logo

キリンビールと大分県竹田市がパートナーシップ協定を締結し、新商品「KIRIN off white」から“くらしを考える”プロジェクトを開始

キリンビール株式会社 2014年09月24日 20時01分
From Digital PR Platform


キリンビール株式会社(代表取締役社長 磯崎功典 以下キリンビール)は、新商品「KIRIN off white(キリン オフホワイト)」を9月24日(水)に発売します。その発売に合わせ、大分県竹田市(市長 首藤勝次 以下竹田市)と同日にパートナーシップ協定を締結し、近年注目を集めているローカルシフトや自然共生をテーマとした“くらしを考える”プロジェクト「KIRIN くらしの劇場 オフホワイトハウス」を展開します。

「KIRIN off white」は、「くらしのまんなか、あたらしいのみもの」というテーマを掲げ、人間本来の充実した「ていねいなくらし」を志向する人々に向けて開発した商品です。一方で、竹田市は、全国に先駆け農村回帰宣言市として、「都心への集中に紐づく、都会的で洗練されたくらし」から、「全国に存在する、実質的でていねいなくらし」へシフトする取り組みを推進しています。この両者が共に提案する“ていねいなくらし”を、「オフホワイトハウス」と名付けた竹田市に実在する一軒の民家で、都心部に住む文化人・著名人に実際に体験いただき、その模様を専用サイトで紹介します。また、一般の方から希望者を募集し、「オフホワイトハウス」に宿泊・体験生活していただく機会も期間限定で設けます。

「KIRIN off white」は、アスクル株式会社(代表取締役社長 岩田彰一郎)が運営する一般消費者向け(BtoC)インターネット通販サービス「LOHACO(ロハコ)」で先行販売します。インターネット通販ならではの強みを活かした商品の「販売」のみならず、「LOHACO」の物流を活用した「サンプリング・プレゼントキャンペーン」などを行うほか、本プロジェクトサイトを「広告コミュニケーション」と位置づけることで、「販売」「サンプリング・プレゼントキャンペーン」「コミュニケーション」の機能が一元集約したマーケティングプラットフォームとして展開していきます。
近年、生活価値観の変化、嗜好の多様化などを背景に、ビール・発泡酒・新ジャンル市場は、若年層を中心に飲用機会が低下する傾向にありますが、「KIRIN off white」では従来のマーケティング手法をなぞるだけではなく、インターネット上のビッグデータ活用により、本質的なお客様のニーズをキャッチアップし、新たなマーケティング・チャレンジを推進していきます。

■サイト概要
1.サイト名
 「KIRIN くらしの劇場 オフホワイトハウス」
2.URL
 リンク
3.内容    
 大分県竹田市に実在する民家を「オフホワイトハウス」と名付け、そこでの生活や地域の人々との関わりの様子を記録していく、ブランデッド・エンターテインメント※1です。都心部に住む文化人・著名人がオフホワイトハウスに実際に住み、ドローン※2からの映像とブログでレポートします。その後、くらしに共感いただけた希望者の方にも、くらしを体験いただく機会を設ける予定です。(10月1日より来春の体験生活者募集予定)
※1 動画などのエンターテインメントコンテンツが持つストーリーや世界観を活用して、ブランドの価値を効果的に伝える共感型のコミュニケーション手法。
※2 無人で飛行することが可能なラジコンヘリ。

■商品概要
1.商品名
 「KIRIN off white(キリン オフホワイト)」
2.コンセプト
 自分らしく過ごしたいオフタイムに心地よい気分をお届けする、軽快でフルーティーな発泡酒。
3.ターゲット
 20代後半~30代 女性
 ・派手なものや無駄を避け、自分の生活に自然と馴染むものを選択する人
 ・ビール類ライト・ミディアムユーザー
4.味覚特長
 柑橘がさわやかに香る、苦味を抑えたほんのり甘い飲み心地の軽快なベルジャンホワイトタイプ。
5.発売地域
 インターネット通販サービス「LOHACO」の 酒類販売専門サイト「ビアショップ(BEER SHOP)」
6.発売日
 9月24日(水)
7.容量/容器
 350ml缶
8.価格
 オープン価格
9.アルコール分
 3.5%
10.販売予定数
 約8,000ケース(大びん換算、2014年)*100KL
11.製造工場
 滋賀工場

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事