logo

Invest Migration Council(IMC)の創設を発表

The Investment Migration Council (IMC) 2014年10月06日 15時22分
From 共同通信PRワイヤー

Invest Migration Council(IMC)の創設を発表

AsiaNet 58131 (1096)

【ジュネーブ2014年10月4日PRN=共同通信JBN】投資を通じた移住・市民権に関係する業界内の権威ある専門家や主要な利害関係者が一堂に会し、業界内の声をまとめる目的でInvestment Migration Council(IMC)がこのほど創設された。10月4日、IMCが設立を発表した。

IMCは顧客と政府が直面している諸問題について一般の理解を高め、教育を促進し、会員間の最高の専門的基準と倫理を求めている。

IMC会長でオランダ・フローニンゲン大学教授のディミトリー・コチェノフ博士は「IMCは世界レベルの業界基準を設定し、投資を通じた移住に関し他の専門機関、学会リーダー、諸国政府、国際組織と交流する」と語った。

投資移住業界は過去10年で大きく成長した。投資家向けの移民・市民権オプションは、国際的なクライアントの間で大きな関心を寄せる話題となっており、同時にそうしたクライアントにサービスを提供する実務者や企業でも話題になっている。またさまざまな国が投資移住計画を通じて、海外からの直接投資を引き寄せることにますます熱心になってきている。IMC創立メンバーの一人は「この重要かつ影響力のある分野の急速な成長で、中心となり責任ある機構を求める声が大変大きかった。IMCはこの役割を達成し、業界のため重要な機構、基準、アカウンタビリティーを提供することになる」と指摘している。

IMCはスイスの法律に基づく非営利団体として組織されている。ジュネーブに本部を置くIMCは、ニューヨーク、ロンドン、ドバイ、香港で代表事務所の開設にとりかかった。IMCはまた、理事会の下に業務を統括・管理する最高経営責任者(CEO)を置き、執行機関ではないが最も重要な業界の利害関係者を代表する委員たちで構成する諮問委員会も設置した。

創設メンバーには投資・移住分野における多くの大手利害関係者、全国業界組織、大手法律事務所が含まれている。Fragomen LLP、Mishcon de Reya Solicitors、Foster Quan LLP、 National Bank of Canada、Henley & Partners、Visa Consulting Group、KPMG、BDOなどである。

IMC理事会と諮問委員会のメンバーは、世界投資移住分野の以下のような多くの権威者で構成されている。

*ディミトリー・コチェノフ(Dmimtry Kochenov)教授、欧州連合(EU)憲章・市民権法担当議長。フローニンゲン大学
*デミトリオス・G・パパデメトリオ(Demetrios G. Papademitriou)博士、共同創設者。米ワシントンDCのMigration Policy Instituteシニアフェロー、名誉所長。ベルギー・ブリュッセルのMPI Europe社長。
*カマル・ラーマン(Kamal Rahman)氏、英国ロンドンMshcon de Reyaの移住責任者。
*クリスチャン・ヨプケ(Cristian Joppke)博士、スイス・ベルン大学教授。
*クリスチャン・H・ケーリン(Christian H.Kalin)氏、Henley & Partners Holdings Plc会長。
*デービッド・チェン(David Chen)氏、中国・上海のVisa Cosulting Group,
*フィリップ・フォレ(Philippe Foret)博士、SAGUF Environmental Humanities共同ディレクター、スイス・ベルン大学
*ロバート・F・ローラン(Robert F. Loughran)氏、米FosterQuan LLP
*ルイ・ルブラン(Louis Leblanc)氏、カナダ・モントリオールのNational Bank of Canada副頭取兼マネジングディレクター。
*カリド・コーザー(Khalid Koser)博士、スイス・ジュネーブのWorld Economic Forum Global Agenda Council on Migration議長
*ティモシー・モーア(Timothy Mohr)氏、米ニューヨークBDOのNational Financial Services Advisory Leader、プリンシパル。
*バル・ケンパドゥ(Val Kempadoo)氏、 セントクリストファー・ネビスのBelmont Resorts Ltd.創業者兼CEO。
*ボリス・シレビッチ(Boriss Cilevics)氏、ラトビア・リガのCitizenship and Human Rights 賛同者、国会議員。
*ナディン・ゴールドフット(Nadine Goldfoot)氏、英ロンドンFragomen LLPの パートナー兼Investor Immigration Practice責任者。

IMCのウェブサイト(リンク )も4日に立ち上がった。IMCの組織、入会、ガバナンスなど詳細はこのサイトを参照。

報道関係によるIMCの理事会、諮問委員会メンバーとのインタビュー申し込みなどは以下へ連絡を。
Jane Bradwell
Public Relations Officer
media@investmentmigration.org

ソース:The Investment Migration Council (IMC)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。