logo

独自のアルミラジエーターを採用した、睡眠のためのまったく新しい暖房「SmartHeater2」と、iPhone/Androidに対応した「UniAuto」アプリ 1.5を発表。

バルミューダ株式会社 2014年09月29日 10時45分
From PR TIMES

バルミューダ株式会社(本社:東京都武蔵野市、代表取締役社長:寺尾玄)は、睡眠のための、まったく新しい暖房「SmartHeater2」と、家電マネージメントアプリ「UniAuto」バージョン1.5を発表しました。

SmartHeater2は暖房性能を旧モデル比10%向上させたほか、Wi-Fi搭載モデルでは初めてスマートフォンからの電源ONに対応した暖房となります。

家電マネージメントアプリ「UniAuto」は、iPhoneに加え、新たにAndroidに対応。電源のON/OFFや設定温度の変更、タイマー設定など基本的なすべての操作に対応し、帰宅前に運転を開始して部屋を暖めたり、消し忘れた時には運転を停止させる事ができます。



SmartHeater2
SmartHeater2は睡眠を徹底的に考えてつくられた、寝室に最適な暖房です。オイルを使わずに部屋全体をやさしく暖める独自のアルミラジエーター方式によって、ホコリをたてず、空気を汚すこともなく、オイルヒーターに比べて約5倍の立ち上がりスピードと、無駄のない正確な温度コントロールを実現しました。就寝のためのロイヤルスリープモードをスタートすると、就寝中の体温変化にあわせた温度で自動運転。質の高い睡眠と心地よい寝起きをサポートします。
リンク

Wi-Fiモデル : iPhone/Androidアプリ「UniAuto」に対応し、遠隔操作に対応したプレミアムモデル。バルミューダオンラインストア限定で、本日より予約受付を開始。10月上旬より出荷を開始します。
型番:ESH-1100UA-SW
JANコード:4560330116605

Standardモデル : Wi-Fi機能を省き、お求めやすくなったスタンダードモデル。バルミューダオンラインストアの他、全国の家電量販店、カタログ通販、インテリアショップなどで10月上旬より販売を開始します。
型番:ESH-1100SD-GW
JANコード:4560330116599

※ SmartHeaterは国際的に最も権威のあるデザイン賞のひとつであるドイツの「iFデザインアワード」において、2014年度の最優秀賞である「iFゴールドアワード」を受賞。世界各国で革新性、デザイン性が高く評価されています。


UniAuto 1.5
SmartHeater(旧モデル)、SmartHeater2、Rainに対応したバルミューダの家電マネージメントアプリ。スマートホンから動作状態の確認や電源のON/OFF、モード変更、タイマーの設定が可能な他、新たに電気料金の表示にも対応。さらにiPhone版に加え、要望の多かったAndroid版も同時にリリース。UniAuto 1.5は10月より無償で提供します。
リンク


バルミューダ株式会社について
バルミューダは2003年に東京で設立された家電メーカー。この時代に製品を作り、それを販売し、お客様にご利用いただくメーカーとして、『最小で最大を』という理念に基づいて行動しています。2010年に発表された「GreenFan」は特許技術の二重構造の羽根により、扇風機ではじめて自然界の心地よい風を再現。世界で初めてDCモーターを採用し、消費電力4Wという省エネ性能を達成した他、限りなく無音に近い静音性能なども評価され「高級扇風機」「DC扇風機」という新しい市場を作りました。
リンク

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事