logo

Advent One、マネージドクラウドサービスベンチャーの中核にBrocade Routingを展開

Brocade 2014年10月08日 17時25分
From JCN Newswire

エンタプライズシステムインテグレータが、将来対応のSDNネットワーク機能により価値を拡大

Melbourne, Australia, Oct 8, 2014 - ( JCN Newswire ) - システムインテグレータのAdvent Oneは、Brocade (NASDAQ: BRCD)の高性能スイッチ/ルータネットワーキングソリューションを、最新のマネージドクラウドサービスエンタプライズオファリングの基盤として展開しました。Advent Oneはメルボルン本社から、Brocade(R) MLXe-16スイッチ/ルータを活用したキャリアグレードのIPネットワークコアを設置し、Software-as-a Service (SaaS)オファリングなどの豊富なアプリケーションの管理が可能なマネージドクラウド環境を提供します。

「中規模企業から大企業まで拡張可能で、お客様の要件に合わせてどんな混在クラウド環境も提供可能な、ネットワークを構築する必要がありました。これはまったく新しいネットワーク構築で、総所有費の要件を満たすキャリアグレードのスイッチが必要なことは非常に明白でした。コアスイッチは、ネットワークインフラでもっとも重要な部分で、システム冗長性のレベルが高い堅牢なものでなければなりませんでした。Brocade MLXe-16は我々のサービス継続性要件に対応しており、展開しやすく、パフォーマンスが高く、拡張可能なため、たいへん満足しています。Brocadeに我々の求める機能があることを再認識しました。」と、Advent One Pty Ltd.代表取締役のGraeme Clarkは述べました。

コアネットワーク配置によりAdvent Oneは、クラウド向けマネージドサービスをさらに進化させ、仮想プライベートネットワーク、IP電話、仮想デスクトップなどの新サービスをオファリングに追加しました。

「中規模のお客様は人員数とリソース不足の問題に悩まされており、毎日のITインフラのプロビジョニングやワークロードの負荷軽減をクラウドに任せる傾向が進んでいます。」とClarkは述べました。「このような状況の中、お客様の新しいニーズに対応して、お客様との関係を守ることが大切です。弊社は非常にスキルの高いコンサルティング部門を組み込むことで、クラウドソリューションの開発と展開を行うのに有利な立場になり、パブリックおよびプライベートクラウドから最大のメリットを得られるようになりました。」

Brocade MLX(R) Seriesは、クラウドデータセンタとエンドユーザーの間のネットワークの軸として設計されています。Advent Oneは、大量の帯域幅需要に対応するために、Brocadeの最先端の第6世代プロログラム可能アーキテクチャとテラビット規模のスイッチファブリックとともに、Brocade MLXe-16を構築し、大幅な仮想化を達成し、少ないインフラで高価値クラウドベースサービスを提供することで、運用を簡素化しコストを削減します。

「クラウドコンピューティング売上高は、2010年の17億米ドルから2016年の187億米ドルに成長(1)していますので、我々は、プログラム可能性で、拡張性、および運用簡素化を実現するネットワークプラットフォームを提供して、お客様が短期間にネットワークを適合させて成長できるようにする必要があります。」と、Brocadeオーストラリアおよびニュージーランド専務理事のGary Denmanは述べました。「Advent OneはBrocade VCS Fabric技術やBrocade MLXe-16スイッチングのメリットを活用することで、TCOを向上しながら、すべてのクラウドサービスプロバイダが直面しているネットワークパフォーマンスの問題に対応できます。」

同社では、Advent One Managed Servicesのクラウドオファリングに対する需要の伸びに応じて、特化型サービス提供のためのアジャイルネットワークをサポートするSoftware-Defined Networking (SDN)制御などの、Brocadeネットワークプラットフォームの規格ベースの強力なネットワーク仮想化機能を活用できるようになりました。

「我々は初期構成への追加を必要とせずにワークロードを構成でき、Brocadeコアスイッチのサービス提供能力が非常に優れていることがわかりました。また非常に柔軟で、追加ライセンスなしに我々のテクノロジースタックに適合します。」とClarkは結びました。

Brocadeについて

Brocade (NASDAQ: BRCD) ネットワーキングソリューションは、世界トップクラスの企業・団体が、アプリケーションと情報がいたるところに存在している世界へと、円滑に変革していく支援を行います。( www.brocade.com リンク )

(c) 2014 Brocade Communications Systems, Inc. All Rights Reserved.

ADX、Brocade、Brocade Assurance、B-wingシンボル、DCX、Fabric OS、HyperEdge、ICX、MLX、MyBrocade、OpenScript、VCS、VDX、Vyattaは、米国およびその他の国で、Brocade Communications Systems, Inc.の登録商標であり、The Effortless NetworkおよびThe On-Demand Data Centerは、商標です。本書に記載された他のブランド、製品またはサービス名は、他社の商標の場合があります。

(1) 出典: Brocade, 451 Research, VentureBeat, ZDnet, Service Excellence Partners.
www.brocade.com リンク

お問合せ情報
BROCADEお問い合わせ先
アジア太平洋地域メディア広報
Wendy Lang
電話: +65 6317 2464
wlang@brocade.com

PR会社お問い合わせ先
Einsteinz Communications
Cathryn van der Walt
電話: +612 8905 0995
Cathryn@einsteinz.com.au

概要:Brocade

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。