logo

はてなとIDCフロンティアが業務提携。国内で初めて、IDCフロンティアのクラウドサービスが、はてなのクラウドパフォーマンス管理サービス「Mackerel」(マカレル)に正式対応。

~特別プランにより料金無料・台数無制限でパフォーマンスを視覚的に把握~

株式会社はてな
株式会社IDCフロンティア

株式会社はてな(本社:京都市中京区、代表取締役社長:栗栖義臣、以下「はてな」)と、株式会社IDCフロンティア(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:中山 一郎、以下「IDCフロンティア」)は業務提携をいたします。この業務提携により、IDCフロンティアの提供するクラウドサービスが、はてなの提供するシステム開発者向けのクラウドパフォーマンス管理サービス「Mackerel」(マカレル)に対応し、はてなはIDCフロンティアのクラウドサービス利用者向けに特別プランを提供します。Mackerelにおける国内のクラウドサービス事業者との連携は本件が初めてとなり、10月15日から提供を開始いたします。

Mackerel×IDCフロンティアのクラウドサービス 事前登録受付ページ
リンク

はてなのMackerelはクラウドのサーバーを簡単に使え、1台から数千台まで効率良く管理でき、各種運用ツールと組み合わせることもできる、新世代のクラウドパフォーマンス管理サービスです。Mackerelを使うことにより、IDCフロンティアのクラウドサービス利用者は、複数のサーバーをアプリケーションやデータベースなどの役割ごとにリソースや稼働状況を視覚的に把握することができ、システムの負荷に応じた拡張や縮退など、他のクラウドサービスも含めたインフラの統合管理や運用が可能です。またMackerelの通常プラン(※1)ではサーバー台数5台までのところ、対応するIDCフロンティアのクラウドサービス利用者は、サーバー台数無制限でMackerelを利用できます。

昨今、クラウドサービスの利用が拡大する中で、複数のクラウドを組み合わせ、用途に応じて使い分けるマルチクラウドでの利用が拡大しています。その反面、システム管理者はサーバーの管理が煩雑となり、実行環境ごとの監視システム構築や、複数の管理・操作方法が存在することによる管理負荷の増大が課題です。

このような状況の中、IDCフロンティアは、単一のクラウド提供事業者に大きく依存する利用形態ではなく、複数のサービスを組み合わせてシステムを構築するオープンな利用を推奨しています。本業務提携ではてなが提供するMackerelに対応することにより、ユーザーインターフェースの統一による管理手法の集約や運用負荷の削減など、サーバーの運用で欠かせないモニタリングツールを中心とした、利用者主体のエコシステムを推進することで、これらの課題を解決して参ります。

なお、本業務提携に関する詳細は次の通りです。

・IDCフロンティアが「Mackerel」(マカレル)対応のクラウドサービスを開発・動作検証を実施
・はてながIDCフロンティアのクラウドサービス用の特別プランを開発・提供し、利用者はサーバー台数無制限、料金無料でMackerelを利用可能

<IDCフロンティア利用プラン(※2)>
・利用料金:0円
・ホスト数(利用サーバー台数):無制限
・ホストメトリック数:200件まで
・サービスメトリック数:5件まで
・監視メトリック数:10件まで
・グラフ表示期間:1週間
・サポート:メール

<通常のFree(無料)プラン>
・利用料金:0円
・ホスト数(利用サーバー台数):5台まで
・ホストメトリック数:200件まで
・サービスメトリック数:5件まで
・監視メトリック数:10件まで
・グラフ表示期間:1日
・サポート:メール

■Mackerelについて
Mackerelは、はてながこれまで開発してきた「はてなブックマーク」「はてなブログ」などの自社サービスや、任天堂株式会社の家庭用ゲーム機「Wii U(TM)」に内蔵されているネットワークサービス「Miiverse」などの開発で合計して数千台規模のサーバーを運用してきた実績とノウハウを基に開発した、新たなクラウドパフォーマンス管理サービスです。Mackerelを利用することで、システム開発者は直感的なインターフェースでクラウドをより効率的に管理できるようになり、サービス開発に注力できるようになります。9月17日から国内向けの提供を正式に開始し、年内に世界展開を目指しています。

Mackerel公式サイト:リンク
Mackerel開発ブログ:リンク
Mackerel料金プラン:リンク

■IDCフロンティア クラウドサービスについて
IDCフロンティアは、国内では先駆けとなる2009年6月にマネージド型のクラウドサービスの提供を開始し、セルフポータル型は2011年9月に開始しました。国内のパブリッククラウドでは最高水準となる99.999%のSLAやフェイルオーバーの標準提供、また自社データセンターでの一貫運用など、高品質なサービスを提供しています。10月15日に開始するセルフポータル型のクラウドコンピューティングサービスでのMackerel対応を予定しており、国内で初めてとなるMackerel対応サービスとして提供いたします。なお、10月8日より15日までMackerel対応クラウドサービス5,000円分利用クーポンを配布するキャンペーンを実施いたします。

以上

※1 Mackerel の通常のFree(無料)プラン
※2 Mackerel のIDCフロンティア利用プランは、IDCフロンティア クラウドサービスの利用者のみで他社クラウドサービスは対象外

■ 株式会社はてな 概要
リンク

本社:京都府京都市中京区高宮町206 御池ビル9F
東京オフィス:東京都港区南青山6-5-55 青山サンライトビル3F
代表取締役社長:栗栖義臣
設立:2001年7月
資本金:7,300万円
事業内容:国内最大級のソーシャルブックマークサービス『はてなブックマーク』、ブログサービス『はてなブログ』『はてなダイアリー』、Q&Aサービス『人力検索はてな』などを企画、開発、運営。登録ユーザー数407万人、月間ユニークユーザー数4,000万人。

■ 株式会社IDCフロンティア(IDC Frontier Inc.) 概要
リンク

代表者:代表取締役社長 中山 一郎
事業内容:クラウド事業、データセンター事業、ホスティング事業、IPネットワーク事業、コンサルティング、システム構築・運営、その他
株式会社IDCフロンティアは、Yahoo! JAPANグループのクラウドコンピューティングとデータセンター事業を担う戦略的子会社として、クラウド事業、データセンター事業、ホスティング事業、IPネットワーク事業、コンサルティング、システム構築・運営を事業内容とし、日本のビジネスシーンの発展と活性化を支える情報技術基盤を提供しています。長年の経験で培った高信頼データセンターを全国で運用しており、SaaS/PaaS/IaaSに代表される高付加価値サービスの開発と提供に取り組み、ビジネスユーザーのクラウドコンピューティングやオープンプラットフォームの利活用を推進しています。

お問い合わせ先
株式会社はてな 東京オフィス 広報・マーケティング部
・E-MAIL: hatenapr@hatena.ne.jp
・掲載記事紹介: リンク
・広報ブログ: リンク

IDCフロンティア 経営戦略本部 経営企画部
電話:03-4354-0155
メールアドレス:pr@idcf.jp
Twitter公式アカウント:idcfrontier
Facebookページ:リンク

※記載されている会社名、製品名、サイト名は各社の登録商標または商標です。
※Wii Uは任天堂の商標です。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。