logo

Microsoft Azureマネージドサービスを提供開始

~運用監視やバックアップ、セキュリティ対策など運用サービスをトータルで提供~

ソフトバンク・テクノロジー株式会社(代表取締役社長 CEO:阿多 親市、本社:東京都新宿区、以下SBT)は、この度、日本マイクロソフト株式会社(代表執行役 社長:樋口 泰行、本社:東京都港区、以下マイクロソフト)の提供するクラウドプラットフォームサービスMicrosoft Azure関連サービス拡充の一環として、新たに、運用管理を支援する「Microsoft Azureマネージドサービス」の提供を開始しますのでお知らせします。



本サービスでは、Microsoft Azureの24時間運用監視、バックアップ、セキュリティ対策など運用管理を支援する各種サービスに加え、Microsoft Azure上に構築したシステムの脆弱性診断サービスや、Microsoft Azure上に構築したLinux OSベースのシステムのサポートなどを取り揃えております。

また、本サービスは、マイクロソフトのシステム運用・管理ソリューションであるMicrosoft System Center を採用しており、クラウドからオンプレミスまで、異なる環境に点在するさまざまなシステムを包括的に管理します。
データセンター、パブリッククラウド、プライベートクラウドなどが混在する顧客企業のハイブリッドクラウド環境において、運用管理の複雑化、労力増加などの課題を解決し、システム運用の品質・安定性・可用性の向上をサポートします。


▼ Microsoft Azureマネージドサービスに関する詳しい情報はこちらをご参照ください。
リンク


SBTはこれまで、Microsoft Azureの企業活用を支援するサービスとして、移行計画支援「Microsoft Azure アセスメントサービス」、導入支援「Microsoft Azure構築サービス」をはじめとしたサービスラインナップを拡充してまいりました。
本サービスの提供開始により、SBTは顧客企業に向けてクラウド環境への移行適合性の評価検討から移行後の運用・改善策実施まで、Microsoft Azure移行に関するすべての工程をワンストップで提供してまいります。


■ Microsoft Azureマネージドサービス 詳細
システム環境や運用スタイルに合わせて、ベーシック、シルバー、ゴールドの3つのパッケージプランから選択することができます。
さらに、必要なオプションを個別に選択頂くことも可能です。


なお、お客様自身でハイブリッドクラウド環境の運用監視を実施されたい場合には、Microsoft System Centerでの統合管理のご提案も可能です。

▼ System Center導入支援サービスに関する詳しい情報はこちらをご参照ください。
リンク


今回のサービス開始について、日本マイクロソフト株式会社 業務執行役員 エンタープライズパートナー営業統括本部 統括本部長 近藤禎夫氏より、以下のコメントをいただいております。

「日本マイクロソフトは、SBTの「Microsoft Azure マネージドサービス」及び「 System Center導入支援サービス」の提供開始を心より歓迎いたします。今回のSBTのサービス開始により、お客様はより素早く、安全にハイブリッドクラウドの導入・運用を実現いただく事が可能となります。まさにマイクロソフトのクラウドOSビジョンを具現化いただくサービスであり、ハイブリッドクラウドをご検討中のお客様にとって待望のサービスであると確信しております。日本マイクロソフトは、今後もSBTとのより深い協業関係に基づき、お客様のニーズに合ったクラウドサービスを提供してまいります。」

日本マイクロソフト株式会社
業務執行役員
エンタープライズパートナー営業統括本部
統括本部長 近藤禎夫氏


SBTは今後も継続的にサービス拡充を行い、クラウドによるワークスタイル改革の推進により、お客様のビジネスの発展に貢献してまいります。

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事