logo

「LINE ビジネスコネクト パートナープログラム」のパートナーに認定

株式会社トライバルメディアハウス 2014年10月14日 10時00分
From PR TIMES

~LINE ビジネスコネクトのAPIを活用したソリューション開発を開始~

デジタルマーケティング支援の株式会社トライバルメディアハウス(本社:東京中央区 代表取締役社長:池田 紀行 以下 トライバルメディアハウス)は、LINE株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長 CEO:森川 亮)が「LINE ビジネスコネクト」に対応したソリューションを提供する企業を公式パートナーとして、利用企業の開発負担の軽減や実施のスピード化を図り、「LINE ビジネスコネクト」導入を促進する取り組みとして新設された「LINE ビジネスコネクトパートナープログラム」において、第1弾のパートナー全9社のうちの1社に認定されました。



トライバルメディアハウスは、ソーシャルメディア統合管理ツール「エンゲージマネージャー」が、Twitter公認製品プログラムやGoogle+ページのサードパーティ管理ツールに選定されるなど、企業のソーシャルメディア活用における効果・効率の向上を実現するソリューションを提供するために、ソーシャルメディアとの連携を強化してまいりました。

この度、LINE ビジネスコネクト パートナープログラムのパートナーに認定されたことを機に、LINEの公式アカウントをはじめとした企業アカウントを保有する企業が、ユーザーとのコミュニケーションをより円滑に、そしてなによりユーザーが企業との対話を楽しむことができるようなソリューションの開発を開始いたします。


■「LINE ビジネスコネクト」とは

公式アカウントの各種機能を企業向けにAPIを提供し、各企業がカスタマイズして活用できるサービスです。「LINE ビジネスコネクト」を活用することにより、従来の企業公式アカウントのような、LINEユーザーへの一方通行のメッセージ配信だけでなく、特定のユーザーに対してより最適化されたメッセージを送り分けることができるようになります。さらに、ユーザーの同意のもと、企業の持つ既存のデータベースや、自社システムとLINEアカウントを連携させることで、メッセージ配信ツールとしての域を超え、顧客管理(CRM)ツールや、業務ソリューションツールとしての利用も可能(※)になります。

※LINEが、LINEアカウントに紐付いた各企業の顧客データを保持することはありません。

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事