logo

フリースケール、ARM(R) Cortex(R)-M7コア搭載の 超高性能版Kinetisマイクロコントローラの計画を発表

ARM Cortex-Mコアをベースとする業界最大規模の互換性と拡張性を備えた マイクロコントローラ・ポートフォリオを、Cortex-M7の導入によりさらに拡充

2014年9月24日米国Freescale Semiconductor, Ltd.発表本文の抄訳です。

テキサス州オースチン-2014年9月24日-フリースケール・セミコンダクタ(NYSE:FSL)は本日、先日公表されたARM Cortex-M7コアの、その進化した性能と電力効率を今後リリースする組込みSoCに積極的に利用していく方針を発表しました。ARM社のリーディング・パートナーであり、さまざまなARMコアを率先して採用してきたフリースケールは、Cortex-M4コアおよびCortex-M0+コアをベースとするマイクロコントローラを業界で初めて量産製品化した企業です。

Kinetis(キネティス)ファミリは、ARM Cortex-Mコアをベースとする業界最大規模の互換性と拡張性を備えたマイクロコントローラ・ポートフォリオです。6つのKinetis(キネティス)製品シリーズのすべてでソフトウェアとハードウェアの互換性が維持され、汎用とアプリケーションに特化したラインナップが用意されています。

フリースケールのマイクロコントローラ製品グループの、グローバル・マーケティングおよびビジネス開発部門の責任者であるデニス・カブロルは、次のように述べています。「新しいARM Cortex-M7プロセッサの特長は圧倒的な性能とエネルギー効率です。フリースケールは、この新しいテクノロジをCortex-MをベースとするKinetisの膨大なポートフォリオに採り入れ、最終的にはさまざまなレベルの性能、電力、集積度、およびコストを必要とするお客様のメリットとして還元したいと考えています。」

ARM Cortex-M7は、ARM Cortex-M4ソリューションの2倍の処理速度を誇り、モータ制御、電力変換、Internet of Things、およびコネクティビティのアプリケーションをはじめとするさまざまな急成長市場に適した高速コネクティビティと強力なローカライズ処理の機能を備えています。新しいARMテクノロジは、世界トップレベルの性能を発揮するマイクロコントローラを実現し、ARMエコシステムの有益性と拡張性をハイエンドの組込みアプリケーションにまで拡充する可能性を秘めています。

ARM社のCPUグループのジェネラル・マネージャであるNoel Hurley氏は、次のように述べています。「フリースケールは、長期にわたって信頼関係を培ってきたARMのパートナーであり、最新のテクノロジをいち早く採り入れてくれる大切な顧客です。私たちは、Cortex-M7プロセッサの性能や機能を決定するに当たってフリースケールとそのパートナー企業がさまざまなヒントを示してくれたことにとても感謝しています。現時点で最も強力なARMコアのマイクロコントローラの2倍の演算能力とデジタル・シグナル・プロセッシング(DSP)能力を備えたCortex-M7が、革新的で性能が最優先される幅広い組込みアプリケーションの中核を担う製品になることを期待しています。」

フリースケール・セミコンダクタについて
フリースケール・セミコンダクタ(NYSE:FSL)は、先進の自動車、民生、産業、およびネットワーク市場において、業界を牽引する製品を提供する組込みプロセッシング・ソリューションの世界的リーダーです。マイクロプロセッサ、およびマイクロコントローラ、センサ、アナログ製品やコネクティビティといった私たちの技術は、世界中の環境、安全、健康を向上させ、そしてそれらをよりつなげるイノベーションの基盤となります。また、オートモーティブ・セーフティ、ハイブリッドや電気自動車、次世代のワイヤレス・インフラストラクチャ、スマートエナジー、ポータブル医療機器、家電やスマート・モバイル製品といったアプリケーション向けの製品を提供しています。フリースケールは、テキサス州オースチンを本拠地に、世界各国で半導体のデザイン、研究開発、製造ならびに営業活動を行っています。詳細は、リンク(英語)、またはリンク(日本語)をご覧ください。

FreescaleならびにFreescaleのロゴマークはFreescale Semiconductor Inc., Reg. U.S. Pat. & Tm. Off.の商標、または登録商標です。文中に記載されている他社の製品名、サービス名等はそれぞれの所有者が権利を保有しています。
(C)2014フリースケール・セミコンダクタ・インク

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事