logo

日立コンサルティングがシンガポールのStone Apple企業グループを買収

日立コンサルティング 2014年10月01日 17時30分
From 共同通信PRワイヤー

日立コンサルティングがシンガポールのStone Apple企業グループを買収

AsiaNet 58104 (1082)

【シンガポール2014年10月1日PRN=共同通信JBN】
*今回の戦略的買収はあらゆる分野のテクノロジー実装とアウトソーシングサービスを提供する日立コンサルティング(Hitachi Consulting Corporation)の能力強化とともに、成長する東南アジアとブラジル市場における可能性拡大を一段と進めることになる

日立製作所のグローバルな経営コンサルティング、ITサービス事業子会社、日立コンサルティングは1日、Stone Apple社を買収したと発表した。同社は企業アプリケーション、エンベデッドシステム、ビジネスインテリジェンスおよび分析、企業コンテンツおよびインテグレーション、マネージドサービスのスペシャリストである。買収はこれらそれぞれの分野のクライアントに対して、測定可能で持続的なビジネス成果を提供する日立コンサルティングのフィージビリティースタディー能力の強化およびシンガポール、マレーシア、タイ、ベトナムなど東南アジアへの日立コンサルティングのプレゼンスを拡大し、ブラジルでの強固な基盤を提供する。

Stone Appleは急成長中のテクノロジーコンサルティング企業であり、顧客のビジネス変革を進め、テクノロジーソリューションの効果的実装を通じてビジネス目標を達成することを支援している。Stone Appleは9カ国に1500人余りの従業員を抱え、金融サービス、公益事業、製造業、教育、ヘルスケア、公共部門に複雑な世界的プロジェクトを提供するためクライアントと協力する。同社は5年間という短期の事業中にこのようなレベルの成長を支えるため、SBI Islamic Fund(ブルネイ)、OSK Ventures International Bhd、Philip Asia Pacific Opportunity Fund、First Floor Capital経営のファンドContinuum Capital(マレーシア)など優良投資家と提携している。

日立コンサルティングのフィル・パー社長兼最高経営責任者(CEO)は「われわれはStone Appleの買収に興奮している。同社は優れた企業アプリケーション、分析サービスプロバイダーであり、オラクル(Oracle)とSAPのテクノロジーに強力な専門知識を持っている。同社は複雑な世界的関わりへのテクノロジー採用を可能にする深い業界経験と事業領域経験をうまく活用する。われわれは急速成長中のアジア太平洋と中南米に強力なパートナーを求めており、Stone Appleは当社組織によく適合する。われわれはStone Appleがもたらす経験の深さと広さを付加して、世界のクライアントにより良いサービスを提供する機会に期待している」と語った。

Stone Apple企業グループの創業者であるマドゥジート・チムニ氏とCEO兼最高執行責任者(COO)のバラドワジ・チウクラ氏は「Stone Appleはテクノロジーと最適のビジネスプロセスを通じて、顧客企業に有形の価値を付け加える保証を与えるとの社是によって創設された。われわれはアジアと南米の両地域にその国の専門知識を提供することで、世界的な守備範囲を実現したことを誇りに思う」と声をそろえた。またブラジルのマネジングディレクター、リカルド・ヌネス氏は「日立コンサルティングは明らかにわれわれと同じ情熱を持ち合わせており、われわれはこのような能力に基づいて進め、自分たちの事業分野で市場をリードする立場を発展させるため、日立コンサルティングとStone Appleの人材を結集したい」と語った。

▽日立コンサルティング(Hitachi Consulting Corporation)について
北米、欧州、中東、アジア全域で業務を展開する日立製作所のグローバルコンサルティング企業として、日立コンサルティングは多くの業界のグローバル2000社に実証済みのビジネス・IT戦略とソリューションを提供することで認めたれたリーダーである。同社は戦略、人材、プロセス、テクノロジーに対するバランスのとれた見解を持ち、それぞれの企業ニーズを理解し、実践的なビジネス戦略とテクノロジーソリューションを開発するため企業と協力する。アプリケーション展開を通じたビジネス戦略開発によって、同社コンサルタントは測定可能なビジネスの価値を迅速に実現し、持続的なROI(投資利益率)を達成することにコミットしている。

日立コンサルティングはインド(バンガロール、プネ、ハイデラバード)、中国(広州)、ポルトガル(リスボン)、米国(ファーゴ、ノースダコタ、テキサス州カレッジステーション)にあるグローバル・デリバリーセンターを含む21カ国に駐在する約5000人のプロフェッショナルを通じて、50カ国以上のクライアントにサービスを提供し、深いコンサルティング&IT専門知識を提供している。

詳細はTwitter: @HIT_Consulting をフォロー。
日立コンサルティング・ニュースのRSSフィードの購読契約は以下を参照。
 リンク

▽日立製作所(Hitachi, Ltd.)について
日立製作所(Hitachi, Ltd.、東京証券取引所:6501)は東京に本社があり、優れたチームと世界市場における実証済み経験によって社会の諸問題に対応する。2013年度(2014年3月31日現在)の同社連結売上高は9兆6160億円(約934億ドル)。日立はインフラストラクチャーシステム、情報&通信システム、電力システム、建設機械、高機能資材&部品、自動車システム、ヘルスケア、その他を含むソーシャルイノベーション・ビジネスによりいっそう注力している。より詳しい情報はリンク を参照。

ソース:Hitachi Consulting

▽問い合わせ先
Jo-Ann McIntosh, Director, Corporate Marketing, Hitachi Consulting,
+1 303.813.6059,
Jo-Ann.McIntosh@hitachiconsulting.com

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事