logo

幻冬舎plusで出版社発の音声コンテンツ販売を開始! 第1弾は國分功一郎さんの特別講義

株式会社 幻冬舎 2014年10月03日 16時08分
From PR TIMES

幻冬舎は9月3日(水)に実施された國分功一郎さんによる特別講義『幻冬舎plus×リブロ池袋本店 presents 「ドイツ1918-1933」から考える日本の今』の音声データのダウンロード販売を、10月3日(金)より、Webマガジン&電子書店「幻冬舎plus」で開始しました。



株式会社幻冬舎は10月3日(金)より、自社運営のWebマガジン&ストアサイト「幻冬舎plus リンク 」にて、音声コンテンツのダウンロード販売を開始しました。
音声コンテンツ第1弾は9月3日(水)に実施された國分功一郎さんによる特別講義『幻冬舎plus×リブロ池袋本店 presents「ドイツ1918-1933」から考える日本の今』の全内容。さらに講義後のインタビューを収録した特別バージョンも販売しています。
詳細は下記のURLをご覧ください。國分功一郎さんからのメッセージ動画も公開中です。
リンク


■國分功一郎さんプロフィール
1974年、千葉県生まれ。東京大学大学院総合文化研究科博士課程修了。博士(学術)。高崎経済大学経済学部准教授。専攻は哲学。著書に『スピノザの方法』(みすず書房)、『暇と退屈の倫理学』(朝日出版社)、『ドゥルーズの哲学原理』(岩波書店)、『来るべき民主主義』(幻冬舎新書)、『哲学の自然』(太田出版、中沢新一氏との共著)、『社会の抜け道』(小学館、古市憲寿氏との共著)、『哲学の先生と人生の話をしよう』(朝日新聞出版)、訳書に、『マルクスと息子たち』(デリダ、岩波書店)、『カントの批判哲学』(ドゥルーズ、ちくま学芸文庫)、『ニーチェ』(オンフレ、ル・ロワ、ちくま学芸文庫)などがある。


■講義内容
1918年、ベルリンに革命が起こってドイツ帝国は倒れ、新しい共和国が生まれます。翌年、共和国は、社会民主主義の台頭を背景に、当時もっとも先進的と言われた「ワイマール憲法」を採択しますが、その後、国内外に抱えた難問に振り回されて14年余りで潰えてしまいます。1933年、ヒトラーが首相に就任したのです。
この間、政治勢力はどう動き、国家権力は何を志向し、そして国民はそれらをどう受け止めていったのでしょうか??それを知ることが、現在の日本の政治に起こっていることを理解する上で参考になると哲学者・國分功一郎さんは考えます。
國分さんが、ワイマール・ドイツを入り口に、日本の現代政治を熱くタブーなく語り尽くす特別講義です。


■販売する音声コンテンツ
・「ドイツ1918-1933」から考える日本の今 インタビュー付きフルバージョン(約2時間13分):900円(税別)
・「ドイツ1918-1933」から考える日本の今 分割版1/3(約44分):300円(税別)
・「ドイツ1918-1933」から考える日本の今 分割版2/3(約42分):300円(税別)
・「ドイツ1918-1933」から考える日本の今 分割版3/3(約41分):300円(税別)
※分割版には特別インタビューの収録はありません。


■「幻冬舎plus(げんとうしゃぷらす)」について
「幻冬舎plus」は、著名作家や有名人の連載が読めるマガジン機能と、電子書籍や上記の音声コンテンツを購入できるストア機能をあわせもった、WEBサービス(PC・スマートフォン対応)です。特集・連載など、「幻冬舎plus」に登場するのは、会田誠、藤沢数希、渡辺ペコ、はあちゅう、藤田晋、壇蜜、角田光代、酒井順子、清水ミチコ、益田ミリ、「バイリンガルニュース」のMami、辛酸なめ子をはじめとした、今注目の執筆陣。

ストアでは、「幻冬舎plus」でしか手に入らないオリジナルコンテンツや、先行発売作品など、出版社運営の自社書店だからこそ可能な、さまざまな特典つきの商品を揃えています。電子書籍のビューワーは専用端末やアプリの必要がないクラウド型なので、インターネットが接続されている環境なら、どなたでもすぐに電子書籍を楽しめます。

また無料会員登録すると、記事のバックナンバー閲覧・お気に入りの連載や記事を管理できるマイページの利用、限定メルマガ配信やストア商品の購入、ポイントサービスなど様々なサービスがご利用いただけます。

「幻冬舎plus」
サイトURL リンク
Facebook リンク
Twitter リンク


■本件に関するお問い合わせ先
株式会社幻冬舎 編集・出版本部 コンテンツビジネス室 担当 柳生
E-mail: keieikikaku@gentosha.co.jp
TEL : 03-5411-6266
FAX : 03-5411-6258
URL : リンク

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。