logo

産総研、介護向けセラピー・ロボットと薄膜熱物性測定装置のベンチャー支援事例をサイトに掲載

独立行政法人産業技術総合研究所 2014年10月01日 08時32分
From 共同通信PRワイヤー

2014年10月1日

独立行政法人産業技術総合研究所 イノベーション推進本部 ベンチャー開発部

産総研、介護向けセラピー・ロボットと薄膜熱物性測定装置のベンチャー支援事例をサイトに掲載

独立行政法人産業技術総合研究所【理事長:中鉢 良治】(以下「産総研」という)は、アザラシの形をしたメンタルコミットロボット「パロ」を開発している株式会社知能システムと、薄膜熱物性測定装置「PicoTR」「NanoTR」の開発・販売元の株式会社ピコサームの2社について、ベンチャー創出支援事業を広く紹介するウェブサイト(サイト名「TECH Meets BUSINESS」)に追加掲載しました。

現在では、ヨーロッパを中心にして広く介護分野で導入されているパロは、世界で最もセラピー効果のあるロボットとしてギネス世界記録に認定されていますが、もともと産総研内で研究開発がスタート。いくつもの試作を行ない、10年越しの苦労を経て発売に漕ぎつけました。パロの研究開発を行なった柴田氏は、今後もパロの導入実績や効果の検証を行ない、一層の普及に努めていきたいとのこと。

また、昨今の電子機器は、ナノメートル・マイクロメートルといったとても薄い膜が使われ、わずかな発熱でも性能の低下が懸念されるまでに精密化されています。製品開発へとつなげていく中で大きな関心が集まっているのが、発生する熱とその制御です。ピコサーム社が扱っている薄膜熱物性測定装置を使用することによって、それぞれの薄膜材料が持つ熱の伝わりやすさを世界で初めて精度よく測定し、問題解決のデータを得ることができます。産総研の計測標準研究部門熱物性標準研究室発の技術シーズを元に開発されました。

知能システム社、ピコサーム社を含め、産総研技術移転ベンチャーのインタビュー記事が、ベンチャー支援広報ウェブサイト(「TECH Meets BUSINESS」)に掲載されています。

TECH Meets BUSINESS:
リンク



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。