logo

メタクウォーツ・ソフトウェア、アラブ首長国連邦に支部を新設

メタクウォーツ・ソフトウェア 2014年09月25日 11時00分
From 共同通信PRワイヤー

メタクウォーツ・ソフトウェア、アラブ首長国連邦に支部を新設

AsiaNet 58012

メタクウォーツ・ソフトウェア、アラブ首長国連邦に支部を新設

ドバイ(アラブ首長国連邦)、2014年9月25日/PRNewswire/ --

オンラインの取引プラットフォーム、メタトレーダー4(MetaTrader 4)およびメタトレーダー5(MetaTrader 5)の開発で知られるメタクウォーツ・ソフトウェア(MetaQuotes Software、リンク )は、中東地域への拡張について発表しました。中東最大の国際ビジネス・センター、アラブ首長国連邦のドバイにおける、同社の公式な代表はメタフィンテック(MetaFintech LLC、リンク )が務めます。

(Logo: リンク )

マルチメディアのニュース・リリースは、以下よりご覧いただけます:
リンク

メタフィンテックは、メタトレーダー4、メタトレーダー5、およびビジネス・オートメーション・システムのチームウォックス(TeamWox、リンク )など、メタクウォーツ・ソフトウェアの全製品の販売およびテクニカル・サポートを請け負うことになります。同社はまた、南アジア地域をターゲットとする予定で、同地で営業する全てのブローカーや銀行が、潜在的な顧客となります。

「アラブ首長国連邦ではますます多くのブローカーが新設されています。」と、メタクウォーツ・ソフトウェアのCOO、ガイエス・クライス(Gaies Chreis)氏はコメントしています。「したがって、この地域にプレゼンスを確立して、会社のリーチや協力関係の範囲を拡張しようという決断は、必要不可欠なものでした。顧客にとって、手の届く存在である必要があったのです。当社は急速な成長を遂げており、ドバイでのプレゼンスによって、南アジア地域協力連合(South Asian Association for Regional Cooperation、リンク )の加盟国へより容易に活動を拡張できるようになります。」

「中東におけるスイスとも言うべきアラブ首長国連邦内でのブローカーのニーズに対応できることを、大変誇りに思います。」と、メタフィンテックの代表、マノジュ・チョーダリー(Manoj Choudhary)氏はコメントしています。「プラットフォームは今や、金融市場にとって『単なる取引ターミナル』以上の存在になっています。今日のブローカーは、トレーダーの能力を強化する様々なサービスで構成された、強力なエコシステムを求めています。そうしたシステムは、自動コピー・トレーディング(リンク )から、特殊アプリケーション・ストアー(リンク )で購入したトレーディング・ロボットを使用できる機能に至るまで、幅広い活動を補助できる必要があります。したがって、高品質で専門的なサービスを提供することは、メタクウォーツにとって優先事項の一つとなっています。当社の顧客は世界のどの地域にあっても、現地のサービスと専門的な補助を受けられるべきです。」

メタクウォーツ・ソフトウェアは、近日中に南アフリカ共和国における支部の開設を発表する予定です。

メタクウォーツ・ソフトウェア(MetaQuotes Software)について
2000年に創立されたメタクウォーツ・ソフトウェアはMetaTrader のトレードマークで金融市場むけのトレーディング・プラットフォームを開発してきました。国際的にForexソフトウェア市場の大手の1つとして知られています。MetaTraderトレーディング・プラットフォームは現在、世界で700社以上の証券会社や銀行で利用されています。最新のプラットフォーム、メタトレーダー5(MetaTrader 5、リンク )は株式市場に焦点を当てて社内で開発され、現在、世界中のさまざまな取引所の取引に積極的に推進されています。

リンク

情報源:メタクウォーツ・ソフトウェア(Metaquotes Software)

(日本語リリース:クライアント提供)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。