logo

Plustek、シンプルで簡単な新世代のスタンドアロン・ネットワーク・ドキュメント・スキャナ「Plustek eScan A150」を発表

Plustek Inc. 2014年10月08日 15時00分
From DreamNews

2014年10月8日-Plustek Inc., 台湾・台北市- Plustek Inc.は、日常の事務作業におけるストレスを軽減する、簡単かつシンプルな操作を実現した、スタンドアロンタイプのネットワーク・ドキュメント・スキャナ「eScan A150」を発表し、ドイツ・シュツットガルトで10月8日~10日に開催されるDMS Expo 2014に出展しました。
現在、メディアが人口学・社会学的化、経済や社会への影響についてレポートしない日はほどんどありません。ドイツの主要な週刊誌のヘッドラインには、いわゆる時を追いかける人々を追究することは、ドイツでは一般的であり、彼らの日常生活は外出先で食事をし、運転中にテキストメッセージを送信するなど、同時に物事をこなし、いくつもの期限に迫られています。
現代人は、可能な限り時間を節約しようと心がけていますが、にもかかわらず、それによって得られる時間はほとんどないのが実情です。科学技術は、こうした病的な人々がパラドックスから逃れようとしている事象を研究しています。むろん、Plustekもまた、この人口学・社会学的変化に関する研究に時間を費やしてきました。その課題は実にシンプルで、不慣れで複雑なオフィス機器を操作する際に、時間に対するプレッシャーをなくし、ストレスを感じさせないようにすることをオフィス業務の日常にすることです。
たとえば、Plustekでは長年働いてきた起業家や自営業者、従業員が心地よく働くことに付加価値を見いだし、効率的でやる気のみなぎるオフィス環境の実現を目指してきました。それを実現させるためには、長い間の挑戦と実験、これまで得てきた知識と新しい技術をリンクすることが重要になります。
それが、PlustekのeScanシリーズの最初の製品となるスタンドアロン・ネットワーク・ドキュメント・スキャナ「eScan A150」を開発する核となる発想となりました。
eScanは、パソコンと接続する必要はなく、ファックスを送信するよりも簡単で、たった3つのステップで、高速かつ馴染みやすい操作を実現します。
本機にはボタンはなく、頭を悩ませる操作もないため、直感的に順応することができます。7インチのマルチタッチモニタは、フォーマットを指定してスキャンを指先でタップするだけでの、とても簡単な操作を可能にします。
マニュアルに頼ることなく、直感的な操作を実現し、プレビューやスキャニング処理は、子供でも簡単に操作できるほどです。オペレーティングシステムにAndroidを採用したことで、豊富な機能を、スマートフォンなどで慣れ親しんだシンプルな操作で実行できます。

めんどうなインストール作業や設定をすることなく、包括的な接続性を実現します。スキャン結果は、電子メールとして送信したり、FTPサーバーやクラウドサービスへアップロードしたり、またはスマートフォンやタブレットPCに送信できるほか、USBストレージメディアに保存することもできます
なお、本製品は、米国市場では12月に市場投入予定で、市場想定価格は699ドルです。

eScan A150の主な仕様
光学解像度:最大600dpi
ADF機能:最大50枚
スキャニング速度(200dpi、A4):グレースケール 20ppm、白黒 20ppm、カラー 5ppm
インターフェース:USB 2.0、RJ45 LANコネクタ、IEEE802.11g/n WiFi
ディスプレイ:7インチ 1280×800ピクセルISP マルチタッチ液晶
OS:Android

□製品情報(英語)
リンク

□お客さまからのお問い合わせ先
Plustek Inc.
E-mail :PhoebeChang@Plustek.com.tw
URL; リンク

□報道関係者さまからのお問い合わせ
E-mail : jppr@cybermedia.com.tw

Plustekについて
Plustek Inc.は、グローバルなイメージングおよびIP監視ソリューションの製造メーカーです。弊社は、高品位のイメージング製品を製造し、世界中に提供しています。1986年に創業して以来、Plustekはジャストインタイムの製造とエンジニアリングの専門知識を提供してきました。また、使いやすさを追求した革新的な設計技術と、卓越した製造技術を融合し、Plustekのセキュリティソリューションは、Linux OSに対応し、サードパーティ製品に統合しやすいすぐれた拡張性を持ち合わせ、運輸市場において記録的な成功を収めています。なお、Plustekに関する詳細は、弊社ホームページ リンク /をご覧ください。






本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。