logo

Thomson Video Networksへの出資でFCDEと独占交渉 Edmond de Rothschild Investment Partners

Thomson Video Networks 2014年09月25日 17時10分
From 共同通信PRワイヤー

Thomson Video Networksへの出資でFCDEと独占交渉 Edmond de Rothschild Investment Partners

AsiaNet 58006(1045)

【レンヌ(フランス)2014年9月25日PRN=共同JBN】
*Thomson Video Networksは新しい資金パートナーの支援で、放送とOTT、マルチプラットフォーム・ビデオ送信で新しい成長段階に入り、業界のリーダーに

Fonds de Consolidation & Developpement des Entreprises(FCDE)が保有するThomson Video Networksは25日、Edmond de Rothschild Investment Partners(EdRIP)がThomson Video Networksへ出資して提携するため、EdRIPとFCDEが独占交渉に入ったと発表した。

EdRIPはEdmond de Rothschild Groupのプライベートエクイティー子会社。資産運用とプライベートバンキングに特化し、非公開企業への少数株投資に努めている。

Thomson Video Networksは最新鋭ビデオ送信ソリューションの世界的リーダー。そのソリューションによってメディア企業やビデオ画像配信会社、放送会社は、最高密度で最小帯域幅の優れたビデオ画像を送信できる。

Thomson Video Networksのクリストフ・デラハース社長は「素晴らしい提携をFCDEに感謝したい。これによって当社は独立事業体としての強い基盤を築き、堅実で持続的な成長に向けて実績を伸ばせる。わが社に出資して経営チームと提携するEdRIPの計画は、当社の歴史に新しいページを開く。最新鋭の放送とマルチスクリーンOTTサービスを向上させ、今日と明日のあらゆるデバイスのためにビデオ圧縮と画像の質を高めるために、新しいパートナーと協力できることは喜びである」と述べた。

Thomson Video Networksは最近「Behind Every Screen(TM)」を発表した。放送やマルチスクリーンサービスを支援するため、オンプレミシスとクラウドベースの両ソリューションを統合したインテリジェント・ビデオ送信方法である。Behind Every Screenは最新のインジェスト、ブランディング、広告挿入、エンコード、トランスコード機能を備え、すべてを網羅したビデオ・インフラを提供するパッケージ技術。EdRIPが株主になることでThomson Video Networksは、顧客が利益を上げるために必要なあらゆる中核能力と、統合マルチプラットフォーム・ビデオ送信のBehind Every Screenで顧客の力を向上させるための立場が強化される」と語った。

FCDEのパートナー、アメリエ・ブロシア氏は「われわれの仕事が成功し、Thomson Video Networksの経営陣が、世界で認められる独立事業体を打ち立てたことを喜びとしたい。Thomson Video Networksは今、革新的な製品を国際規模で届け、上質な経営を構築する新たな成長段階に入る」と評価した。

EdRIPのパートナー、シルバン・シャリノン氏は「Thomson Video Networksは市場で確固たる地位を確立しており、今の市場でも将来の市場でもさらに成長する可能性が高いと、われわれはみている。わが社が世界的な成長企業へ投資を続ける戦略を展開するうえで、同社は理想的な新規投資先である。Thomson Video Networksの充実した経験豊かな経営陣や技術チーム、素晴らしい業績、顧客への献身に対しては高く評価している。今回のEdRIPによる投資は、OTTやIPTV、ウェブ、クラウドベースのコンテンツ送信という急速に変遷する市場環境に同社が対処する努力を後押しすることになろう」と表明した。

Thomson Video Networksについての詳しい情報はリンク を参照。

Edmond de Rothschild Investment Partnersについての詳しい情報はwww.edrip.fr を参照。

FCDEについての詳しい情報はwww.fonds-fcde.fr を参照。

Thomson Video Networksについての詳しい情報はwww.thomson-networks.com を参照。

ソース:Thomson Video Networks

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事