logo

「箕面・世界子どもの本アカデミー賞」授賞式を開催

箕面市では、11月1日(土)午後2時から箕面市立メイプルホール大ホールで、子どもたちの運営による「箕面・世界子どもの本アカデミー賞」授賞式を行います。

箕面市では、11月1日(土)午後2時から箕面市立メイプルホール大ホールで、子どもたちの運営による「箕面・世界子どもの本アカデミー賞」授賞式を行います。
授賞式には、絵本賞を受賞した「王さまと九人のきょうだい」の訳者君島久子さん、作品賞を受賞した「ぼくらの七日間戦争」の作者宗田理さん、主演女優賞を受賞した「かあちゃん取扱説明書」の作者いとうみくさんが出席し、子どもたち手作りのオスカー像が贈られます。
この賞は、子どもたちの読書意欲を高め、読書活動をさらに推進することをめざして2010年の国際読書年に創設した賞です。世界中には「大人が選ぶ」子どもの本の賞はたくさんありますが、この賞はそれらの賞とは違い、「子どもが本当に支持している本を、子ども自身が選ぶ」、全国でもたいへん珍しい取り組みです。
また、各学校へのオーサービジット(受賞作家などの学校訪問)も行う予定です。


1.授賞式
「箕面・世界子どもの本アカデミー賞」の授賞式は、市内の小・中学校の児童生徒たちが司会進行から受賞作家へのオスカー像贈呈やインタビューまで、運営を担当します。
   
今年のオスカー像は、とどろみの森学園の創作部員が思いを込めてデザインし、寄木細工で制作したもので、当日受賞者に手渡されます。

  ●日時 11月1日(土)午後2時開式
  ●場所 箕面市立メイプルホール大ホール(入場無料)
  ●授賞式参加作家
【絵本賞】「王さまと九人のきょうだい」  ・君島 久子さん(訳者)   
 君島さんからのコメント:ロングセラー50年目に、こんなすてきな賞をいただけるなんて夢のようです。天国の赤羽先生もさぞお喜びの事でしょう。
           
【作品賞】「ぼくらの七日間戦争」   ・宗田 理さん(作者)
 宗田さんからのコメント:「ぼくらの七日間戦争」が今も読まれているのがうれしいです。

【主演女優賞】「かあちゃん取扱説明書」のかあちゃん ・いとう みくさん(作者) 
 かあちゃんからのコメント:「かあちゃんが主演女優賞!?」って、哲哉もお父さんもびっくり。おーほほほ!選んでくれてありがとう。


2.今年度の受賞作品
「箕面・世界子どもの本アカデミー賞」にノミネートされた本の中から、約1万人の小中学校の子どもたちが投票した結果をもとに、絵本賞・作品賞・ヤングアダルト賞・主演女優賞・主演男優賞の受賞5作品を決定しました。
<各部門受賞作品>
絵本賞 王さまと九人のきょうだい 君島久子 訳・赤羽末吉 絵(岩波書店) 小学校1~2年生による投票891票/2,834票中
作品賞 ぼくらの七日間戦争 宗田 理 作(ポプラ社) 小学校3~6年生による投票1,934票/5,255票中
ヤングアダルト賞 都道府県の持ちかた バカリズム 著(ポプラ社) 中学校1~3年生による投票914票/3,127票中
主演男優賞 「グレッグのダメ日記」のグレッグ  ジェフ・キニー 作・中井はるの 訳(ポプラ社)小学校3~6年生による投票1,923票/5,241票中       
主演女優賞  「かあちゃん取扱説明書」 のかあちゃんいとうみく 作・佐藤真紀子 絵(童心社) 小学校3~6年生による投票2,435票/5,260票中



3. 「箕面・世界子どもの本アカデミー賞」概要

「箕面・世界子どもの本アカデミー賞」は、子どもたちの読書意欲を高め、読書活動をさらに推進することをめざして2010年の国際読書年に創設した賞です。世界中には「大人が選ぶ」子どもの本の賞はたくさんありますが、この賞はそれらの賞とは違い、「子どもが本当に支持している本を、子ども自身が選ぶ」、全国でもたいへん珍しい取り組みです。
「箕面市では、平成4年から市立小・中学校に専任の学校図書館司書の配置を始め、平成10年に全小・中学校への配置を完了し、全国に先駆けて子どもたちの読書活動を推進してきました。全ての市立小・中学校の子どもたちが参加するこのような取り組みは、専任の学校図書館司書を配置している箕面市だからこそ実施できる取り組みです。
平成24年度からは、市内私立小・中学校もこの取り組みに参加するなど、読書活動が広がっています。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。