logo

自動車製造のオートメーション化で、位置測定器の世界市場が成長

ーパワートレインおよびホワイトボディーにおいて、位置測定器の需要拡大

フロスト&サリバンは、自動車製造工場の急速なオートメーション化に伴い、自動車製造ラインで用いられるインライン対応測定器の需要が促進されることによって、自動車産業向けの位置測定器市場が2018年に向けて成長するという予測を発表した。

フロスト&サリバンが新たに発表した調査分析「自動車産業向け位置測定器の世界市場分析」によると、自動車製造工場で用いられる位置測定器の世界市場*規模は、2013年の9億4,920万米ドルから、2018年には推定で約12億2,510万米ドルに成長する予測となっている。 *北米、欧州、アジア太平洋地域、中南米、ロシア、独立国家共同体(CIS)、カリブ海諸国、中東、アフリカ

今回の分析では、自動車産業向けインライン対応測定器のセグメントは、2018年に向けて年平均成長率(CAGR) 12.2%で成長することが予測されている。一部のパワートレイン製造メーカーやホワイトボディーの製造ラインでは、三次元測定機(CMM)などの従来のマニュアル測定器から、インライン対応測定器への移行が進むことが見込まれる。位置測定器の製造メーカーは、自動車業界の顧客の要求に対応した製品開発戦略の採用が必要とされる。

「インダストリー4.0」や「スマートファクトリー」、「ゼロ・ディフェクト」などのコンセプトに向けた関心の高まりを受けて、オートメーション化に向けたシフトは明白であり、勢いを増すことが期待される。さらに今後、自動車メーカーが自社の生産工場の自動化を図ることによって競争上の優位性獲得を試みる中で、オートメーション化されたエンドツーエンドのインライン対応測定器が、主要自動車メーカーからの主な需要となることが予測される。

一方で、燃料価格の上昇に伴うグローバル経済動向の変動は、引き続き世界的に自動車産業への影響を及ぼすと見られている。特に新興国の経済状況は、自動車サプライチェーン企業にとって懸念要素を生み出す状況であり、位置測定器に向けた投資にも影響を及ぼしている。

「自動車業界の変動的な成長率が、先進国でのエンドユーザーによる投資の減少へとつながっている。例えば、ドイツでの自動車販売台数は、2013年に約4.1%減少した。安価で信頼性のある設備の不足が自動車売上の妨げとなっているものの、販売台数減少のペースは徐々に回復基調に入っている」と、フロスト&サリバンの計測部門シニアリサーチアナリスト、アラヴィンド・ゴヴィダンは述べる。

中規模および小規模の位置測定器メーカーは、このような課題に対処し、売上げを拡大するために、特にアジア太平洋地域において製品の価格引下げを行っている。これによって、メーカーの市場競争力を維持する手助けを行う一方で、利益率や位置測定器市場全体の成長にも影響を及ぼしている。

アジア太平洋地域は小規模ならびに中規模の自動車販売業者が集中する背景から、位置測定器の主要な成長市場となることが予測されており、特に日本、インド、中国が位置測定器の主要なターゲット市場となることが見込まれる。



**********************************
フロスト&サリバンについて
フロスト&サリバンは、独自のリサーチに基づいて企業のビジネスを成長に導くグローバルな知見を提供し、ビジネスの新たな成長機会の創出からイノベーションの実現までを支援する、リサーチとコンサルティング機能の両方を兼ね備えた企業のナレッジパートナーです。世界40拠点以上のグローバルネットワークを軸に、世界80カ国ならびに300に及ぶ主要な全てのマーケットを網羅することで、メガトレンドや海外新興市場の台頭、テクノロジーの進化などのグローバルな変化に対応し、企業がグローバルなステージでビジネスを成功させるための360度の視点に基づいた知見を提供しています。

本件に関するお問い合わせ先:
フロスト&サリバン ジャパン株式会社 担当:辻
〒107-6123 東京都港区赤坂5-2-20 赤坂パークビル
電話:03-4550-2215  FAX:03-4550-2205 
E-mail: anna.tsuji@frost.com

※「フロスト&サリバン インターナショナル」は、「フロスト&サリバン ジャパン株式会社」に社名変更しました

日本語オフィシャルウェブサイトを開設しました:
リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。