logo

ラリタン、ガートナー社の「マジック・クアドラント」データセンターインフラ管理(DCIM)ツール部門に選出

ラリタン 2014年10月09日 10時45分
From 共同通信PRワイヤー

ラリタン、ガートナー社の「マジック・クアドラント」データセンターインフラ管理(DCIM)ツール部門に選出

AsiaNet 58166

ラリタン、ガートナー社の「マジック・クアドラント」データセンターインフラ管理(DCIM)ツール部門に選出


ラリタンDCIMソリューションの市場優位性、優れた遂行能力、総合的なDCIM サービスを評価

東京、 2014年10月9日

(本プレスリリースは2014年9月30日にRaritan, Inc. 米国本社より配信されたプレスリリースの日本語版です)

データセンターインフラ管理(DCIM)およびラック電源管理ソリューションのリーディングプロバイダー、ラリタン (リンク )(Raritan)は、米ガートナー(Gartner)初のDCIM部門のマジック・クアドラント(Magic Quadrant)に選ばれました。今回ガートナーが発表したマジック・クアドラント・レポートの中では、90社以上のDCIMベンダーのうち、ラリタンを含む僅か17社のみが選出されています。

今回のレポートでは、成熟した製品とオペレーションを提供し、市場でも優位にあるベンダーのみが選出されています。同レポートは、この新興市場の重要性を強調しながら、市場の定義付けを行い、「真の」DCIMプロバイダーを特定しています。ガートナーは、2017年までに北米にある大規模データセンターの6割以上で、DCIMツールが使用されるようになると予測しています。

早くからDCIM市場に参入していたラリタンは、DCIMモニタリングやオペレーションで総合的なソリューションを提供しており、すでにグローバルでl数百におよぶ主要なデータセンターで利用されています。世界でトップ10に入るテクノロジー企業のうち6社のデータセンターもその中に含まれています。ガートナーはDCIM部門初のマジック・クアドラントでラリタンを取りあげた理由として、同社が総合的なDCIM製品を提供していることや、グローバルな販売路戦略、IT重視のパートナーネットワーク、13ヵ国に営業拠点を構えていることなどを挙げています。

「ラリタンが提供するDCIMツール、dcTrackとPower IQは、アセットの詳細なモニタリングに加えて、変更管理や電力・エネルギー・キャパシティ・環境などを監視・追跡・分析することが可能です。これらの製品は、ITとデータセンター設備でオペレーションを担当するプロフェッショナルにとって魅力です」と、ガートナーはラリタンについて述べています。

「DCIM市場の詳細な分析を経て、この洞察力に富んだレポートを作成してくださったガートナーのアナリストチームに感謝いたします。このレポートによってDCIM市場を定義し、DCIMツールの素晴らしいメリットを啓蒙することができます」ラリタン、DCIM事業部ジェネラルマネジャー兼上級副社長のハーマン・チャン(Herman Chan)はこうコメントしています。「DCIMツールは、今日のデータセンターでのリソース管理を変えつつあります」

「ラリタンのメリットは、データセンターを最適化し、必要な場所に必要な時にITインフラのリソースを効率的に提供できる能力を備えているという点です。DCIMにおける当社の成功は、顧客やパートナーとの協力関係からもたらされています。当社のソリューションに信頼を置く顧客やパートナーは、ラリタンのイノベーションにインスピレーションをもたらし、ロードマップ策定の道標となる存在です。ラリタンの最優先事項はお客様の成功です」と、ハーマン・チャンは付け加えています。

ラリタンのDCIMソリューションについては、ウェブサイトリンク をご参照ください。

マジック・クアドラントについて
ガートナーは、同社が発行したリサーチに掲載された特定のベンダー、製品またはサービスを推奨するものではありません。また、最高の評価を得たベンダーのみを選択するようユーザーに助言するものではありません。ガートナーが発行するリサーチは、ガートナーのリサーチ部門の見解を表したものであり、事実を表現したものではありません。ガートナーは、明示または黙示を問わず、本リサーチの商品性や特定目的への適合性を含め、一切の保証を行うものではありません。

ラリタンについて
ラリタンは、あらゆる規模のデータセンターに適した電源管理ソリューション、DCIMソフトウェア、KVM-over-IPスイッチのイノベータ―として、豊富な実績を誇っています。米国ニュージャージー州サマセットに本社を置き、世界38箇所のオフィスから76ヶ国、5万以上のデータセンターへサービスを提供しています。受賞歴のあるラリタンのハードウェア/ソフトウェアソリューションは、電源効率や信頼性を改善し、生産性を向上させます。詳しくはWebサイト Raritan.com/jp (リンク ) をご覧ください。

ラリタンは、グリーン・グリッド、クライメート・セイバーズ・コンピューティング・イニシアチブ、Leadership in Energy and Environmental Design associationsの主要メンバーであり、データセンター戦略への貢献で、アメリカ合衆国環境保護庁(EPA)に表彰されています。また、数多くのトップ業界アナリスト企業に認められています:ガートナーの「クールベンダー」、IDCにより「世界の主要DCIMプレーヤー」、EMAでは「非常に価値のあるDCIMベンダー」、TechNavioでは「重要なDCIMプレーヤー」と名付けられています。またラリタンのDCIMソリューションは、これまで数々の賞  (リンク ) を受賞しました。

本記事で使用されている全ての登録商標は、それぞれの所有者の財産です。

*  出典:ジェイ・E・パルツ(Jay E. Pultz)、デービッド・J・カプッチオ(David J. Cappuccio)、エープリル・アダムス(April Adams)、フェデリコ・デ・シルバ(Federico De Silva)、ナビーン・ミシュラ(Naveen Mishra)、エンリケ・チェッチ(Henrique Cecci)、ラケッシュ・クマール(Rakesh Kumar)著「データセンターインフラ管理(DCIM)ツールのマジック・クアドラント」、ガートナー(Gartner, Inc.)、2014年9月22日。

情報元 Raritan

<報道関係者様問合せ先>
ラリタン・ジャパン株式会社 担当:吉田
電話:03-5795-3170(代)
E-mail:marketing.japan@raritan.com
URL:リンク

(日本語リリース:クライアント提供)


本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。