logo

【海外リサーチ】中国国慶節連休終了「中国人は連休中に何を買った?」口コミ調査

株式会社ホットリンク 2014年10月10日 19時52分
From 共同通信PRワイヤー

2014年10月10日(金)

株式会社ホットリンク

【海外リサーチ】中国国慶節連休終了「中国人は連休中に何を買った?」
新浪微博(シナウェイボー)書き込み調査

株式会社ホットリンクと普千(上海)商務諮訊有限公司では、中国本土で話題になっている事件・社会現象等を「新浪微博(シナウェイボー)」データより分析し、中国に進出している日系企業に向けてお届けします。

10月1日からスタートした大型連休、中国の建国記念日にあたる国慶節が7日に終了しました。メディアの報道によると、今年の国慶節は天気にも恵まれ、期間中に旅行に出かけた人の数は延べ4.75億人にも達しました。

国家旅行局:2014年国慶節ゴールデンウィーク旅行統計報告、7日間の旅行総収入2,453億元
リンク

また、旅行だけでなく、国慶節のゴールデンウィーク中の消費も桁違いのレベルで、こちらも報道によると、連休期間のカード決済総額は4,300億元に達しました。

国慶節連休期間中カード決済総額4,300億元、食事、ショッピングが主力
リンク

このように中国の国慶節は、春節(旧正月)、労働節と並んで、中国でも最も重要な商戦の時期でもあります。そこで今回は、中国の人々の「買い物」に焦点を絞って、新浪微博(シナウェイボー)の書き込みから国慶節期間中に中国の人々が買ったモノについて分析してみたいと思います。(※1 )

※1 今回の分析モニター対象メディア :新浪微博(シナウェイボー)

■1. 中国の人は連休中に何を買ったか?(中国全体編)
----------------------------------------------------------------
最も購入したという書き込みが多かったのは「服飾」で自分用の秋物以外にも、連休の里帰り時のお土産のために購入、子供に購入という書き込みが目立っています。第二位は「携帯電話」で特に発売したばかりのiPhoneの購入報告が多くみられました(iPhoneは中国では正式には発売されていないので並行輸入や香港での購入が中心)。第三位の玩具は、自分の子供へのプレゼントとして登場しています。

その他目立ったところでは自動車、洗濯機、冷蔵庫、テレビ等で、国慶節の連休はこうした金額の大きなものを購入することを決断する機会にもなっていることがわかります。そのほか化粧品、保健用品等は、やはり連休中の友人や親戚との集まりの際の贈呈用として購入という内容が目立ちました。

こうしてみると、国慶節に中国の人々が購入しているのは、自分用に買うのは比較的金額が大きく決心が必要なモノで、それ以外に購入しているのは友人や親戚、子供へのプレゼントのためのモノであることがわかります。プレゼント用購入としては、第七位に入っている「保健用品」が最も中国らしいジャンルで、健康ドリンク、サプリメント、健康食品、漢方薬等がこの「保健用品」に含まれます。

●主な書き込みピックアップ
    ・ついに決めました、車買います、迷いに迷ってCIVICにしたよ。
    ・今の4がもう動かないのでiPhone6を買います、届くまで興奮して寝られない。
    ・うちの子は国慶節中にちょうど誕生日、最高に可愛い服をプレゼント!
    ・せっかくの連休ということで、冷蔵庫買い替え、SIEMENSの観音開き、20,000元もしたよ、もうすっからかんさ。
    ・里帰り用のダイエット漢方薬、向こうでは売ってないらしい。
    ・洗濯機が壊れた、洗濯機もお休み? 買い換えねばなるまい
    ・旅行用にデジカメを新調、初めての海外旅行たのしみー!

●中国全体編まとめ
    ・中国の人が連休中に購入するのは、
    ◎自分用:決心を必要とする金額の高いもの(自動車、携帯電話、家電等)
    ◎贈呈用:食品、玩具、化粧品、健康用品等

■2.中国の人は連休中に何を買ったか?(日本旅行編)
----------------------------------------------------------------
第一位は「医薬品」で以下「化粧品」、「紙おむつ」、「目薬(目薬は書き込みが目立ったため、医薬品から独立させた)」と続いています。中国の人が日本へ旅行して購入するモノの中で今最も人気があるのはこの医薬品です。

特に人気が高いのは、風邪薬、胃薬、便秘薬等で、その他独立してランクインしている目薬、冷却ジェルシート(熱さまシート、冷えピタ等、書き込みが目立ったため、医薬品から独立させた)、それ以外にも整髪料、染髪料、シャンプー等、所謂ドラッグストアで購入することができる商品が人気になっています。化粧品、紙おむつ、粉ミルク等も皆ドラッグストアで購入できるので、ランクインしているものはほとんどがドラッグストアで購入することができるモノと言えます。

また、最近中国人旅行者の間で大人気の製品として「炊飯器」、「魔法瓶」、「文房具」があげられます。炊飯器や魔法瓶は中国では品質の良いものが少なく、品質が良いものは非常に高額のため、品質もよく値段も手頃な日本で売られている炊飯器や魔法瓶は中国人旅行者のお土産の定番になっています。同じ理由で品質がよく、バラエティーに富み、値段も安い日本の文房具は若い中国人旅行者を中心に高い人気を誇っています。

こうしてみると、中国人旅行者に人気のある製品にはある特徴があると言えます。それは、いずれもドラッグストア、家電量販店、雑貨店(100円ショップや、東急ハンズのような生活雑貨ショップ)で購入することができるという点です。日本で売られている商品は総じて品質は良いわけですが、中国人旅行者は、限られた時間の中で大量に買い物をしますから、一つのお店で効率よく買い物をすることができることを非常に重視するので、結果としてこうした店舗で売られている商品の人気が高まることになります。

●主な書き込みピックアップ
    ・ついに買えたハイチオールC、中国だといつも売り切れ、10箱買った!
    ・スースーするタイプの目薬って中国売ってないんだよねえ
    ・マツキヨ天国、みんな欲しい、安い全部買いたい。
    ・コーセーのヒアルロン酸マスクが買い放題、しかも安い、日本は化け物か。
    ・お土産に花王のオムツ買って帰ろう、中国だといつも売り切れだしね。
    ・日本の炊飯器は保温能力が素晴らしいね、今回3台購入、2台は両親にプレゼント
    ・みんな、日本の電化製品買うときは変圧器忘れるな、電圧が日本専用だぞ!
    ・日本の文房具かわいすぎ、ノートとか手帳とか、消しゴムとかみてて飽きない。
    ・日本酒安いぞ、10本買った、上海だと同じ値段で3本しか買えない。

●日本旅行編まとめ
    ・中国人旅行者に人気の日本製品は
    ◎従来の家電から医薬品、化粧品等にシフトしつつある
    ◎一つのショップで効率よく買うことができるモノが人気になる


■3.まとめ
----------------------------------------------------------------
中国国内で連休中に買うモノ、日本へ旅行した際に買うモノ、それぞれ様々な特徴や傾向がみられますが、共通するのは中国の人々は買い物が大好きという点です。こうしたイベント(連休や日本旅行)時の中国消費者のショッピングに関する傾向や特徴、性格を分析し、理解することができれば、企業は中国の人々に自社の製品を購入してもらうチャンスを今以上に広げることができるようになるかもしれません。

以上

■株式会社ホットリンクについて(リンク
----------------------------------------------------------------
ホットリンクは、ソーシャル・ビッグデータを分析・加工し、ビジネスへの有効活用を支援するクラウドプラットフォームベンダーです。大量のソーシャル・ビッグデータで風評をモニタリングする「e-mining」、及び、リアルタイムに検索・分析が可能な「クチコミ@係長」を、現在まで累計1600 社以上に提供してまいりました。また同様に、ソーシャル・ビッグデータおよび、感情/属性分析エンジンを、API を通じてサードパーティ向けに提供しています。また、2013年 6月より金融分野では、日本企業初のBloomberg 利用者向け金融ビッグデータ分析ツールを提供しています。

■普千(上海)商務諮訊有限公司について
----------------------------------------------------------------
2001年設立。日系広告会社、PR会社、ナショナルクライアントを中心に、中国市場で展開企業、ブランド、商品の広告、記事、口コミ情報の統合的モニタリングを行い、収集したデータをもとに、データ分析、レポート作成、マーケティング戦略、PR戦略、WEB戦略、コミュニケーション戦略コンサルティングサービス等を提供。運用する広告、記事、口コミデータベースは業界最大規模。

■お問い合わせ
----------------------------------------------------------------
株式会社ホットリンク 武藤、宮田
東京都千代田区四番町6番東急番町ビル TEL:03-5745-3900



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。