logo

ETSが「TOEFL(R)Young Students Series GO English!」プロジェクトを立ち上げ

Educational Testing Service-TOEFL 2014年10月10日 09時35分
From 共同通信PRワイヤー

ETSが「TOEFL(R)Young Students Series GO English!」プロジェクトを立ち上げ

AsiaNet 58135 (1092)

【プリンストン(米ニュージャージー州)2014年10月10日PRN=共同通信JBN】Educational Testing Service(ETS)とTOEFL(R)プログラムは「自分の声で自分の街を(Our Town. In Our Words)」のキャッチフレーズで、世界の若い生徒向けに英語学習意欲の向上を図る「TOEFL(R)Young Students Series GO English!」プロジェクトを立ち上げる。この世界キャンペーンは2014年10月13日に開始され、2014年12月31日に終了する。同キャンペーンは、生徒が教室で英語教師の指導の元、英語を練習し、そのスキルを向上できるように設計されている。

Logo - リンク

TOEFLプログラムのエグゼクティブ・ディレクター、ジェニファー・ブラウン氏は「現在は今までに増して、教師たちは早い段階から第二言語としての英語教育を導入している」として次のように述べた。「ETSはあらゆるレベルの生徒を対象に英語学習を促進することにコミットしている」

今回のプロジェクトでは生徒は数週間、クラスとして協同で学習し、自分たちの英語スキルを使って動画や音声素材、ポスター、または新聞記事などを制作し、自分たちの住む町の素晴らしさを宣伝することになる。生徒たちは自らの創造力や英語の知識を結集して効果的にメッセージを伝えるよう求められる。

ブラウン氏は「今回のキャンペーンの良いところは生徒が楽しみ、創造力を働かせている内に自然に英語の練習をしていることだ」と述べた。「生徒は自分たちの英語のスキルを外に向けて表現することで、自信を持てるようになる」

プロジェクトに参加するクラスには、活動促進用に準備された物品、教材、認定書、盾が渡される。

キャンペーンはETS TOEFLプログラムの一環である「TOEFL Young Students Series」の一つで、特に児童の英語学習のニーズに焦点をあてたものだ。シリーズには8歳以上の児童・生徒が英語のスキルを開発するために適切な基礎を構築できるよう設計された「TOEFL(R)Primary(TM)」テストや11歳以上の生徒向けの「TOEFL Junior(R)」テストが含まれる。

このプロジェクトについての詳しい情報は「TOEFL Young Students Series GO English!」のウェブサイト(www.ets.org/toefl/goenglish )を参照。

▽TOEFL(R)Young Students Seriesについて
「TOEFL(R)Young Students Series」は英語のスキルを開発するための正しい基礎を作る目的で作られ、年齢に適した製品、サービス、評価を特色としているが、その中には若い生徒が次の学習レベルに進むためのガイダンスの手助けをする「TOEFL Junior(R)」や「TOEFL(R)Primary(TM)」 テストなどが含まれる。

▽ETSについて
ETSは厳格な調査に基づいた評価方法を創設し、世界の人々の教育の質および公平性を推進している。ETSは教職課程、英語学習、初等・中等・後期中等教育、および教育研究、分析、政策研究向けにカスタマイズされたソリューションなどを提供することで、個人、教育機関、および政府省庁に貢献している。ETSは1947年に非営利団体として創設され、年間を通して180カ国以上、9000以上の場所で5000万回以上のテストの開発、管理、採点を行っており、その中にはTOEFL(R)とTOEIC(R)テスト、GRE(R)テスト、The Praxis Series(R)評価などが含まれる。

ウェブサイトは www.ets.org 。

ソース:Educational Testing Service-TOEFL

▽問い合わせ先
Allyson Toolan, +1-609-759-5774,mediacontacts@ets.org

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。