logo

【引越しに関するアンケート調査】家族構成別の引越し料金、荷物量の違いは?

株式会社リクルート住まいカンパニー 2014年10月08日 10時47分
From Digital PR Platform


引越し見積もり比較サイト『SUUMO(スーモ)引越し見積もり』を運営する株式会社リクルート住まいカンパニー(本社:東京都千代田区 代表取締役社長:野口孝広)は、「引越し」に関するインターネット調査を実施しました。今回は、家族構成の違いによる支払い金額や荷物量についての結果をお知らせいたします。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
引越し会社への支払い金額は平均9万434円で、家族は単身者の約2倍の負担に!
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――

家族構成別に引越しにはどのような違いがあるのでしょうか。今回は、調査の結果から「単身者」と「家族」の場合の引越し料金と荷物量の結果を比較してみました。

■あなたが引越しをされた際に、実際にお支払いになった料金は?
「単身者」の平均金額・・・5万8,082円
「家族」の平均金額・・・10万7,236円
全体の平均金額   9万434円


引越しをした人全体では、引越し会社への平均支払い金額は9万434円であることがわかりました。また、家族構成別に見てみると、単身者の平均金額は5万8,082円、家族の平均金額は10万7,236円と、家族は単身者の約2倍という結果に。この金額差はやはり荷物量の差によるものといえそうです。

■引越しの荷物量はどれくらいでしたか?
●単身者トップ3
1位 1.5t・2tショート・2tトラック/約10~11m2程度・・・44.4%
2位 軽トラック/5~5.5m2程度・・・37.9%
3位 2tロングトラック・2.5tトラック/約15~17m2程度・・・11.9%

●家族トップ3
1位 2tロングトラック・2.5tトラック/約15~17m2程度・・・28.3%
2位 4tトラック/約30m2程度・・・27.4%
3位 3tトラック/約25m2程度・・・21.5%

では、実際の荷物量の差はというと、単身者はトップ2の「1.5トン(以下、tと表記)・2tショート・2tトラック」と「軽トラック」という比較的荷物量の少ない車両の利用が合計で82.3%を占めています。そして家族の場合は、「2tロングトラック・2.5tトラック」から「4tトラック」までの大きさの車両を利用している人が77.2%となっています。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
家族構成別に「引越しのコツ」をご紹介
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
新居での生活は思い浮かべるだけでワクワクするもの。しかしその前に立ちはだかる大きな壁が「引越し」です。面倒な荷造り・梱包作業をすべて引越し会社に任せたらだいぶ楽になるかもしれませんが、現実にはどれほどの人が任せているのでしょうか。
調査の結果、荷造りや梱包作業の「一部またはすべてを引越し会社に任せた」という人は30.6%。一方で、「自分もしくは家族で行った」という人は69.1%という結果になりました。

次に男女別での違いを見てみると、

(男性)
自分もしくは家族で行った・・・63.4%
一部梱包は自分もしくは家族で行い、あとは引越し会社に任せた・・・32.0%
すべて引越し会社に任せた・・・4.3%
その他・・・0.3%

(女性)
自分もしくは家族で行った・・・75.4%
一部梱包は自分もしくは家族で行い、あとは引越し会社に任せた・・・20.7%
すべて引越し会社に任せた・・・3.7%
その他・・・0.2%


「一部またはすべてを引越し会社に任せた」人の割合は、男性36.3%に対して、女性24.4%。
男性は約3人に1人、女性は約4人に1人が引越し会社に任せていることが分かりました。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
荷造りを任せるだけで作業がとてもラクに!「10分間サービス」も便利
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
■一人暮らし(単身者)/とにかく地道に荷造りするのが大事
2tトラックまでの大きさに乗り切る荷物量が一般的という一人暮らしの場合には、荷造りをするのはほかでもない自分自身。地道に荷物を詰め始めていかないと、引越し当日までに終わらずに、引越し会社のスタッフが搬出作業をしている中、あくせくと荷造りをするはめに……。「一番困るのは当日になっても荷物の梱包が終わっていないこと」と引越し会社各社は口を揃えます。
アリさんマークの引越社のスタッフさんからは「2週間くらい前から“1日何箱”という目標を立てて、地道に荷造りを始めるのが良い」というアドバイスも。当日までに荷造りは終えておくことは、引越し会社のスタッフの方に対しても最低限のマナーだということを忘れないようにしましょう。

■カップル(同棲)/家具や家電の配置は事前に話し合いで決めておく
DINKSや新婚カップルの場合、案外揉めるのが家具や家電の配置。「新居に来てからどのように家具や家電を配置するのかは、事前にしっかりと話し合って決めておくのが良いと思います」(アーク引越センター)
旧居ではスムーズに搬出したのに、新居で家具や家電の配置が決まらないのでは、荷物の搬入が遅れてしまうことに。意見がまとまらない場合は、キッチンなどの水まわりは主に家事を行う人の意見を優先して、リビングやベッドルームはもう一人が決めるなど、役割を決めて話し合うと良いでしょう。それでも、新居で配置に困った場合は、引越し会社のスタッフに相談してみるのも手です。多くの引越し件数を経験しているスタッフのみなさんは、家事導線や暮らしやすさに考慮した配置を提案してくれるでしょう。

■ファミリー(家族)/高齢者や子どもは外出させるか安全な場所を確保
引越し当日は、引越しスタッフが段ボールや家具などの荷物を抱えて家中を移動します。「高齢者やお子さんは荷物の陰に隠れてしまい、思わぬけがなどをしたら一大事ですから、できることでしたら、お出かけいただくことをおすすめします」(アーク引越センター)
もし、外出がすることが難しければ、引越し会社のスタッフにどこにいれば邪魔にならないかを確認し、その場所に椅子を置いて座ってもらったり、子どもの遊び場を作ってあげたりするなど、作業へ支障が出ないようにすること、家族がけがをしないようにすることが大切です。

■まとめ
家族構成によって、引越し作業で注意すべきポイントはさまざま。しかし、家族や荷物、そして引越し会社のスタッフも含めたみんなが安全かつスムーズに引越し作業を行うには、ちょっとした事前の準備をしておくかどうかで大きく異なってきますので、しっかりと準備しましょう。


<調査概要>
「引越しに関する実態把握調査」(リクルート住まいカンパニー)
【調査実施時期】2014年2月7日(金) ~2014年2月14日(金)
【調査対象者】 2012年から2014年1月の間に引越しをした18~69歳の男女
【調査方法】  インターネット調査
【有効回答数】 11,860
【調査実施機関】楽天リサーチ株式会社


▼一人暮らし、同棲・結婚… 家族構成別 引越しのコツ
リンク
▼不動産・住宅サイト『SUUMO(スーモ)』はこちら
リンク
▼リクルート住まいカンパニーについて
リンク



――――――――――――――――――――
【本件に関するお問い合わせ先】
リンク
――――――――――――――――――――

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。