において、これは非常にスマートな投資です。」

Brocade MLXe Core Routerについて詳しくは リンク をご覧ください。

Brocadeについて

Brocade (NASDAQ: BRCD)ネットワーキングソリューションは、世界トップクラスの企業・団体が、アプリケーションと情報がいたるところに存在している世界へと、円滑に変革していく支援を行います。( www.brocade.com リンク )

Vocus Communicationsについて

Vocus CommunicationsはASXに上場する大手通信プロバイダで、オーストラリア、ニュージーランド、および米国でデータセンタ、ダークファイバ、国際インターネット接続などを提供しています。同社は、サービスプロバイダが顧客のために短期間で容易に新サービスを展開できるようにする高パフォーマンスで高可用性かつ高拡張性の通信ソリューションを提供しています。( www.vocus.com.au リンク )

(c) 2014 Brocade Communications Systems, Inc. All Rights Reserved.

ADX、Brocade、Brocade Assurance、B-wingシンボル、DCX、Fabric OS、HyperEdge、ICX、MLX、MyBrocade、OpenScript、VCS、VDX、Vyattaは、米国およびその他の国で、Brocade Communications Systems, Inc.の登録商標であり、The Effortless NetworkおよびThe On-Demand Data Centerは、商標です。本書に記載された他のブランド、製品またはサービス名は、他社の商標の場合があります。

BROCADEお問い合わせ先
アジア太平洋地域メディア広報
Wendy Lang
電話:+65 6317 2464
wlang@brocade.com

PR会社お問い合わせ先
Einsteinz Communications
Cathryn van der Walt
電話:+61 2 8905 0995
cathryn@einsteinz.com.au

概要:Brocade

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。