logo

Genomedia、ゲノム研究者のための解析環境構築支援ツールを発表

Genomedia株式会社 2014年10月15日 10時00分
From PR TIMES

主要なゲノム解析ソフトウェアをパッケージ化した『Genomedia(R) Tools』を開発

Genomedia株式会社(本社:東京都文京区)はゲノム解析を行う企業や研究機関向けに、ゲノム解析ソフトウェアの統合ツール『Genomedia(R) Tools』を発表しました。ゲノム解析のためには様々な解析ツールを組み合わせた解析環境を多数のサーバ上に構築する必要がありますが、解析環境の構築・保守は容易ではありません。主要な解析ソフトウェアをパッケージ化した『Genomedia(R) Tools』は、解析ソフトウェアの調査、解析環境の構築、保守などの、研究そのものではない非効率的な定型作業にかかる時間の大幅削減に貢献いたします。10月15日~17日にパシフィコ横浜で開催されるBioJapan 2014のGenomedia株式会社のブースにて、『Genomedia(R) Tools』をデモ展示いたします。



『Genomedia(R) Tools』では、ChIP-Seq解析、RNA-Seq解析、エピゲノム解析、変異解析、マイクロアレイ解析、メタゲノム解析など多彩な解析ソフトウェアとともに、アライメント、ゲノムアセンブル、ジェノタイピング、ゲノムビューワ、ユーティリティなどの各種ツールがパッケージされています。『Genomedia(R) Tools』では、RPM化したパッケージを用意しておりますので、インストール時にコンパイル等の面倒な手作業は不要で、Web画面からワンクリックで各種ソフトウェアをリモートインストールできます。またバージョンのアップデートも容易に行えます。


■ゲノム研究者の悩みを解決

新しい研究領域であるゲノム解析に利用されるソフトウェアは多岐にわたるため、様々なソフトウェアの中から必要なソフトウェアを選定し、多数のサーバーに対して解析のための環境構築をすることは、非常に手間のかかる作業となっています。また頻繁にバージョンアップされるためソフトウェアのアップデートだけでも大きな作業時間を要しています。『Genomedia(R) Tools』は、システム構築にかけられる時間がない研究者でも、ソフトウェアを簡単にメンテナンスできるようにしました。時間の読めない作業を削減することによって、貴重な研究時間の確保に貢献します。


■『Genomedia(R) Tools』の特徴

・ 研究の現場で使用されている頻度の高い、各種解析ツールをパッケージしています。
・ バージョンも含めたソフトウェア管理が簡単にできます。
・ ソフトウェアのアップデート情報を提供しますので、更新が容易であり、常に最新のツールを利用できます。
・ オープンソース等のソフトウェア利用条件を全て確認しておりますので、産業利用を見据えたパイプライン開発にお使い頂けます。
・ 必要なソフトウェアがパッケージされていない場合、パッケージ化をご依頼いただくことも可能です。

■『Genomedia(R) Tools』にて使用可能なソフトウェアの一例

・ Blast+
・ BWA
・ Cufflinks
・ Picard
・ SOAP
・ TopHat
・ Velvet

その他、現在100以上のソフトウェアについてパッケージ済であり、今後も随時追加してまいります。

■BioJapan 2014に出展

Genomedia株式会社は、10月15日~17日にパシフィコ横浜で開催されるBioJapanに出展しております。ゲノム解析ソフトウェア『Genomedia(R) Tools』、土壌微生物解析システム『Genomedia(R) Soil Analyzer』などを展示しております。(中小機構ブース内 小間番号B101)
リンク

■Genomedia株式会社について

Genomedia株式会社は、ゲノム解析、バイオ・ライフサイエンスの情報解析の研究者等により、2013年に設立されたベンチャー企業です。次世代シークエンサー等の最新の分析技術を活用したゲノム解析サービスの提供、解析ソフトウェアの提供を行っております。

ホームページ:リンク

【本件に関するお問い合わせ先】
TEL:03-6801-6811
E-mail:contact@genomedia.jp

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事