logo

Siam Piwat社が新たに17億ドルのリテール開発5カ年戦略を発表

Siam Piwat Co., Ltd. 2014年09月25日 16時58分
From 共同通信PRワイヤー

Siam Piwat社が新たに17億ドルのリテール開発5カ年戦略を発表

AsiaNet 58003(1041)

【バンコク2014年9月25日インフォクエスト=共同通信JBN】
*新しいプロジェクトは、それぞれがまさに「革新的」であり、新しい経験とコンセプトの取り入れは「初の」ことである。

高級デパートSiam Paragon(サイアム・パラゴン)、ショッピングセンターのSiam Center(サイアムセンター)など、タイで評判のリテール施設展開のオーナー兼オペレーターであり、総工費15億4000万ドルをかけたバンコクの画期的なリバーサイド開発施設ICONSIAMのパートナーでもあるSiam Piwat Co., Ltd.とは25日、17億ドル相当のプロジェクトへの投資プログラムを通じて、急速に進展しているリテール開発セクターの実践的先駆者としての立場を固めることを目指した5カ年戦略を公表した。

Siam Piwat Co., Ltd.のチャダティップ・チュトラクル最高経営責任者(CEO)は「タイのリテール開発は、過去12カ月にさまざまな企業が発表した記録的な新規投資によって異例の成長時期を経験している」と語った。

同CEOは続けて、「Siam Piwatの成功はソートリーダーシップ(thought-leadership)によって推進している。当社の成長を支えるものは、プロジェクトの新しいコンセプトとともに、タイでは初めてとなる新しいリテールとライフスタイルの考え方を提供することに注力していることである。この戦略に沿って、われわれはまた小売業者と投資家によって選ばれるパートナーとなり、5年で当社売上高を倍増することも目指している」と語った。

チュトラクルCEOによると、Siam Piwatはリテールおよび不動産開発の実践的指導者になるよう5つのことを実践する。

同CEOは「われわれは一貫して新しい独自の経験を生み出すことに注力する。オンラインで世界に通じた消費者は、新しい世界動向を即座に知り、彼らが期待するものはより高くなる。われわれは新しい動向、顧客の志向、これら進展に遅れずついていく開発を共同事業者がもたらす恩恵を追跡する専門部門を持っている」と語った。

Siam Piwatはタイと海外にある8つの不動産物件の購入を検討しており、これら物件交渉は2015年中に決着が付く。

 *同CEOは「第2に、Siam Piwatはテナントと緊密に協力し、テナントとビジネスパートナーのさらなる成功を支援し、ほかにはない経験を来客に提供する。われわれは新しいデザイン、新しい製品、不動産の特徴に合った新製品を生み出すようテナントに促す」と語った。

 *チュトラクルCEOは、Siam Piwatは約9300万ドル相当のプロジェクトによって、新しいリテール様式とコンセプトとともに、タイにはこれまで存在せず、最大4ブランドの専門店を含む新しいリテールビジネスの運用を計画に投資すると語った。

 *同CEOは「Siam Piwatはまた、リテール業ととともにエンターテインメント、アート、カルチャーの企業を含む世界クラスのパートナーに投資する。われわれは3-5年で完工する3億1000万ドル相当のプロジェクトを開始する計画である」と語った。

 *同CEOはまた「Siam Piwatはさらに強固な組織作りをしており、最近は特にビジネス成長を促進する能力を確保するため社長職を創設した」と述べた。

Siam Piwatは商業的に大いに成功し、タイで高い評価をもたらすような新しいコンセプトを開拓する長い伝統を誇っている。同社はタイで初の現代的なショッピングモール、初の5つ星ホテル、初の複合ビルを生み出し、Siam Paragonの建設によってバンコクを訪れるツーリストが必ず訪れる目的地である高級ショッピング、レクリエーション施設で世界クラスのリテール現象を提供した。Siam CenterとSiam Paragonにあるトップクラスの国際、国内ブランドによる多くのストアは、タイとこの地域にあるストアの中でも1店当たり最高の売上高を記録している。

▽問い合わせ先
Siam Piwat
S.Niyomsen +662-658-1000 ext2260

Bangkok Public Relations
P.Kwantientong +662-664-9500 ext115

ソース:Siam Piwat Co., Ltd.

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。