logo

Autodesk Revit 2015の新機能および機能改良をサブスクリプション契約者向けに提供開始

オートデスク株式会社は、ビルディング・インフォメーション・モデリング(BIM)アプリケーション「Autodesk(R) Revit(R) 2015」に新機能追加と機能改良した「Autodesk Revit 2015 R2」を本日10月1日より、Maintenance Subscription(メンテナンス サブスクリプション、注1)またはDesktop Subscription(デスクトップ サブスクリプション、注2)契約者に無料で提供開始します。これらはAutodesk Subscriptionセンター(リンク )からダウンロードで提供します。(注3)

今回提供する新機能などは、意匠、構造、設備(機械、電気、配管)などの分野で、これまでユーザから要望のあった30以上の項目について機能強化、アプリケーションとしての性能の向上、業務生産性の向上を実現しました。また、当社が従来から注力している「Integrated BIM」の一環として、他のアプリケーションとの連携を高めて業務フローの生産性を向上させました。Revit 2015 R2は、Revit 2015とファイル形式が同じで、完全互換性があります。


主な新機能と改良した機能
【意匠設計向け】
・複数の壁の結合部の編集を1回のクリックで可能に
・各ビュー タグがハイパーリンクとなるように、PDF書き出しを強化

【構造設計向け】
・任意の2Dビューで鉄筋を配置可能
・構造フレーム要素の方向を反転させてモデルを調整可能

【設備設計向け】
・回路シーケンスで、電気回路が作成される順番を指定
・電気回路のパネルをリスト内から検索可能

【プラットフォーム機能など】
・リンクされたIFCモデルのジオメトリを参照して、寸法記入、位置合わせ、スナップ、ファミリのホストに活用可能
・ファミリの複数のインスタンスを含むビューのレンダリングと更新の処理速度の向上を実現
・建物のエネルギー性能に関する予測情報を、カスタマイズ可能なダッシュボードで表示可能に
・[拘束のリビール]モードで、すべての寸法拘束や位置拘束を表示して、問題点を確認
・ビジュアル プログラミングを実現するオープンソース DynamoをRevitとともにインストール
・大規模なモデルの分析に要するメモリー使用量を削減してパフォーマンスを向上
・ビュー内のRevitリンクの表示を高速化
・パースビューで複数の作業が可能になり、ビューを変えずに迅速な修正が可能
・タイプ セレクタ内の検索機能により、コンテンツをより迅速に検出可能

【Site Designer Extension for Revit 2015】(英語のみ)(注4)
・複雑な地形面や駐車場、擁壁、歩道などのサブ領域、建築舗装など、外構全体を一つの建設モデルとして編集することが可能。この建設モデルはLand XMLファイルでAutodesk AutoCAD(R) Civil 3D(R) 2015でも扱うことができるので、綿密な業務連携が期待できる。


注1:技術サポート、クラウドサービス、新機能などを提供する保守サービス

注2:期間を選択して利用するライセンス形態

注3:
・Autodesk Revit 2015 R2は、「Autodesk Building Design Suite Premium」、「Autodesk Building Design Suite Ultimate」、「Autodesk Infrastructure Design Suite Ultimate」のSubscription契約者に提供されます。
・「Autodesk Revit Architecture」、「Autodesk Revit Structure」、「Autodesk Revit MEP」のSubscription契約者には、それぞれのアプリケーションに対応するAutodesk Revit 2015 R2が提供されます。
・「Autodesk Revit LT(TM) 2015 R2」は、「Autodesk Revit LT」、「Autodesk AutoCAD Revit LT Suite」のSubscription契約者に提供されます。

注4:「Site Designer Extension for Revit 2015」 (英語版のみ)は以下のパッケージとアプリケーションのSubscription契約者がご利用可能で、Autodesk SubscriptionセンターまたはAutodesk Exchange Apps (リンク )からダウンロードしていただけます。
・Autodesk Building Design Suite Premium
・Autodesk Building Design Suite Ultimate
・Autodesk Infrastructure Design Suite Premium
・Autodesk Infrastructure Design Suite Ultimate
・Autodesk Revit Architecture
・Autodesk Revit Structure
・Autodesk Revit MEP


以上


オートデスク株式会社概要
本 社:東京都中央区晴海1-8-10  晴海アイランド トリトンスクエア オフィスタワーX 24F
代表取締役社長:ルイス・グレスパン
設 立: 1985年4月1日
資 本 金: 1億円
ホームページ:リンク 

Autodesk, Inc.会社概要
豊かな想像力と発想を基に、より良い世界を創り出す――オートデスクは、より良い世界を創り出す「デザイン」分野で世界中の人々を支援しています。設計者から、建築家、デジタル・アーティスト、学生、ホビー・ユーザまで、あらゆる人々が自身の創造力を存分に発揮し、大きな成果を上げられるよう、オートデスクは優れたソフトウェア製品を提供します。

Autodesk、AutoCAD、Civil3D、Revit、Revit LTは、米国および/またはその他の国々における、Autodesk, Inc.、その子会社、関連会社の登録商標または商標です。その他のすべてのブランド名、製品名、または商標は、それぞれの所有者に帰属します。該当製品およびサービスの提供、機能および価格は、予告なく変更される可能性がありますので予めご了承ください。また、本書には誤植または図表の誤りを含む可能性がありますが、これに対して当社では責任を負いませんので予めご了承ください。
(c) 2014 Autodesk, Inc. All rights reserved.

このプレスリリースの付帯情報

Site Designer Extension for Revit

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。