logo

i.MX6 シングルボードコンピュータ「FS-CPU-CORE」のサンプル出荷を開始

フルカスタム対応により、製品開発のトータルコストの飛躍的な削減を実現

東京エレクトロン デバイス株式会社(本社:横浜市神奈川区、代表取締役社長:栗木 康幸、以下TED) は、フリースケールi.MX6を搭載したスタンドアロン動作可能なCPUモジュール「i.MX6 シングルボードコンピュータ(FS-CPU-CORE)」を開発し、2014年10月2日よりサンプル出荷を開始しました。



inrevium ブランドとして提供するi.MX6 シングルボードコンピュータは、高性能・低消費電力・長期供給が可能なARM Cortex-A9マルチコア内蔵のフリースケールi.MX6を搭載した小型CPUモジュールです。スタンドアロン動作の実現による小規模システムへの搭載から、オプションの拡張ボードと組み合わせた大規模システムへの対応まで、幅広い機器開発への効率的な開発を実現します。


TEDでは、本製品をベースとした搭載OSの変更など、お客様の用途に合わせた本体および拡張ボードのカスタマイズ対応(設計受託)、および量産に対応するマニュファクチャリングサービス(製造受託)のご提案が可能です。短期間かつトータルコストをおさえた製品開発を実現するターンキーソリューションとして最適な製品です。


画像表示・操作を必要とする機器をはじめ、あらゆる産業機器を開発するお客様をターゲットに、3年間で5億円の売上を目標に販売を行っていきます。

■10月6日、FTF Japan 2014に出展
2014年10月6日に開催されるフリースケールとエコシステム・パートナーが開催するプライベート・ショー「フリースケール・テクノロジ・フォーラム 2014 (FTF Japan 2014)」の東京エレクトロンデバイスブースにて、本製品を使用した3D計測システムを展示しデモンストレーションを行います。本製品向けに、株式会社セックがミドルウェア(RT ミドルウェア)を使用した基本ソフトウェアを開発し、株式会社アイヴィスが画像処理部分の開発を担当しています。


*株式会社セックについて:
セックは、「社会の安全と発展のために」をスローガンとし、Realtime@net(ネットワークをベースとするリアルタイム追究)を戦略キーワードとするリアルタイム技術専門会社です。特に、ロボットのコンポーネント化技術であるRTミドルウェアに注力し、RTミドルウェアを軸としたロボットの研究開発、ビジネス開拓を進めています。 URL:リンク

*株式会社アイヴィスについて
アイヴィスは、大手先進的企業・官公庁の新システムから 公的研究機関の研究支援システムを手掛ける、技術力重視の独立系ICT企業です。 URL:リンク


【i.MX6 シングルボードコンピュータ 製品写真ダウンロード】
リンク


【i.MX6 シングルボードコンピュータの主な仕様】
リンク

●搭載CPU: フリースケールi.MX6(デュアルコア ARM Cortex-A9 、最大1.0 GHz) または
(クアッドコア ARM Cortex-A9、最大1.0 GHz)
●搭載メモリ:
・512MBytes DDR3 SDRAM 最大1GBytes(オプション)
・4GByte NAND Flash
・micro SD(SDXC) x 1 CH USB2.0 OGT
●拡張インタフェース:
・USB2.0 OGT x 1 ch
・10/100/1000M Ethernet (RGMII) x 1 ch
・UART x 3 ch
・LVDS 85Mpixels/s (720p at 60Hz)
・SD/iNAND Boot Mode Select Switch
・LED x 4 (Green x 2, Red x 2); Switch x 4 (DIP)
●B2Bコネクタ:
・PCI Express Gen2 x 1 Lane
・SATAII x 1 Lane
・USB2.0(HOST) x 2 ch
・SDIO x 2 ch
・HDMI 1.4a (Not support HDCP1.4) x 1 ch
・CSI MIPI x 1 (4 Lane)
・DSI Parallel,24bit x 1 ch
・DSI MIPI x 1 (2 Lane)
・EIM(External Interface Module) x 1 Port(汎用バス)
・UART x 1 ch
・CAN x 2 ch
・GPIO x 9 (3.3V), x 2 (2.5V)LED x 4 (Green x 2, Red x 2); Switch x 4 (DIP)
●電源電圧:DC5V/2A
●基板サイズ:85mm(W)×75mm(H)
●動作温度範囲:-20℃~70℃

【TB-7Z-IAEブロック図】
リンク


【出荷開始時期】
2014年10月2日よりサンプル出荷開始

【inrevium(インレビアム) について】
東京エレクトロンデバイスは、1985年に開設した設計開発センターの豊富な設計開発経験を活かして、お客様の要求に基づくデザインサービス(設計受託業務)と、市場のニーズを先取りした自社開発商品を、”inrevium(インレビアム)”ブランドで提供する開発ビジネスに注力しています。今後も高付加価値の開発ビジネスに取り組んでいく予定です。

【イベント出展のご案内】
「フリースケール・テクノロジ・フォーラム 2014 (FTF Japan 2014)」
日程:2014年10月6日(月)場所:ザ・プリンス パークタワー東京 参加費:無料 (事前登録制)
詳細およびお申込み:リンク

※ このニュース リリースに記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。

【東京エレクトロン デバイス株式会社について】
東京エレクトロンデバイスは、半導体製品やビジネスソリューション等を提供する「商社ビジネス」と、お客様の設計受託や自社ブランド商品の開発を行う「開発ビジネス」を有する技術商社です。
URL:リンク

<本件に関する報道関係からのお問合せ先>
東京エレクトロン デバイス株式会社 広報・IR室  堀田・福井
Tel:045-443-4005、Fax:045-443-4050
お問い合わせフォーム リンク

<本製品およびサンプル出荷に関するお客様からのお問合せ先>
東京エレクトロン デバイス株式会社 システムソリューション1部 藤田
Tel:045-443-4651、Fax:045-443-4058
お問い合わせフォーム リンク

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事