logo

新しいIntel(R) Xeon(R) プロセッサー・ファミリーベースのサーバーで70を超える QLogic のイーサネット及びファイバーチャネル I/O 接続ソリューションが採用される

QLOGIC LIMITED JAPAN BRANCH 2014年10月02日 12時16分
From PR TIMES

QLogic 16Gb Gen 5 ファイバーチャネル、10Gb イーサネット・アダプターそして CNA は 先進的なコンピューティング環境の次世代サーバーをますますパワフルにします

QLogic は、本日、新しい Intel(R) Xeon(R) processor E5-2600 v3 製品ファミリーをベースにした、次世代サーバーのための包括的なネットワークソリューションを発表しました。



2014年10月2日

ALISO VIEJO, Calif., September 30, 2014 (米国発表時間)

高性能ネットワークインフラ・ソリューションのリーディングサプライヤーである、QLogic (Nasdaq: QLGC) は、本日、新しい Intel(R) Xeon(R) processor E5-2600 v3 製品ファミリーをベースにした、次世代サーバーのための包括的なネットワークソリューションを発表しました。Intel Xeon E5-2600 v3 プロセッサーは、旧バージョンと比較して、演算性能、ストレージ、及びネットワーク処理性能において、300% パフォーマンスが向上しています。それらのサーバープラットフォーム上で 70 以上の QLogic(R) ファイバーチャネル、10Gb イーサネット (10GbE)、及びコンバージド・ネットワークソリューションが、世界のトップサーバーメーカーにより実装されます。QLogic は、I/O コネクティビティーの分野で最も幅広いラインアップをもつ会社の1つであり、Intel Xeon E5-2600 v3 プロセッサーベースのサーバー製品に対して幅広い高性能ネットワーク・オプションを提供します。

データセンター I/O 接続ソリューションのマーケットリーダーである QLogic は、Intel Xeon E5-2600 v3 製品ファミリー搭載サーバーに高性能、拡張性、効率性をもたらします。そして、Intel の新しいプロセッサー・ファミリーと同様に、QLogic のアダプターは、今日のコンピューティング環境で増え続ける拡張性と I/O 処理能力の向上ニーズを満たすよう設計されています。

「エンタープライズ IT の仮想化、ビッグデータ及びハイパースケールコンピューティングは、演算性能とストレージ資源に、さらなる負担をかけています」と、QLogic のマーケティング担当副社長 Vikram Karvat は述べています。「そして、Intelはこの傾向に対処する改良されたプロセッサーを開発しました。QLogic もこのプロセッサーの能力を最大限に生かす、高度な I/O ソリューションを開発し、プラットフォーム全体の性能を最大限に引き出します。そして新しい Intel Xeon プロセッサー・ファミリーのリリース以降、Gen 5 ファイバーチャネルと 10Gb イーサネットの採用が大幅に増加している傾向が既に見えてきています」


QLogic Gen5ファイバーチャネル・アダプター: 競合を凌ぐセキュリティー、信頼性及び拡張性

QLogic Gen 5 ファイバーチャネル・アダプターは、信頼性が重要になってくる広帯域、I/Oインテンシヴなアプリケーション、例えば、ストリーミング・メディア、OLTP、ビッグデータ解析、データウェアハウスなどに対応できるように設計されています。QLogic Gen 5 ファイバーチャネル・テクノロジーの基盤となるドライバースタックの信頼性は、世界中のエンタープライズ・データセンター向けの 1500 万ポートを超える出荷実績で証明されています。

QLogic デュアルポート ASIC は、QLogic 独自のマルチポート・トラフィック分離技術に基づいて設計されており、デュアルポートアダプターにおいて高い信頼性と安全性を実現しています。この独自の技術は、アダプターのそれぞれのポートで、完全なオンチップCPU及びメモリーの独立性を提供し、もし1つのポートに問題が起きても、もう1つの完全に分離されたポートでは、影響を受けずに安全に動作し続けることができます。2つの独立したチャネルなので、I/O の不均衡、エラーリカバリー、またはファームウェアアップデートなどは、他方のポートに影響を与えません。これは、エンタープライズ・データセンターにとって欠かせない要件であり、最高レベルのミッションクリティカルなアプリケーションの可用性が保証されると言えます。


QLogic10Gbイーサネット: 柔軟性を兼ね備えた高性能ソリューション

低 CPU 負荷でラインレート 10GbE のパフォーマンスをもたらすQLogic 10GbE アダプターは、今日のコンピューティング環境において抜きん出たパフォーマンスを発揮します。QLogic 10GbE アダプターは、マルチプロトコル・オフロードやLAN (TCP/IP) と SAN (FCoE、iSCSI) プロトコル・オフロード処理の同時実行を1つの共有された10GbEリンク上で行うことを可能にし、ユーザーに最大限の柔軟性を提供します。そして、超低 CPU 使用率を実現する設計により、ユーザーがよりビジネスクリティカルなアプリケーションや仮想マシン (VMs) の移動のためにサーバーサイクルを使うことを可能にします。

【米国 QLogic 社について】
米国 QLogic 社 (Nasdaq: QLGC) は、アダプターやスイッチ、ASIC など高性能ネットワークのグローバル・リーダーで、世界の大手 OEM /チャネル・パートナー様のデータ、ストレージ、サーバー・ネットワークのソリューションに使用され、大きな信頼を得ています。QLogic は、NASDAQ Global Select に選ばれ、S&P 500 にも名を連ねています。詳細はウェブ(www.qlogic.com)をご覧ください。

QLogic Limited 日本支社
〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂 1-12-1渋谷マークシティ W22F
TEL:03-4360-5505 (代表) Fax:03-4360-5504

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。