logo

チェーンストア向け多機能タブレットPOSレジを開発・販売 2014年10月1日よりプラザクリエイト580店舗に導入 - 業界初の実店舗楽天ポイント機能搭載 -

株式会社 エスキュービズム・ホールディングス 2014年10月01日 11時00分
From PR TIMES

EC/小売業向け開発・ソリューション提供の株式会社エスキュービズム・テクノロジー(本社:東京都港区、代表取締役社長 武下真典、リンク 以下 Sテック)は、iPadやWindows8タブレットPCに対応したPOSレジソリューション『EC-Orange POS』をベースに、多店舗展開のチェーンストア向け多機能タブレットPOSレジを開発し、販売を開始しました。本年10月から株式会社プラザクリエイト(代表取締役:大島康広、本社:東京都中央区、以下、プラザクリエイト)が全国に展開するパレットプラザ、55ステーション計580店舗に導入を開始します。



■チェーンストア向け多機能タブレットPOSレジ 新しい3つのポイント

ポイント1.タブレットPOSレジ専用オリジナル什器の開発
チェーンストアではこれまでPOSレジ専用のハードウェアが用いられてきました。近年の汎用タブレットPCの普及とPOSレジアプリケーションの進化により、安価かつ多機能なPOSシステム導入が可能になりました。現金を扱うレジは消費者に対しても店舗スタッフにおいても、操作しやすさ、安定感・安心感が重要です。タブレットをむき出しで利用せず、専用オリジナル什器で覆うことで従来のレジ形態と操作性を維持踏襲し店舗オペレーションに支障が出ないよう配慮しました。

ポイント2.楽天が開始する「Rポイントカード」との連動機能を搭載
楽天が10月1日から開始する「Rポイントカード」に対応。実店舗で楽天ポイントが利用できるPOSレジとしては、業界初です。プラザクリエイトでは、新規顧客獲得を目的とした集客ツールとして、楽天ポイントの導入を10月1日より順次開始する予定です。これにより、実店舗での楽天ポイント付与ならびにネットモールの楽天市場で貯めたポイントを、プラザクリエイトの全店で使用することができるようになります。

ポイント3.レジ前でプラス一品を適切にお勧め、客単価UP
購買履歴に基づいて、顧客特性(その人の趣味や嗜好)に沿った商品のお勧めが可能です。
お客様の購買意欲が最も高まっている会計時に関連商品をカスタマーディスプレイ上に表示させることができます。店員は、POSレジ上に表示される購入履歴やセット商品と本部指示によるセールストーク用の文章を見ながら、接客をすることが可能となります。


■会社概要
社 名 : 株式会社 エスキュービズム・テクノロジー( リンク
代表者 : 代表取締役社長 武下真典
所在地 : 東京都港区芝公園2-4-1 芝パークビル A館 4階
設 立 : 2014年4月1日(同日付で株式会社エスキュービズムからソリューション事業を承継)
資本金 : 50,000,000円
事業内容: 1.オムニチャネルソリューション/O2Oソリューション/EC構築ソリューション事業
2.タブレットソリューション事業
* 記載されている会社名及び商品名/サービス名は、各社の商標または登録商標です。


【お問い合わせ】
株式会社 エスキュービズム・テクノロジー
電話 (03)6430-6730
メール support@ec-orange.jp

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事