logo

各社クラウドサービスの構築・運用サービスの提供を開始

株式会社データホテル 2014年10月15日 11時02分
From PR TIMES

簡単に導入できるパックプランとカスタムが可能なプロフェッショナルプランを準備



データセンター・インターネット事業会社の株式会社データホテル(所在地:東京都新宿区、代表取締役社長:嶋田 健作)は、クラウド(IaaS)の構築・運用サービス「ECO(Easy Cloud Operation)」の新プラン「ECO Pro」と「ECO Pack」の提供を開始します。

クラウドファーストという言葉に代表されるように、企業のクラウド活用に対する需要と期待は高まっています。しかし、クラウドサービスを導入するには、初めての導入に関する支援やビジネスに応じた最適なクラウドの選定アドバイスから、導入後の運用アウトソーシングやクラウドを活用したソリューションまで、実際には幅広く多岐にわたるニーズがあり、一つのサービスでカバーすることはできません。

データホテルでは2000年より約14年間、自社運営のデータセンターを軸に専任SEがお客様のビジネス性質や計画を踏まえて、お客様ごとに最適なITインフラを実現する「フルマネージドホスティングサービス」を提供しています。今回、その中で培った設計・構築・運用の経験と、要望の高かったサービスや課題解決などの成功事例をもとにサービス設計を行い、クラウド時代における全てのITインフラのニーズに応えるための2つのサービス「ECO Pro」と「ECO Pack」を展開します。

今回、サービスメニューにクラウド対応のマネージドサービスを加えたことで、データホテルでは今後もより一層、ビジネス開始時から成長・安定・縮退期までのITインフラのライフサイクルの全てにおけるニーズに応えられるサービスを提供し、企業のビジネス展開を支援していきます。


■「ECO」2つの新サービス概要
1.「ECO Pro(エコ プロ)」クラウド構築・運用マネージドサービス
概要:アマゾン ウェブ サービス(AWS)、SoftLayer、Microsoft Azure、IIJ GIOなど主要クラウドに対応。
特徴:クラウド選定、導入・設計支援や、監視・障害対応などの一部対応から、設計・構築・監視運用・障害対応まで含めたマネージドサービスまで、ニーズに合わせて提供。クラウドを活用したソリューションパッケージも今後順次提供の予定です。
URL:リンク

2. 「ECO Pack(エコ パック)」AWS向け構築・運用管理パッケージ ※2014年11月より提供開始
概要:AWSクラウドの契約/課金代行と構築・運用管理をパッケージング。
特徴:6つのマネージド「(1)構築」「(2)監視」「(3)バックアップ」「(4)障害対応」「(5)技術サポート」「(6)AWS管理」と、4つのメリット「(1)初期構築無料(AWS利用料込み)」「(2)月定額制」「(3)構成保証(※1)」「(4)ピークアクセス保障(※2)」で、簡単に導入できるパッケージサービスを実現。1インスタンスから契約可能、最小(t2.microインスタンス)24,000円(+税)から利用できます。
URL:リンク

※1:万が一、推奨構成でインスタンス性能/容量に不足が生じた場合は、上位インスタンス利用料の最大2ヶ月分を当社が負担。
※2:急激なアクセス増と負荷対策用に、5インスタンス/日/月間まで追加料金不要でスケール対応が可能。

・マルチクラウド構築・運用管理「ECO Pro」 :別途図2参照
・AWS向け構築・運用管理パッケージ「ECO Pack」:別途図3参照

※アマゾン ウェブ サービス、AWS およびAmazon Web ServicesロゴはAmazon.com, Inc. またはその関連会社の商標です。

■Cloud Days Tokyo 2014秋への出展のお知らせ
ECOは、2014年10月15日~17日に東京ビッグサイトで開催される「Cloud Days Tokyo 2014秋」で、サービス内容の展示と説明を行います。
リンク


■株式会社データホテルについて ( リンク )
所在地 :東京都新宿区新宿6-27-30 新宿イーストサイドスクエア3階
代表  :代表取締役社長 嶋田 健作
設立  :2007年4月
事業内容:データセンター・ネットワーク関連事業、インターネット関連事業


【本件に関するお問合せ先】
株式会社データホテル 広報セクション
TEL   : 03-5155-2018
MAI   : co-press@ml.datahotel.co.jp

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。