logo

中古車相場の下落が加速!「いい車」が欲しいならレガシィが鉄板

株式会社リクルートマーケティングパートナーズ 2014年10月08日 14時00分
From Digital PR Platform


株式会社リクルートマーケティングパートナーズ(本社:東京都千代田区 代表取締役社長:冨塚 優)が運営する「カーセンサーnet」では中古車の買い時をご紹介する「カーセンサー特選市」を毎週3回連載しています。本日はその中からオススメの車をご紹介いたします。

▼カーセンサーnet 「カーセンサー特選市」
リンク

――――――――――――――――――――
「カーセンサー特選市」とは
――――――――――――――――――――

中古車は一物一価の商品のため、価格や状態は千差万別。タイミングを外すと同程度の物件を10万円以上高く買うなんてことも・・・。そこで、カーセンサー特選市では、カーセンサー編集部が“今”買うべきオトクな中古車をご紹介しています。

▼カーセンサーnet 「カーセンサー特選市」
リンク

▼今回のオススメ記事はこちら
リンク

――――――――――――――――――――
【今週のオススメ】
相場下落予報!「いい車」が欲しいなら鉄板のレガシィ
――――――――――――――――――――

■“オトナ”のセダン/ステーションワゴン選び

いい車ってなんでしょう? 「運転が楽しい」「乗り心地がいい」など車に求めるものは人それぞれ。それに対して車も多種多様なモデルが存在するため、「どの車が自分にとっていい車なのか分からない・・・」という方もいらっしゃるでしょう。今回はそんな悩みをお持ちの方にピッタリの車を紹介します。
その車とは、スバルのレガシィツーリングワゴン(現行型)とレガシィB4(現行型)。上記の要素はもちろん、ちょっとしたステイタス性も備え、大人4人がゆったりくつろげる居住空間と十分な荷室スペースを兼ね備えた「オトナが乗るべきいい車」です。
両車とも中古車としての“旬”を迎えつつあり、総額200万円以下でカーセンサーアフター保証対象車が狙えます。

■誰もが知る名車と隠れた名車

レガシィツーリングワゴンは、ひと昔前のステーションワゴンブームの火付け役としても知られた存在で、多くの人たちに支持された人気の1台です。一方のセダン(B4)は、ステーションワゴンの影に隠れてヒットを飛ばすことはありませんでしたが、専門家筋からの評判はすこぶる高く、隠れた名車として知られていました。
どちらも魅力は満点。スバルのアイデンティティともいえる水平対向エンジンは独特な鼓動感を備え、走るたびに気持ちを高ぶらせてくれます。そして路面を選ばない4WDは確かな安心感を与えてくれますし、アイサイトなどの安全装備も充実しています。「車好きが乗る車」という印象が強い両車ですが、車に興味がなくとも車好きにしてしまう魅力があります。

■相場が下がる一方で流通量は増加

そんな両車の中古車相場は現在、下落傾向にあります。これは、登場から5年がたち2回目車検を迎えて買い替え需要が増えたこと、さらに今年6月に新車の注文販売が終了され新型の登場が予告されたことが理由だと考えられます。
どれくらい相場が動いたかというと、直近3ヵ月でB4は約196万円から約183万円まで、ツーリングワゴンは約222万から約210万円まで平均価格が下がり、どちらも10万円以上値落ちしています。(2014年10月1日現在)。具体的に物件を見てみると、B4もツーリングワゴンも総額110万円台から狙えるようになりました。
それでいて流通量は大幅にアップ。B4は185台程度だった台数が250台程度と増加し、ツーリングワゴンは約500台から約750台へと一気に増えています。つまり、安くなっている上にグレードやオプション、ボディカラーなど自分の好みに合った物件が選びやすくなっているんです!

■今後は、さらに“おいしく”なるはず!

しかも、この傾向はおそらく今後、加速することでしょう。なぜなら、つい先日、B4とレガシィアウトバックの新型が発表されたからです。B4がモデルチェンジすれば当然、現行型は旧型になり中古車相場は下がります。後継モデルに当たるレヴォーグがすでに販売されているツーリングワゴンも、B4とアウトバックのモデルチェンジの影響も受け、さらに値下がりが進むと予測されます。
当然、そうなると「新型の方がいいなぁ」と思う方もいらっしゃるでしょう。それは間違いではありません。しかし、中古でオトクに“旧型(ツーリングワゴンは最終型)”を狙うのも手です。性能的には前述のとおり、すでに十二分に素晴らしいのですから。「いい車」という意味では間違いない車だと思う次第です。


▼今回ご紹介した特選車はこちら
【検索条件】スバル レガシィB4(現行型)&スバル レガシィツーリングワゴン(現行型)×総額200万円以下×CSA保証車
※プランでCSA保証を付けた場合、総額200万円を超える場合があります
リンク

▼「カーセンサーアフター保証」はこちら
リンク

――――――――――――――――――――
「カーセンサー特選市」バックナンバー
――――――――――――――――――――

トヨタの超個性派が総額60万円以下で買える
リンク

ネオクラシックな雰囲気を楽しめる高級セダンが50万円以下
リンク

万能な5ナンバーサイズセダンこそ若者向けの中古車?
リンク

どうせお金を払うなら「とりあえずの輸入車」はいかが?
リンク

6~7人で乗れるおもしろコンパクトカーが40万円以下
リンク

150万円以下!走りが良い=家族に優しいミニバンが買い時
リンク


▼バックナンバー一覧
リンク


――――――――――――――――――――
◇「カーセンサー」について
――――――――――――――――――――

1984年より中古車選びの情報誌『カーセンサー』(全国を16版で網羅)や同サイト『カーセンサーnet』、プレミアムカーの情報誌『カーセンサーEDGE』および同サイト『カーセンサーEDGEnet』を運営しています。現在は、カーライフトータルサポートとして、中古車の購入後の安心を実現する保証サービスや、車検、買取、廃車といったクルマ購入後のサービス、カー用品の通信販売サイトも展開しています。

▼「カーセンサーnet」
リンク

▼「カーセンサーEDGEnet」
リンク

▼「カーセンサーアフター保証」
リンク

▼『カーセンサー』の「Facebookページ」はこちらから
リンク

▼『カーセンサー』の「Twitter」はこちらから
リンク

▼リクルートマーケティングパートナーズについて
リンク

――――――――――――――――――――
【本件に関するお問い合わせ先】
リンク
――――――――――――――――――――

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事