logo

PW Power SystemのFT4000次世代航空転用ガスタービンのテストを成功裏に完了

PWパワーシステムズ 2014年10月01日 09時25分
From 共同通信PRワイヤー

PW Power SystemのFT4000次世代航空転用ガスタービンのテストを成功裏に完了

AsiaNet 58078

【グラストンベリー(米コネティカット州)2014年9月30日PRN=共同通信JBN】三菱重工グループ企業のPWパワーシステムズ(PW Power Systems, Inc.、PWPS)は30日、同社最新の航空転用電力ソリューション、FT4000(TM)ガスタービンの初期認定テストを成功裏に完了したと発表した。FT4000(TM)ガスタービンのテストは米フロリダ州ウエストパームビーチにあるプラット・アンド・ホイットニー(Pratt & Whitney)テスト総合施設で行われた。

2カ月以上にわたるテストの結果は、予備テスト予測および顧客の要件を使って性能、排気、構造設計完全性を実施した。テストの成功によって、FT4000(TM)ガスタービンの運用・性能特性が認証され、2015年12月に予定されている商用的導入の準備が整った。テストの成功によって、最初の120MW単純サイクルFT4000(TM)SWIFTPAC(R)発電ユニットを11月にExelon Corporationに納入することが可能となる。Exelonは、約3万5000MWの容量を保有する米国の大手エネルギープロバイダーであり、同国で最もクリーンで低コストの発電の1つである。

PWPSは長年にわたり、信頼性があり効率的なガスタービン・エンジンを提供してきた実績がある。成功したFT8(R)SWIFTPAC(R)発電所の実証機能が内蔵するモジュラー設計を備えたFT4000(TM)エンジンはプラット・アンド・ホイットニー(Pratt & Whitney(R))PW4000(TM)転用ガスタービン発電機によって駆動され、少ない設置面積の中で名目上60MWから120MWの信頼できるピーキングおよびベースロード電力を提供する。FT4000(TM)エンジンはシンプルサイクル、コンバインドサイクル、コジェネレーション・アプリケーション向けに設計されている。FT4000(TM)SWIFTPAC(R)ユニットは市販されている航空転用ガスタービン発電機パッケージの中で最高の出力を提供する。

FT4000(TM)ガスタービンのテストの成功は、当社の長い歴史の新たなチャプターを開いた。PWPSが提供する最新ガスタービン発電パッケージは、業界の発電需要を満たす高効率、環境に配慮したオプションを業界に提供する。

▽PWパワーシステムズ(PW Power Systems, Inc.、PWPS)について
PW Power Systems, Inc. (PWPS)は米コネティカット州グラストンベリーに本社があり、発電業界向けエネルギー・ソリューションを供給する世界的リーダーである。PWPSはガスタービン・パッケージ、工業用ガスタービンのアフターマーケット・サービス、エンジニアリング・調達・建設(EPC)サービスを含む、さまざまな製品とサービスを提供する。PWPSは世界有数の重機械メーカーであり、2014年3月31日までの会計年度の連結売上高が約325億ドルの三菱重工(本社東京)のグループ企業である。三菱重工の多様な製品およびサービスは、造船、発電プラント、化学プラント、環境機器、鉄鋼構造物、工業用および一般機器、航空機、宇宙システム、空調システムなど。PWPSの詳細はリンク を参照。

ソース:PW Power Systems, Inc.

▽問い合わせ先
David Maher
+1-860-368-5536
David.Maher@pwps.com

Lucia Maffucci
+1-860-368-5535
Lucia.Maffucci@pwps.com

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事