logo

IPXI、無線通信のための必須特許の複数当事者オファリングを発表

Intellectual Property Exchange International, Inc. (IPXI) 2014年10月02日 11時10分
From 共同通信PRワイヤー

IPXI、無線通信のための必須特許の複数当事者オファリングを発表

AsiaNet 57966

IPXI、無線通信のための必須特許の複数当事者オファリングを発表

一流の会社、大学、および研究機関のスポンサーがIEEE 802.11nに関する
ULRコントラクトに集結

シカゴ発、2014年10月2日 ― 世界初の知的財産権のライセンシングおよび取引を行う国際知的財産取引所は本日、世界で最も広く採用されている無線技術に関する標準プロトコルを含んだ標準必須特許(SEP)技術の複数当事者(マルチパーティ)オファリングを発表した。このユニット・ライセンス権TM(ULRTM)コントラクトは、一流のコンシューマーエレクトロニクスおよび通信会社、大学や研究機関を含む8機関の特許権に基づくものであり、無線ラン(wireless local area network=WLAN)通信におけるより高い処理能力のためのIEEE 802.11n標準に必須のものである。

本件802.11nマルチパーティ・オファリングの特許出者は:
 ・コロンビア大学
 ・フラウンフォファー ゲゼルシャフト(FhG)
 ・株式会社JVCケンウッド
 ・フィリップスN.V.
 ・三菱電機研究所 インコーポレイテッド(MERL)
 ・オランジェ S.A.(フランステレコム)
 ・ソニー株式会社
 ・カリフォルニア大学

本件オファリングは20ヶ国弱の国々で発行された200弱の特許を含んでいます。各ULRコントラクトはこれらの特許に基づく1,000個のチップセットの生産および販売に係る非排他的ライセンス権を供給するものである。

802.11n標準に則った無線チップセットはスマートフォン、タブレット、PC、アクセスポイント、ルーター、およびゲートウェイ等の商品によく使用されている。これらのチップセットは無線通信技術を構成するために必要な部品であり、標準に準拠することによりデバイス間の相互運用性を推進するものである。技術市場の一流調査企業であるインターナショナル・データ・コーポレーション(IDC)提供のデータに基づいたIPXIの分析によれば、2019年の終わりまでに、IEEE 802.11n標準に準拠した本件マルチパーティ・オファリングがカバーする国々で約80億個の無線チップセットが生産または販売されるであろうと予測されている。

このオファリングは将来、802.11nオファリングの追加参加者のために、今後に発行されるシリーズに転換できるよう構成されている。

シリーズ1 ULRコントラクトの早期購入者は、過去における標準必須特許の使用に係る債務から解放される仕組みであるIPXI 802.11nアムネスティ(免責)プログラムの特典を利用することができる。更には、シリーズ 1の購入者は、シリーズ 1で未使用のコントラクトを後続シリーズに割引価格で転換でき、かつシリーズ 1で使用したコントラクトで追加の支払いをせずに債務の免責を受けることができる。

標準をベースとするライセンシングに対するIPXIのアプローチは、自らのRAND(合理的かつ非差別的)ライセンシング債務に対するソリューションを期待する他のSEP保有者の関心を惹きつけた。今般IPXIは次のシリーズで、追加の特許保有者の付託を受け入れる予定である。

IPXIの社長兼最高経営責任者であるジェラード パネクックは次のように述べた:「複数特許保有者による標準特許のライセンシングは、ULRコントラクトのプールを通して、技術のより広い採用を推進する一方、技術提供者の取引コスト削減にプラスの効果を齎した。このオファリングは、RANDの必要条件に適合する新しいパラダイムを確立することにより、SEPライセンシングの里程標となった。標準化され、非差別を基本とするIPXIコントラクトはマーケットベースで値決めを行うため、二当事者間交渉でのRANDコンプライアンスの決定に係る問題点を解決できる理想的な方法である。」

本件オファリング関連の書類はデータルームにあり、IPXIのウェブサイトからアクセス可能である。


IPXIについて

IPXIは知的財産権のライセンシングおよび取引を行う世界初の金融取引所である。IPXIのミッションは、知的財産のための中央市場を創ることにより、知財保有者、投資家、およびトレーダーの価格発見、取引の効率化、およびデータ配布に対するニーズに応えることである。IPXIはCBOE Holdings(Nasdaq: CBOE)やKoninklijke Philips N.V. (Philips) (NYSE:PHG)を含む米国とヨーロッパの投資家から出資を受けている。IPXIのメンバーは世界でも有数な革新的一流企業と名門で一流の大学と国立研究所を含む。IPXIのメンバーは:Ford Global Technologies, LLC; Philips Intellectual Property & Standards; JPMorgan Chase Bank, N.A.; Sony Corporation of America; Panasonic Intellectual Property Corporation of America; the Regents of University of California; Columbia Technology Ventures; Northwestern University; Lawrence Livermore National Laboratories; Fraunhofer-Gesellshaft等。 IPXIに関する更なる情報については、Exchange Fact Sheetをご覧いただくか、www.ipxi.comをお訪ねください。

(日本語リリース:クライアント提供)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。