logo

ウィーン市観光局2020年への戦略:グローバル、スマート、プレミアム

ウィーン市観光局 2014年10月08日 10時30分
From 共同通信PRワイヤー

ウィーン市観光局2020年への戦略:グローバル、スマート、プレミアム

AsiaNet 58160

ウィーン市観光局2020年への戦略:グローバル、スマート、プレミアム

2020年のウィーン:1800万の総宿泊数、10億ユーロのホテル収益、新たに全世界20の大都市から直行便・・・これがウィーン市観光局の2020年へ向けての目標です。このためウィーン市観光局は新たな戦略を展開します。

「ウィーンのデスティネーション開発における新たな長期戦略のライトモチーフは『グローバル、スマート、プレミアム』です」と語るのは、ウィーン市観光局のノルベルト・ケットナー局長です。「ウィーンはコスモポリタンな大都市、中欧の経済センターたるステータスを更に強化し、豊かな文化、持続可能性、先進的な都市テクノロジー、知的なモービリティー・ソリューション、ハイレベルの緑化都市などによって『スマートでエレガントな都市』であることを強調しています。『プレミアム』というのは、観光部門における最高レベルのオファーを意味しています。到着からホテル滞在、観光、文化とレジャー、ショッピング、グルメ・プログラムまで、ウィーンに来られるお客様に、全てのカテゴリーで最高のオファーとサービスを提供することです」 

この目標は5 x 400 + 20 = 2020という明快な数式となります。これについてケットナー局長は次のように説明します。「2020年には、2013年度比で、総宿泊数500万増、ホテル部門の宿泊純益4億ユーロ増を目指しています。また現在の直行便数に加えて、更に世界20の大都市からウィーンへの直行便が増加することも大切な目標です。これによって総宿泊数は1800万となり、ホテルの純収益も10億ユーロの壁を打ち破ることになります」

この戦略を更に充実させるためウィーン市観光局は、ウィーンの観光部門における専門家ばかりでなく、国際的な専門家からのアドバイスをも歓迎いたします。「オープン・イノベーション」アイデア・コンテストは、新たなインスピレーションの源泉となります。これは、インターネットやソーシャルメディアのプラットフォームを通じて、世界の全ての人々に、デスティネーション・ウィーンに関する、斬新で因習にとらわれない、実験的あるいは挑発的なアイデアの提供を呼びかけるものです。コンテストのコンセプト等詳細は、次のウエブサイト(ドイツ語、英語)をご覧ください。リンク


お問合せ先:
Vienna Tourist Board
ウィーン市観光局
Isabella Rauter
担当:イザベラ・ラウター
Tel. +43 /1/21114-301
E-Mail: media.rel@vienna.info
リンク
リンク


(日本語リリース:クライアント提供)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。