logo

TBWA HAKUHODO QUANTUMが自転車安全グッズの商品化に向けてデザインコンセプトを独自開発

株式会社TBWA HAKUHODO 2014年09月30日 17時53分
From Digital PR Platform


株式会社TBWA HAKUHODO (本社:東京都港区、代表取締役社長兼CEO: 座間一郎)が立ち上げた新組織「TBWA HAKUHODO QUANTUM(以下クオンタム)」は、ファッション性の高い自転車安全グッズのデザインコンセプトを開発。2014年レッド・ドット賞デザインコンセプト部門でベスト・オブ・ザ・ベストを受賞しました。クオンタムは現在、商品化に向けて提携するパートナー企業を探し、オープンイノベーションの概念に従って商品化を推進しています。

クオンタムは、TBWA HAKUHODOが広告の領域を超えたビジネスを展開するために設立した組織で、事業化を目的とした独自のプロダクトおよびサービスやソリューションの開発は、同組織が手掛ける取り組みのひとつです。

デザインを手掛けたチーフプロダクトデザイナー内間らうざは、次のようにコメントしています。
「今年新設したオフィスには工房を設けて3DプリンターやCNCルーター、大型レーザーカッターなどを完備し、自分たちのアイディアをすぐ形にしながらデザインコンセプトを開発しました。商品化に向けて活動を始めた直後にこのような賞をいただき、とても嬉しく思っています。一日も早く商品化を実現し、世界の都市の美しく安全な自転車走行に貢献したいと思っています」


蛍が美しい光を放つことでシグナルを送ることにインスピレーションを受けて開発された自転車安全グッズのコンセプトデザイン。駐輪時はロックの役割を果たし、夜間走行時にはサイクリストが身にまとうことで、自動車の運転手からの視認性を高める。

コンセプト紹介ビデオ:リンク

■レッド・ドット賞デザインコンセプトについて
2005年、レッド・ドット・デザイン賞では、将来のすばらしいプロダクトにつながる新しいデザインコンセプトやイノベーションを奨励し、表彰する必要性が認識され、公正な審査により純粋にデザインの観点から審査が行われるべきだという信念に基づき、デザインを学ぶ学生から企業までが応募できる仕組みを構築しました。今日では、レッド・ドット賞デザインコンセプトは、世界のデザインコンセプトとプロトタイプの分野における最大かつ最も権威ある賞と位置づけられています。今年度は過去最多の29の分野で63カ国から4,791のエントリーがあり、その中の40作品にベスト・オブ・ザ・ベストが授与されました。

■株式会社TBWA HAKUHODO(TBWA博報堂)について 
(www.tbwahakuhodo.co.jp)
2006年に博報堂60%、TBWAワールドワイド40%出資のジョイントベンチャーとして設立された総合広告会社です。博報堂のフィロソフィーである「生活者発想」「パートナー主義」をベースにした博報堂のクリエイティブ力や研究開発力、博報堂グループのネットワークを活用した質の高いメディアサービス、プロモーションサービスと、TBWA がグローバル市場で駆使してきた「ディスラプション(破壊的創造)」メソッドを中心とした独自のノウハウを融合させた、質の高いソリューションを創造しクライアントに提供することで、クライアントのビジネスの成長に貢献しています。
TBWA博報堂は、設立後8年間で急速な成長を続け、「International Agency of the Year」(米国で最も権威ある広告・マーケティング誌『Advertising Age』より)2012年受賞、「Agency Head of the Year 」(『Campaign Asia-Pacific』誌 北アジア部門2011年受賞、日本部門2013年受賞)、「Creative Agency of the Year」(『Campaign Asia-Pacific』誌 北アジアのサブ・リージョナル部門2010、2011年、日本部門2012、2013年連続受賞)など数々の広告賞を受賞しています。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事