logo

eBookJapanがNECとFashionTVなど4社共同で、ファッションビジュアルマガジン「persona.」を創刊~スマートフォンと連携し、女性のファッションやライフスタイルをサポート~



NEC、FashionTV、GMOメディア、イーブックイニシアティブジャパンの4社は共同で、新しいコンセプトのファッションビジュアルマガジン「persona.」(ペルソナ)を本年10月に創刊し、首都圏の美容室約200店舗に順次配布を開始します。

「persona.」は、全ページが文字を使わず読者の感性に訴えるビジュアルな誌面(写真のみ)で構成されており、F1層(20~34歳の女性)の趣向に合わせたファッションやライフスタイルを提案します。専用のスマートフォン向けアプリケーションを起動し興味を持った写真にかざすことで、画像認識(注)し写真の背景に存在するファッションストーリーやブランドwebページの閲覧、クーポンの入手などが可能です。

創刊号には企業16社が協賛しており、各企業が自社のホームページ・SNSツール・メルマガなどで「persona.」のプロモーションを行うことで、他社の顧客であり、かつ自社のターゲットでもあるF1層に対して、「persona.」を中核に相互紹介・異業種連携ネットワークが形成され、新たな顧客の獲得が見込まれます。


【媒体概要】
・誌名:「persona.」(ペルソナ)
・発刊サイクル:3ヶ月に1回、月初に発行
・媒体、価格:紙雑誌 …無料、美容室での閲覧用
       電子書籍…ダウンロード無料
・コンテンツ:服飾・雑貨・クッキング・旅行・食品・飲料など
・発行元:FashionTV Japan
・部数:1万部(創刊号予定)
・配布先:美容室(創刊号は首都圏を中心に約200店舗からスタートし、次号以降、配布店舗を拡大予定)
・ターゲット:F1層(20~34歳の女性)
・プロデュース:国内外の女性に人気のフォトグラファー 米原康正氏


【「persona.」のコンセプト】
「persona.」で掲載する写真は、ファッションやライフスタイルをテーマとし、新たなマーケットを牽引する女性像を表現します。それらの写真が読者の憧れと一致したとき、スマートフォンをかざすことでそのシーンの背景に存在するリアルなライフスタイルのストーリーを入手することができます。F1層が持つ本来の色気や活気、素直さ、楽しさを自分のものに感じていただくことを目指し、各シーンでファッションストーリーや製品・サービスの情報を提供することで、読者のニーズを満たしていきます。


【異業種連携ネットワークのコンセプト】
「persona.」の誌面で扱う様々なコンテンツを通じて、自社と異業種他社の顧客が行き交う連携ネットワークを形成します。これにより例えば、GMOメディアが同社のファッション共有SNS「コーデスナップ」のアプリユーザーに、WEBサイトやアプリ上で「persona.」のプロモーションを行うことで、ぐるなびやDeNAショッピングなど異業種のF1層顧客を自社に誘因したり、両社に送客するといった相互プロモーションを実現します。


【パートナー企業の役割分担】
・NEC:「persona.」による異業種連携ネットワークの企画、
     画像認識エンジン「GAZIRU」を活用したサービス基盤の構築・提供
・FashionTV:雑誌「persona.」の企画・制作・発行、専用アプリケーション「persona.」の開発・リリース
・GMOメディア:コンテンツ協賛、WEB・アプリを通じたプロモーション
・イーブックイニシアティブジャパン:電子書籍化、電子書籍販売サイト「eBookJapan」上で
                  「persona.」の提供


【創刊号協賛企業(計16社)】※雑誌コンテンツ
・ファッション:株式会社DeNA
・ブランド:MURUA、GYDA、MOUSSY、SLY、FIG&VIPER、STUSSY WOME、H&M
・店舗:GALSTAR、NOWiSTYLE、神戸レタス
・ライフスタイル:株式会社ぐるなび、株式会社ABC Cooking Studio、株式会社エアーリンク、
         らでぃっしゅぼーや株式会社、エノテカ株式会社


【美容室を中心とした展開の考え方】
今回の取り組みでは、全国19万店舗を展開する美容業界に着目したことも重要な要素の一つです。「persona.」創刊号は、首都圏を中心とする約200店舗の美容室へ配布を予定しています。美容室は今後、ファッションやライフスタイルを敏感にキャッチできる環境として、さらに重要な拠点となると考えており、次号以降、配布店舗の拡大を目指しています。


【創刊号の全面プロデューサー 米原康正氏】
創刊号は、世界で唯一インスタントカメラ“チェキ”をメイン機材とするファトグラファーとして幅広く活躍する米原康正氏を起用しました。渋谷や原宿など、ファッションやカルチャーの領域で若い女性に絶大な人気を誇るフォトグラファーであり、女の子をSEXY&CUTEに撮る事においては右に出る者がいない存在です。また最近では、中華圏で223万のTwitterフォロワーを持ち、フォトグラファーを超えた日本のカルチャー伝道師として訴求力を持ち始めています。

以上


・日本電気株式会社   本社:東京都港区、代表取締役 執行役員社長:遠藤信博
・FashionTV Japan   本社:東京都港区、代表取締役:清末隆宏
・GMOメディア株式会社 本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:森輝幸
・株式会社イーブックイニシアティブジャパン 本社:東京都千代田区、代表取締役社長:小出斉

(注)画像認識には、NECが開発した世界最高水準の画像認識サービス「GAZIRU(ガジル)」を活用。
URL:リンク


<本件に関するお客様からのお問い合わせ先>
・日本電気株式会社 第二キャリアサービス事業部
 E-Mail:contact@gaziru.jp.nec.com

・FashionTV Japan
 E-Mail:info@fashiontv.co.jp

・GMOメディア株式会社 事業推進室 杉森
 電話:(03)5456-2626 FAX:(03)5459-6077
 E-Mail:info@gmo-media.jp

・株式会社イーブックイニシアティブジャパン 広報担当 高嶋・木元
 電話:(03)3518-9544 FAX:(03)3518-9131
 E-Mail:pr@ebookjapan.co.jp


<本件に関する報道関係からのお問い合わせ先>
・日本電気株式会社 コーポレートコミュニケーション部 山梨
 電話:(03)3798-6511
 E-Mail:r-yamanashi@ct.jp.nec.com

・FashionTV Japan 清末
 電話:(03)6229-2400
 E-Mail:kiyosue@fashiontv.co.jp

・GMOメディア株式会社 広報担当 加藤
 電話:(03)5456-2626 FAX:(03)5459-6077
 E-Mail:info@gmo-media.jp

・GMOインターネット株式会社 グループ広報・IR部 石井・島田
 電話:(03)5456-2695 FAX:(03)3780-2611
 E-Mail:pr@gmo.jp

・株式会社イーブックイニシアティブジャパン 広報担当 高嶋・木元
 電話:(03)3518-9544 FAX:(03)3518-9131
 E-Mail:pr@ebookjapan.co.jp


【別紙】
■FashionTVについて
Fashiontv(ファッションティーヴィー)は世界202の国と地域、約3億6000万世帯が視聴する世界中の最新のファッション・トレンド、ハイクオリティーなライフスタイル情報を24時間365日放送する“世界で唯一のファッション専門エンターテイメント・チャンネル”を配信しています。また、ファッション・アパレル事業を中心とした放送番組の企画、制作と放送・販売や、番組の広告・宣伝及び販売促進に関する企画製作を行っています。


■GMOメディアの「コーデスナップ」について
ファッションチェックアプリ「コーデスナップ」は、ファッションへの関心の高いユーザー同士がコーディネートを通じてコミュニケーションをとることができるPC/スマートフォン向けサービスです。自身のコーディネートを投稿することはもちろん、他ユーザーのコーディネートを閲覧し、コメントを残したり質問したりすることができるため、様々なテイストのおしゃれを楽しむ若い女性を中心とした多くのユーザーに支持され、月間利用者数はウェブサイトとスマートフォン向けアプリの合計で250万人となっております。(2014年4月)2013年7月に提供開始した繁体字の台湾ユーザー向け「コーデスナップ」も好評で、全ダウンロード数の約25%を占めるほどになっています。
「コーデスナップ」は、今後もファッション関連の企画の実施やスマートフォンアプリ機能の拡充などを通じて、『スマホでファッションを楽しくする』サービスの提供に努めてまいります。
「コーデスナップ」URL:リンク
「コーデスナップ」台湾版 URL:リンク


■株式会社イーブックイニシアティブジャパンについて
2000年に「SAVE TREES!」を合い言葉に創業した電子書籍業界の老舗です。2011年に東京証券取引所マザーズ市場に上場、2013年に東証一部へ市場変更。(コード:3658 “365日ハッピー”)
コーポレートサイト:リンク
電子書籍販売サイト:eBookJapan (リンク)

・電子書籍販売サイト「eBookJapan」について
世界最大級のマンガ作品数をはじめ、24万冊を超え“充実のラインナップ”を誇る電子書籍販売サイトです。購入した作品は複数端末(※)で楽しめるほか、背表紙表示も可能なWEB上のお客様本棚 “トランクルーム”や、手軽なブラウザでもダウンロード後はオフラインでもご利用可能な“高画質ブックリーダー”で、快適に読書をお楽しみいただけます。
※WindowsPC、Mac、iPad/iPhone/iPod touch、Androidに対応。
URL:リンク


以上

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事