logo

西友、PB「みなさまのお墨付き」商品開発における新戦略 季節・トレンドに合わせた“シーズナルフレーバー”を投入

合同会社西友 2014年10月01日 15時00分
From Digital PR Platform


合同会社西友では、人気のPB(プライベートブランド)「みなさまのお墨付き」の商品開発における新戦略として、有名メーカーのNB(ナショナルブランド)商品で季節やトレンドに合わせた商品変更頻度が高いカテゴリーにおいて、既存の定番商品に加えて数量限定の『シーズナルフレーバー』商品を投入する取り組みを開始します。第一弾として、カップ麺とポテトチップスの2カテゴリーにて導入。カップ麺では「鶏白湯塩ラーメン(80円、77g)」「うま辛いラーメン(80円、76g)」、ポテトチップスでは「コーンバター味」「梅わさび味」(各75円、60g)を、10月1日(水)から全国の西友371店舗にて発売します。

昨今、カップ麺とポテトチップスのカテゴリーでは、NB商品が季節やトレンドに合わせて短期間で商品の入れ替えを実施することで、お客様の嗜好の変化にスピーディーに対応し好調な売り上げを維持しております。このたびの新戦略では、消費者テストによって、味・価格・量において好評価を得たもののみ商品化することでお客様のニーズにお応えしている西友のPB「みなさまのお墨付き」においても、NB商品と同様の手法を導入。納得いただける品質かつNBよりも低価格なシーズナルフレーバー商品を提供することで、よりいっそうお客様の満足度を高めてまいります。第一弾でのお客様の反響を参考に、今後の展開カテゴリーの拡大を検討する予定です。

今回発売するカップ麺は、現在ラーメン界でトレンドの“鶏と野菜の旨み”をきかせたスープをベースに開発した「鶏白湯塩ラーメン」と食べやすい辛さの「うま辛いラーメン」の2種類です。特製油付きにもかかわらず、いずれも80円という圧倒的低価格で提供いたします。ポテトチップスでは、売れ筋の食べきりサイズで2種類を発売。お子様にも人気のコーンとバターのほんのりとした甘さが特長の「コーンバター味」と、梅の爽やかな酸味とワサビのツンとした適度な刺激が楽しめる、お茶受けにもおつまみにもぴったりな「梅わさび味」を、75円というお手頃な価格で提供いたします。

西友のPB「みなさまのお墨付き」は、2012年12月にデビュー、消費者テストで味・価格・量について好評価をいただいたもののみ商品化するユニークなコンセプトで開発される商品です。発売以来、売上は順調に伸長しており、2014年1月~8月の累計売上高は前年比約30%増、同累計売上点数は前年比約40%を記録しております。現在、約480アイテムを提供しており、2014年末までに600アイテムまで拡大する計画です。

【商品概要】
※すべて数量限定です
※括弧内は規格、売価(税抜)、支持率

『鶏白湯塩ラーメン』(77g/80円/86.5%)
鶏の旨みたっぷりの濃厚白湯スープに別添の鶏油入り特製油で更にコクアップ。

『うま辛いラーメン』(76g/80円/72.1%)
程よい辛さとコクのあるスープ。別添のラー油入り特製油でさらにコクと辛さアップ。

『ポテトチップス コーンバター味』(60g/75円/87.0%)
コクのあるコーンとバターの甘み

『ポテトチップス 梅わさび味』(60g/75円/90.0%)
梅の爽やかな酸味とワサビのツンとくる刺激

【みなさまのお墨付きについて】
「みなさまのお墨付き」は、消費者による厳正な試食テストにおいて、味・価格・量などに関しての評価を集計、70%以上の方が「非常に良い」、もしくは「良い」と回答した製品のみを商品化する仕組みを導入した、西友のプライベートブランドです。

■消費者テストの概要
対象者:
・20~60代の主婦を中心とした一般消費者(東京・名古屋・大阪・その近隣に在住)
手法:
・ブランド名や会社名、パッケージデザインは一切開示せず、試作品1つあたり100人以上が試食・試飲
・味・価格・量に対して、「非常に良い/良い/良くない/全く良くない」の4段階評価を集計
合格基準:
・対象者の70%以上から「非常に良い」もしくは「良い」をいただいたものだけを商品化

■グッドデザイン賞について
「みなさまのお墨付き」は、2013年度グッドデザイン賞(主催:公益財団法人日本デザイン振興会)を受賞しました。受賞に関する詳細は、グッドデザイン賞ウェブサイト内の紹介ページをご確認ください。リンク

■関連URL
HP:リンク
Facebook:リンク
Twitter:リンク

<本件に関する一般の方からのお問い合わせ先>
西友フリーダイヤル 0120-360-373

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。