logo

Windows Server 2003を現在利用している企業は約半数。サポート終了対策はXPの時と比べると「経営層の関心が薄い」?

株式会社リクルートマーケティングパートナーズ 2014年09月24日 11時00分
From Digital PR Platform


株式会社リクルートマーケティングパートナーズ(本社:東京都千代田区 代表取締役社長:冨塚 優)が運営する、IT製品情報を掲載する無料会員制サイト『キーマンズネット』(リンク)は、IT製品の導入状況や製品の選定ポイント、IT担当者の関心事がわかるコーナー「IT担当者300人に聞きました」を公開しています。
今回は企業のIT担当者を対象に「Windows Server 2013サポート終了にともなう対策状況」についてアンケートを実施しました。「現在の利用状況」「サポート終了にともなう対策内容」「対策の実施時期」など、その実態が明らかになりましたので、結果の一部をお知らせします。

▼「Windows Server 2013サポート終了にともなう対策状況」記事はこちらから
リンク


――――――――――――――――――――
■Windows Server 2003を現在利用している企業は約半数。うち半数近くが対策検討中 
――――――――――――――――――――
●Windows Server 2003 現在の利用状況
「利用している」46.9%
「利用していない」30.3%
「分からない」22.3%
「その他」が0.5%

●Windows Server 2003 サポート終了にともなう対策状況
「既に対策を実施済み」22.8%
「対策計画を検討済み/継続利用を決定」23.4%
「対策計画を検討中」34.4%
「これから対策計画を検討予定」11.2%
「分からない」7.4%
「その他」0.9%

Windows Server 2003継続利用の決定を含め「対策計画を検討済み/実施済み」が46.2%で、これから検討する人を含め「対策計画を検討中」が45.6%と、サポート終了にともなう対策を講じる必要のある企業がまだまだ多いことが分かった。


▼更なる分析結果はこちらから
リンク
※記事の一部は公開しておりますが、全てご覧いただくには無料の会員登録が必要です。

――――――――――――――――――――
■対策は7割が「2012」「2008」へ移行、半数が同時に「サーバー仮想化」へ取り組む
――――――――――――――――――――
●対策内容
1位「Windows Server 2012へ移行する」40.3%
2位「Windows Server 2008へ移行する」31.5%
3位「サポート終了後もWindows Server 2003を使い続ける」9.2%

●併せて取り組みたいこと(取り組んだこと)
1位「サーバーの仮想化」48.8%
2位「インフラを変更するのみで、新たな取り組みは行わない」20.1%
2位「セキュリティの強化」20.1%

7割が自社の環境を維持したままWindows Server 2008または2012に移行すると回答、このタイミングでサーバーを仮想化しようとしている企業は全体の約半数にのぼることが分かった。

▼更なる分析結果はこちらから
リンク
※記事の一部は公開しておりますが、全てご覧いただくには無料の会員登録が必要です。

――――――――――――――――――――
■対策時期は2014年度末までが6割弱・・・XPの時と比べると「経営層の関心が薄い」?
――――――――――――――――――――
●対策時期
「既に実施済み」11.5%
「2014年12月末までに実施予定」が22.5%
「2015年3月末までに実施予定」が22.5%
「2015年7月14日までに実施予定」22.3%
「サポート終了日以降(未定・分からない含む)」20.3%

既に実施済みを含めて、6割弱の企業が2014年度内に実施すると回答している。寄せられたコメントには「Windows XPサポート終了時に情報収集と調査を終えているので特に問題はない」といった、早めに対策を始めているものから「XPほど問題が表だって出てきてないようだが、もっと報道がないと上層部が予算をつけてくれない」「XPサポート終了に比べて世間の緊迫度が低いと感じる」といった、今年4月のXPサポート終了時と比較すると経営層の関心が薄いことを危惧する声も寄せられた。

▼更なる分析結果はこちらから
リンク
※記事の一部は公開しておりますが、全てご覧いただくには無料の会員登録が必要です。

<アンケート概要>
・調査期間:2014年7月2日~2014年7月18日
・有効回答数:1472
・調査対象:キーマンズネット会員

――――――――――――――――――――
◎◎◎Windows Server 2003サポート終了特集を緊急実施!
――――――――――――――――――――
キーマンズネットでは、Windows Server 2003サポート終了にどう対処すべきか、重要な業務システムを稼働させているサーバーOSであるだけに作業負担も重いIT担当者のために、「IT担当者がサポート終了をどのように受け止め、どう対処しようとしているか」、「ITベンダはどのようなソリューションで対応するのか」、「アナリストはOS移行に関してどのような見解なのか」をまとめてお届けします。

掲載開始:2014年9月24日~

▼Windows Server 2003サポート終了特集はこちらから
リンク

――――――――――――――――――――
◆キーマンズネットとは?
――――――――――――――――――――
キーマンズネットは、IT担当者が集まる無料会員制サイトです。豊富な製品情報以外にも、最新のITキーワードや市場動向を解説した「ITがよく分かる特集」などのコンテンツを通じ、企業の情報システム部門に在籍する方向けに、IT初心者から上級者まで納得の特集や、製品やシステム選びに役立つ情報を提供しています。

<コンテンツ> ※全ての機能は、会員登録する事で、フルにご利用できます!
1)製品レポート「Keyレポ」「Keyノート」
IT製品の特徴から活用事例、価格・スペックまで、製品の比較検討に役立つ情報を提供しています。

2)「比較表」作成機能
製品同士のスペックや価格などの基本情報をまとめた「比較表」が簡単に作成できます。

3)「資料ダウンロード」機能
検索結果や比較表からまとめて資料請求することもでき、情報収集が効率化できます。

4)ITがよく分かる特集
状況や立場に応じて選ぶことができ、興味のあるカテゴリの最新ニュースや製品情報を毎日メールでお届け。IT製品の”いま”が分かります。

5)企業向けITのセミナー・イベント情報
IT製品に関する各種セミナー情報を、Webとメールでご提供します。

6)キーマンズネットDaily
あなたの興味にそった情報を毎日メールでお届けします。製品の特徴から活用事例、価格・スペックまで、製品の比較検討に役立つ情報を提供しています。

キーマンズネットでは、IT製品の選定に必要なさまざまな情報を提供しています。
もちろん登録・利用は無料。是非ご登録いただき、IT製品選びにお役立て下さい。


▼「キーマンズネット」はこちらから
リンク

▼「IT担当者300人に聞きました」オススメ記事はこちらから

▼タブレットの導入状況(2014年)
リンク

▼デスクトップ仮想化の導入状況(2014年)
リンク

▼オンラインストレージの利用状況(2014年)
リンク

▼メールシステムとセキュリティ対策状況(2014年)
リンク

◆ほかにもまだまだあります!「IT担当者300人に聞きました」記事一覧
リンク

▼「Facebookページ」はこちらから
リンク

▼リクルートマーケティングパートナーズについて
リンク

――――――――――――――――――――
【本件に関するお問い合わせ先】
リンク
――――――――――――――――――――

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。