logo

学生向けのセキュリティトレーニングイベント「SANS NETWARS Tournament 2014」を開催

~情報セキュリティ業界の人材の裾野拡大を目的に~

NRIセキュアテクノロジーズ株式会社(以下「NRIセキュア」)は、米国 SANS Institute※1(本社:メリーランド州、以下「SANS」)と協力し、情報セキュリティ業界の人材の裾野拡大を目的とした学生向けセキュリティトレーニングイベント「SANS NETWARS Tournament 2014」を今夏に実施します。本日、参加申し込みの受付けを開始しました。

■「SANS NETWARS Tournament 2014」開催概要
開催日時 : 2014年8月30日(土)10:00~20:00、31日(日)10:00~17:00
(2日間とも参加いただくことが前提となります。)
開催場所 : 秋葉原UDX ギャラリーNEXT
実施内容 : 情報セキュリティに関するトレーニング(1日目)
CTF※2コンテスト(2日目)
参加資格 : 情報セキュリティに興味がある学生の方
参加費  : 無料
募集人数 : 100名(予定数。応募者多数の場合は抽選となります)
特  典 : コンテストの優勝者には「SECCON 2014 」※3の全国大会決勝戦に出場できる権利を提供します。さらに、成績優秀者上位3名を、11月10日から開催される「SANS Tokyo 2014 」に招待します。
詳細情報 : 本イベントの詳細および申し込みは、以下のURLを参照ください。
リンク

■イベント開催の趣旨・目的
日本では、情報セキュリティに携わる人材が大きく不足していると指摘※4されており、人材育成は情報セキュリティ業界にとって喫緊の課題です。NRIセキュアは、日本のセキュリティの根幹を支えていく人材の候補として、今回は学生100名を対象に、SANSのセキュリティトレーニングおよびCTFコンテストを提供します。これを通じて、世界に通用する情報セキュリティ人材の育成と、セキュリティ業界の人的な裾野の拡大に取り組みます。

本イベントでは、SANS Instituteの協力の下、米国から認定インストラクターを招聘し、同社がグローバル展開しているトレーニングプログラムをおこないます。SANSのインストラクターは、厳しい審査を通過した、情報セキュリティの第一線で活躍するコンサルタントとエンジニアで構成されています。

NRIセキュアは、本イベントを通じて、最先端の情報セキュリティのトピックと、世界基準のセキュリティトレーニングを若い世代の皆さんに体感してもらい、自身のスキルアップに役立てていただくとともに、業界全体の発展に資する活動にしたいと考えています。

用語解説

※1 SANS Institute:
SANS(SysAdmin, Audit, Network, Securityの略) Instituteは、米国に本部がある産学官の連携横断的な調査研究・教育機関であり、世界最大かつ最も信頼される情報セキュリティ教育のブランドです。SANSの研修メソッドは、設立以来20年以上にわたり、その有効性が評価されています。情報セキュリティの最も重要な技術分野の詳細スキルに対応しており、米国政府をはじめ民間企業でも多数が採用しています。
関連URL:リンク
※2 CTF:
Capture the Flagの略で、情報セキュリティに関する技術的なスキルを競い合う競技のこと。
※3 SECCON 2014:
日本ネットワークセキュリティ協会(JNSA)が2012年から実施しているコンテスト。世界の情報セキュリティ分野で通用する実践的情報セキュリティ人材の発掘・育成を最終目標として、競技会を開催している。詳しくは下記URLを参照。
URL:リンク
※4 人材は大きく不足していると指摘:
情報処理推進機構が2012年に公表した「情報セキュリティ人材の育成に関する基礎調査」報告書より
URL:リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。