logo

ジョニーウォーカーがFORMULA 1(R)の公式ウイスキーに

ジョニーウォーカー 2014年09月19日 10時37分
From 共同通信PRワイヤー

ジョニーウォーカーがFORMULA 1(R)の公式ウイスキーに

AsiaNet 57926 (1006)


【シンガポール2014年9月18日PRN=共同通信JBN】世界の大手ウイスキー(注1)であるジョニーウォーカー(JOHNNIE WALKER)(R) は18日、Formula Oneグループとの新パートナーシップを発表した。これによりブランドの世界的地位は強化され、大成功を収めている「責任ある飲酒活動」キャンペーン「Join the Pact」のプラットフォームは著しく拡大する。

(Photo: リンク
(Photo: リンク

ジョニーウォーカーをFORMULA 1の公式ウイスキーとする複数年の新契約は、シンガポールのマリーナベイ公道サーキットでこの週末に開催される2014年FORMULA 1シンガポール航空シンガポール・グランプリに先駆けてこの日、コンラッド・センテニアル・ホテルの式典でディアジオ(Diageo)アフリカ・アジアのニック・ブラスケス社長によって結ばれた。

ブラスケス博士は、進取の精神を持つ先駆的ウイスキーブランド、ジョニーウォーカーは世界で最も先進的で技術的に進歩したスポーツのパートナーにふさわしいウイスキーであると指摘した。

新たな提携関係は、1950年代にさかのぼるウォーカー一族とモータースポーツ、グランプリレース界との歴史的つながりを一段と強化する。ジョニーウォーカーはこの歴史的関係に基づいて2005年にマクラーレン・メルセデスと手を組み、そのおかげで過去9年、世界中の販売と「責任ある飲酒活動」プログラムを成功させることができた。

この日の発表にあたりニック・ブラスケス氏は「FORMULA 1の公式ウイスキーになることで、ジョニーウォーカーはレースファンに広く手を差し伸べることができる。新契約の結果、われわれは毎年4億5000万人以上の世界テレビ観戦者、約150万人のレース会場入場者へのアクセスを手に入れる」と語った。

また「ジョニーウォーカーがFORMULA 1の公式ウイスキーになる同じように重要で主な理由は、より多くの世界のF1ファンに「責任ある飲酒活動」メッセージを届けるグローバル・プラットフォームの拡大という極めて大きな機会である」とも述べた。

さらに「われわれがともに達成できる大きな可能性があると確信している。ジョニーウォーカーのJoin the Pactキャンペーンはすでに好ましい変化を生み出した実績ある強力なプログラムである。世界の100万人以上が『飲んだら運転しない』というJoin the Pactの誓約にサインした。したがって本日、このプログラムへの投資を拡大し、今後5年間に500万人の個人参加を得るという熱意を込めて新領域で活性化させる意向を発表する」と続けた。

ブラスケス博士の発表には、ジョニーウォーカー「責任ある飲酒活動」グローバル大使のミカ・ハッキネン氏も同席した。同氏は「2006年から約40カ国を訪問、行動要請の重要性についてメディア、消費者、政府、その他関係者に話をしてきた。Join the Pactを通じて、100万人をはるかに上回る人々が「飲んだら運転しない」と誓約した。この100万人はプログラムがなければ積極的に取り組むことはなかっただろう。ブランドがFormula Oneグループと取り交わした新パートナーシップはキャンペーンの大きな推進力となり、世界中の数百万人に訴えることによって素晴らしいイニシアチブの規模を大幅に拡大するだろう」と語った。

舞台ではブラスケス博士、ミカ・ハッキネン両氏にFormula Oneグループのバーニー・エクレストン最高経営責任者(CEO)も加わった。同CEOは「これはFORMULA 1にとって刺激的なスポンサーシップだ。FORMULA 1のスポンサーになるのに商業上の利益達成だけでなく『責任ある飲酒活動』の重要性を強調するジョニーウォーカーの手法に敬意を表したい。酒類ブランドがどうすれば世のために時間と資金をささげられるかの好例である」と語った。

新契約は、1950年代にさかのぼるウォーカー一族とモータースポーツ、グランプリレース界との歴史的つながりを反映している。当時、故ロブ・ウォーカー氏はプライベート・レーシングチームを立ち上げた。同氏の曽々祖父は1820年、スコットランドの小さな店でウイスキー商売を始めたジョニーウォーカー氏だった。

ロブ・ウォーカー・レーシングチームはグランプリレース界の先駆的な個人運営チームで、1958年、国際自動車連盟(FIA)公認アルゼンチンGPで伝説のドライバー、スターリング・モス(現スターリング卿)の運転でプライベートチームとして初めてFIA Formula One World Championship(TM)を制した。

この日のシンガポールでの発表には、ロブ・ウォーカー氏の子息、ロビー氏も出席、よきGP世界選手権時代の記念品コレクションを披露した。

(注1)市場調査会社IWSRの2013年データ

▽ディアジオ(Diageo)について
ディアジオは世界大手の飲料企業であり、スピリット、ビール、ワイン部門にわたる飲料アルコールブランドの大きなコレクションを有している。これらブランドはジョニーウォーカー、クラウンローヤル、J&B、ブキャナン、ウィンザー、ブッシュミルズなどウイスキー、スミルノフ、シロック、ケテルワンなどウオツカ、その他キャプテン・モーガン、ベイリーズ、ドン・フリオ、タンカレー、ギネスなどを含んでいる。

ディアジオはその製品を世界の180カ国以上で販売しているグローバル企業である。同社はロンドン証券取引所(LSE)に銘柄コードDGEで、ニューヨーク証券取引所(NYSE)に銘柄コードDEOで上場している。ディアジオ、社員、ブランド、実績に関する詳しい情報はリンク を参照。情報、イニシアチブ、成功例はディアジオの「責任ある飲酒」グローバルリソースリンク を参照。

標語はCelebrating life, every day, everywhere

▽FORMULA 1(R)について
1950年に開始されたFORMULA 1(R)は世界で最も権威がある自動車レース大会で、世界で一番人気がある恒例のスポーツシリーズである。2013年には185カ国・地域の4億5000人以上がテレビ観戦した。2014年のFIA Formula One World Championship(TM)は3月から11月まで5大陸、19カ国で19戦が展開されている。Formula One World Championship Limitedはバーニー・エクレストンCEOが創設したFormula One groupの一翼で、FIA Formula One World Championship(TM)の独占商権を保持している。Formula 1(R)の詳しい情報はリンク を参照。

ソース:JOHNNIE WALKER

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事