logo

おいしく魅せる光源、フルカラーLED照明の新製品『Tino4000HR』発売開始

インテックス株式会社 2014年09月17日 13時30分
From 共同通信PRワイヤー

2014年9月17日

インテックス株式会社

おいしく魅せる光源、フルカラーLED照明の新製品『Tino4000HR』発売開始
Ra96以上の高演色光源と食品をより美味しく見せる光源を両立

本日、インテックス株式会社(本社:東京稲城市 代表取締役社長:八木 穣)は、フルカラーLED照明の新製品Tino4000HRの開発に成功し、10月1日より販売を開始することを発表します。

今回発表する新製品Tino4000HRは、インテックス株式会社が保有する機能性LED光源の技術を基に開発・製品化しています。
インテックス株式会社の機能性光源とは、波長選択・加算方式を採用しています。これは市場が必要としている波長のみを選択し、発光させる方式です。従来は不必要な光はフィルタで除去した上で、必要な波長を合成させる必要がありました。機能性光源を採用したインテックス株式会社の照明製品は、農業/園芸産業での防虫による生産性向上、半導体産業での製造ラインにおける労働環境改善、食品製造産業での防虫による衛生環境改善、商業施設店舗でのディスプレイでの商品展示の向上など広範囲で応用実績があります。今回発表のTino4000HRは40W相当の直管LED光源で従来品に技術改良を加え、高演色性の光源と食品をおいしく見せる光源の両立を計った画期的な商品です。スイッチ一つで高演色Ra96以上の光源と肉・お魚など食品がおいしく見える光源が切り替えられますので用途に応じ1つのランプで実現可能となりました。視覚的な印象は顧客の食品や料理の選択に大きく影響することから、料理や食品鮮度を鮮やかに見せる新製品Tino4000HRはレストランや食料販売店における販売促進強化に貢献します。また、太陽光に近い光源を実現することから、植物工場照明としても最適です。

インテックス株式会社の機能性光源についての詳細はHPをご参照下さい。
照明本体の販売価格は15,000円の見込みです。(サンプル価格)

【インテックス株式会社】
2004年3月設立。資本金20百万円。従業員数 8名。東京都稲城市本社。営業は東京事業所(東京都千代田区)。波長選択・加算方式光源の技術力を活かした主要事業は、LEDモジュールの設計・製造・販売、基板Assy'で組み込みソフトでの販売、フルカラーLED照明の販売、白色LED光源(電球・蛍光灯)、システム設計・省エネ設計、高輝度モニター、LEDに関するカスタム仕様など。製品採用事例は、屋外サイン、半導体工場製造ライン、植物工場用照明、大手レストラン看板など。

本発表についてのお問い合わせ・取材のご用命は、下記までお願いします。
〒101-0047 東京都千代田区内神田1-5-1 トライエム大手町ビル9F
担当:木村牧子
TEL: 03-5281-8282/FAX:03-3295-6122  EMAIL: info@intexs.com
HP: www.intexs.com

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事