logo

今年も大阪で「トップ・イタリアワイン・ロードショー」開催!

ガンベロ・ロッソ 2014年10月10日 19時06分
From Digital PR Platform


イタリアを代表する食とワインの出版社、ガンベロ・ロッソ(Gambero Rosso)は第8回 「トップ・イタリアワイン・ロードショー」 を開催します。世界中を周ってイタリアの選りすぐりのワインを海外の専門家・愛好家に紹介しているこのロードショーの大阪での開催は今年で3年目となります。

開催日: 2014年10月29日(水)
場 所: 帝国ホテル大阪
【試飲会】11:00*-18:00  (3F 孔雀の間西) 
*開始にあたり、オープニングセレモニーあり。
*要事前登録(参加費無料) リンク

【上級者向けセミナー】(3F 鶴の間)
13:00-15:00 (クラス1) 
16:00-18:00 (クラス2) リンク
*各回30名限定。上記フォームにて要事前登録(参加費無料)

対象: 業界関係者 (輸入・酒類卸、小売店、ホテル・レストランバー、ワイン・料飲スクール、報道関係者)

11時からのオープニングセレモニーでは、在大阪イタリア総領事館の総領事、マルコ・ロンバルディ氏及びガンベロ・ロッソのCEOであるルイジ・サレルノがスピーチを行います。その後のウォーク・アランド・テイスティングでは、業界の方向けに60社以上の生産者が、慎重にセレクトした計200アイテム以上のワインを各ブースにて紹介します。また、「ヴィーニ・ディタリア(Vini d’Italia)」の編集長であり、世界有数のワインエキスパートであるマルコ・サべリコが、上級者向けセミナーを2回行い、各ワイナリーの特徴的なワイン1アイテムずつを参加者とともにテイスティングします。セミナーの通訳及び解説は、初めて日本語版として今年発売された「ガンベロ・ロッソ イタリアワインガイド2014」の翻訳を担当したワインジャーナリスト、宮嶋勲氏が担当します。

日本のグルメの都ともいわれている大阪では、イタリア料理やワインが大きな関心を集めていますが、それは大阪に数多くある素晴らしいイタリアレストランのおかげといえるでしょう。新鮮な材料、シンプルな調理法、香りや風味の尊重は、和食とイタリア料理に共通する基礎的要素です。そしてどちらの料理も、尽きることのない快いワインと料理のペアリングを提供してくれます。

大阪は、生産者らの要望により、「トップ・イタリアンワイン・ロードショー」の外せない開催地となりつつあります。イタリアワインの輸出量は年々増えており、2013年には輸出額が初めて50億ユーロを越えました。消費者が新しいものを求めている中、ガンベロ・ロッソは、イタリアワインのアンバサダーの役割を担い、イタリアのワイナリーを世界に紹介することに、より努力を注いでいます。

イベントの主なターゲットは、業界のプロフェッショナルや、メディア、そしてブロガーです。前回のロードショーには世界各国を合わせて合計5,000人以上が参加しました。今年は大阪で10/29に開催した後、12月2日にトルコのイスタンブール、2015年4月21日にアメリカのヒューストン、4月24日にメキシコシティ、5月11日に台北、5月15日に北京で開催します。

ロードショーは、最良のイタリアワインの、最近のヴィンテージが一堂に会する特別な場で、イタリアワイン生産の豊かな歴史を紹介するまたとない機会でもあります。400種以上の土着のブドウ種を持つイタリアは、ブドウ園の生物多様性においてチャンピオンといえるでしょう。このロードショーは、何世紀に亘って慈しまれ、世界中からその品質を称賛される60以上のイタリアワイナリーの生産者たちに出会える機会でもあります。

本件に関するお問い合わせ先:
ガンベロ・ロッソ イベント運営事務局 株式会社 旭エージェンシー内 釆女(うねめ)
Phone:03-5574-7890 Fax:03-5574-7887 E-mail:gamberorosso@asahiagency.com

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事