logo

ファーウェイがInnoTrans 2014でDigital Railway 2.0 Solutionを発表

ファーウェイ 2014年09月25日 12時10分
From 共同通信PRワイヤー

ファーウェイがInnoTrans 2014でDigital Railway 2.0 Solutionを発表

AsiaNet 58009(1037)

【ベルリン2014年9月24日PRN=共同通信JBN】
Better Connected Railways(よりよい接続した鉄道)の未来を切り開く

ファーウェイ(Huawei、華為技術)はベルリンで開催されている国際輸送技術展示会であるInnoTrans 2014で、同社の最新Digital Railway 2.0 Solutionを公開した。このソリューションのコアコンポーネントにはFunkwerk AGと共同開発されたDual-Mode eLTE Cab Radioソリューションとファーウェイの未来志向のGSM-Rシステムが含まれている。ソリューションはファーウェイのDigital Railway 1.0 Solutionと、アジャイル・ネットワーキング、クラウドコンピューティング、Bring Your Own Device(BYOD)などの革新的なICT技術の機能が組み込まれている。ファーウェイはInnoTrans 2014で、「A Better Connected Railway」のテーマの下で鉄道向けの革新的なICTソリューションも展示する。

リンク

Huawei Enterprise Business Group輸送セクターのプレジデントであるダニー・ワン氏は「ファーウェイは1996年から革新的な鉄道輸送ICTソリューションのプロバイダーになり、世界で8万4500キロ以上の鉄道網向けにソリューションを提供してきた。われわれは業界固有の専門技術がある50以上のパートナーと提携し、鉄道輸送システム内の接続と、人間の面では鉄道輸送システムとその乗客との間の接続をそれぞれ向上させるコネクティッド・レールウエー(鉄道)輸送システムを構築した」と語った。

ファーウェイのDigital Railway 2.0 Solutionは鉄道運行会社が都市化やグローバル化などの要因による陸上交通への需要の高まりに応えることを支援するために開発された。Digital Railway 2.0 Solutionによって、運行会社は4GとオールIPオペレーション、通信ネットワークを構築するとともに、サービスを中心としたクラウドベースFusion Operation & Command Centers(OCC)およびアジャイルステーションを確立して、LTEベースの鉄道と地上間の無線ブロードバンド技術を実装できる。その結果、鉄道運行会社の能力と競争力が向上し、鉄道は効率、セキュリティー、利便性が向上する。

ファーウェイとFunkwerkは今回のイベントの一環として、共同開発したeLTE Cab Radioのデモを初めて行う。鉄道通信インフラストラクチャーおよび装置に関するソリューションは、鉄道輸送ICT市場におけるGSM-RとLTEの両方をサポートする唯一のソリューションである。従来のGSM-Rsサービスの提供は別として、このソリューションは、Cab RadioはLTE技術を使って生のビデオ監視向けにボイス、ビデオ、データの高度なサービスを提供することができる。両技術を利用した運行を実現するこのソリューションは、乗客の体験を向上させるため鉄道無線通信をGSM-RからLTEに進化させることをサポートする。

ファーウェイは、同社のフラグシップGSM-Rシステム製品2種であるeCNS300 Single Cabinet(SC)Core NetworkとBTS3900 SDR Base Stationも紹介した。ファーウェイのeCNS300 SC Core Networkは統合高度テレコミュニケーションコンピューティング・アーキテクチャー(ATCA)を採用し、3つのネットワーク・ユニットを統合する。鉄道運行会社はこのソリューションを使って、マシンルームのスペースを節約するとともに、業務費用を削減してGSM-RからLTEへの技術移行を促進できる。ファーウェイのBTS3900 SDR Base Stationは最新のThird Generation Partnership Project(3GPP)とEuropean Telecommunications Standards Institute(ETSI)に準拠する。BTS3900 SDR Base Stationは厳格なGSM-R要件に準拠するとともに、GSM-RからLTE技術に将来移行することをサポートする。

ファーウェイは、鉄道業界向けのLTE技術を実装において最先端を歩んできた。同社は鄭州市地下鉄にDigital Railway Solutionを提供し、2013年11月に初の民間鉄道LTEネットワークを配備した。2014年2月にファーウェイは世界的な鉄道業界リーダーであるボンバルディアと提携し、Zambia Railways Limited(ZRL)とアフリカ初のEuropean Rail Traffic Management System(ERTMS)地域鉄道商用契約に調印した。顧客および業界パートナーとのオープンなコラボレーションおよび共同開発を通じて、ファーウェイはよりよいコネクティッド鉄道の将来に向けた道の開拓を継続していく。

▽ファーウェイ(Huawei)について
ファーウェイは通信を通じて生活を充実させるビジョンを掲げ、世界をリードする情報通信技術(ICT)ソリューション・プロバイダーである。

詳細はファーウェイのウェブサイトwww.huawei.com を参照。

▽報道関係問い合わせ先
Selina Xing
Tel: +86 755 8924 7615
Email: xingziyue@huawei.com

ソース:Huawei

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事