logo

デジタルテクノロジー 米国NIKSUN社との国内唯一のディストリビュータ契約を締結

高度な通信解析技術を活用し、セキュリティインシデントへの対応を強化

ITインフラ構築専門のシステムインテグレータである デジタルテクノロジー株式会社(DTC)が、米国の大手フォレンジックメーカであるNIKSUN(ニクサン)社と日本国内唯一のディストリビュータ契約を締結し、2014年10月15日より販売を開始します。
インターネット上でのサイバー攻撃や内部情報の漏洩に対して、その有効な対策手段の一つとして、ネットワーク上の全ての通信内容を記録/保管/分析するネットワークフォレンジック技術があります。内閣官房情報セキュリティセンター(NISC)といった政府機関をはじめとして、多くの民間企業でも調査や研究が進んでいる注目の技術です。NIKSUN社はすでに同技術分野では米国で多くの実績を持ち、インターネット上のセキュリティ向上に寄与しています。
今回DTCでは、日本でも導入が進み始めているNIKSUN社製品について、更なる国内のネットセキュリティ向上と同製品の普及を目指し、国内初のディストリビュータ契約を締結し、プレスリリースに至りました。初年度は50セットの販売を見込んでいます。


デジタルテクノロジー 米国NIKSUN社との国内唯一のディストリビュータ契約を締結

高度な通信解析技術を活用し、セキュリティインシデントへの対応を強化


デジタルテクノロジー株式会社(本社:東京都荒川区東日暮里、代表取締役社長:伊東 辰巳、以下DTC)は、大手ネットワークフォレンジックメーカーであるNIKSUN社(本社:米国ニュージャージー州プリンストン、CEO:パラグ・プルーティ、以下NIKSUN)と国内唯一のディストリビュータ契約を締結し、10月15日より販売を開始致します。


昨今国内では、インターネットを経由したサイバー攻撃や内部情報の漏洩などのセキュリティ事故が多発しており、最も有効な対策手段の一つであるネットワークフォレンジック技術が着目を浴びています。この技術は、通信経路上のパケットをキャプチャし証跡保管・解析をするもので、未知のサイバー攻撃に対しても攻撃の手法や特徴、被害の全容特定が可能となります。そのため、内閣官房情報セキュリティセンター(NISC)といった政府機関をはじめとして、最近では多くの民間企業でも調査や研究が進んでいます。*1


創業以来、FirewallやWAFをはじめとした豊富なネットワークセキュリティ商品の取り扱い・環境構築を行ってきたDTCでは、年々新たな脅威が増加している背景から、同分野に着目し、ネットワークフォレンジック製品として国内でも多くの実績を持つ米国NIKSUN社のNetDetectorシリーズ及びファミリー製品をセキュリティ商品のラインナップに加え、セキュリティソリューションの拡充を図ります。


NIKSUN社「NetDetectorシリーズ」は、お客様環境のネットワークスイッチやルーター等通信機器から取得したすべての通信内容を記録し、リアルタイムで通信内容の解析と集計を実行、不正アクセスの痕跡や情報漏洩の流出経路を把握することが出来ます。同「NetDetectorシリーズ」は最大4PB(ペタバイト)の大容量記憶容量、及び世界で唯一の最大100Gbpsの通信に対応し、取りこぼしなく長期間の通信データを保管し、トラフィックの収集・蓄積と同時に、生成される豊富なメタデータ(統計情報)により、過去に遡った調査を高速に実行できます。

また、同社の独自技術であるDynamic Application Recognition(DAR)により、アプリーションの通信状態の可視化、マルウェア等による偽装通信を見破ることができます。簡単にお客様環境独自のアプリショーションも登録・識別を行うことが可能であり、アプリケーション利用率の統計も実行できます。またNIKSUN NetOmniによる複数の分散したアプライアンスの集中分析や、NAT/プロキシにおける通信相関分析、SIEM連携による各種ログとパケットの相関分析が可能になります。


NIKSUN社のNetDetectorシリーズ及びファミリー製品は、これまで国内にて金融機関・公共機関・民間企業を中心に約1,000台の販売実績があります。


DTCでは、不正アクセスや内部情報漏洩等のセキュリティシンシデントへの更なる対応を強化すべく、上記NIKSUN NetDetectorシリーズを中心として、当社独自のソリューションを加えた通信内容の監視・解析サービスの提供も今後行っていく予定です。

また、従来のラインナップに加え、今回コストパフォーマンスに優れたエントリーモデルや仮想アプライアンスも上位製品の機能を維持したまま提供を開始致します。これらの新しいラインナップも含め、初年度50セットの出荷を見込んでいます。


*1 参考:2012年5月10日 NISC 情報セキュリティ研究開発戦略の取組みについて

リンク


◆NIKSUN NetDetector 機能概要

実際に閲覧したウェブページや送受信されたEメール、FTP、Telnet、チャットなどをアプリケーションレベルでデータ再現し、確実な証拠を確認(ASCIIやHEXでのデータ再現にも対応)

キーワード、アクション、アプリケーションの種類、Cookie、拡張子、ファイル名、メール件名、HTTPクエリ文字列、HTTPリファラなど約60種類のメタデータに対する高速な検索が可能

アタックシグネチャやトラフィックパターンを基に疑似通信やボッドネットのような通信など疑わしい動きや予兆をリアルタイムに検知し、アラートを実行。過去の未知の脆弱性を利用した攻撃等も検知し、調査・追跡が可能。


<製品詳細>

リンク


◆価格

NIKSUN NetDetectorアプライアンス本体価格(フル機能版):2,500,000円~(税別)

運用監視・解析サービス:400,000円/月~

*詳細はお問い合わせください。


<NIKSUN エンドースメント>

NIKSUNは、DTCとの販売代理店契約を締結し製品の提供と共に、お客様のネットワーク環境のために、不正アクセスや内部情報漏洩等のセキュリティシンシデントへの監視・解析サービスの提供開始を、大変喜ばしく思っています。NIKSUNによって未知を既知に変え、ネットワークをセキュアに保つことにより、安心、安全なビジネスを提供できることを著名な1,000社以上のグローバルカスタマーが認識しています。私たちNIKSUNは、日本のお客様へ最良のソリューションを提供するべく、強固なパートナーシップを構築していきます。


NIKSUN創設者、会長 兼 最高経営責任者 Dr.パラグ・プルーティ


◆デジタルテクノロジーについて

デジタルテクノロジー株式会社(DTC)は東京都荒川区に本社を置き、株式会社DTS(東証一部上場、本社:東京都港区、代表取締役社長:西田 公一)の100%子会社で、ITインフラ構築を専門とするシステムインテグレーターです。セキュリティ商品を含むマルチベンダーハードウェアの販売・構築・保守・運用を行っており、1,000社以上の企業・官公庁・大学・研究機関と取引実績を有しております。

セキュリティ関連製品の他、仮想化・ハイブリッドクラウド基盤構築や、高性能なストレージ製品の販売・構築に強みを持ち、主要なハードウェアベンダーとの強力なパートナーシップにより、多様なお客様ニーズに適応したシステムインテグレーションを提供しています。

また、海外関連会社を通じた最新テクノロジーの輸入・販売も行っており、海外メーカーとの直接のコネクションを活かし、いち早く最新技術を日本のお客様にお届けしています。


URL:リンク

Blog:リンク


◆NIKSUNについて

NIKSUN (NIKSUN, Inc.)は米国ニュージャージー州に本部を置き、米国、ヨーロッパ、アジア太平洋地域に渡る主要都市に販売拠点を置いております。

NIKSUNの創設者であるパラグ・プルーティは、セキュリティやパフォーマンス上の問題に関連する未知の攻撃手法に対処する組織をサポートしたいとの熱意から弊社を設立しました。

NIKSUNのリアルタイム解析とレコーディング技術は特許を取得しており、その技術に基づいて、種々の企業、サービスプロバイダ、官公庁などのお客様へセキュアで信頼性の高いネットワーク基盤とサービスを提供しております。

URL:リンク


◆お問い合わせ

デジタルテクノロジー株式会社 営業部 NIKSUN担当

Tel:03-5604-7967 E-mail:niksun@dtc.co.jp


*NIKSUNの名称及びロゴは、NIKSUN.Incの登録商標です。

*その他、記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。