logo

BioCentury & BayHelix、今年11月に上海でChina Healthcare Summitを開催

BioCentury 2014年09月16日 13時40分
From JCN Newswire

「THE BRIDGE TO INNOVATION」をテーマに、中国に最新のヘルスケアエコシステム作りに欠かせない次のステップを探る

REDWOOD CITY, CA and SHANGHAI, CHINA, Sept 16, 2014 - ( JCN Newswire ) - BioCenturyおよびBayHelixがマッキンゼー・アンド・カンパニーと協力して、11月12~13日にグランドハイヤット上海で「The Bridge to Innovation」China Healthcare Summitを開催します。

The Bridge to Innovationは中国初のBioCentury Summitで、ソートリーダーや意思決定者が集い、中国で最新のヘルスケアシステムを構築するのに必要な、科学、ビジネスおよび政策の改革の次のステップを洗い出します。

VIPダイアログには、中国および海外の生物薬剤会社や、学会、政策決定、投資などの関係者からなる100人以上のインフルエンサーが参加します。

「The Bridge to Innovationでは、中国の患者のために最新のヘルスケアシステムを構築する際の、国内の大手製薬会社、MNC、政策決定者、および投資家に共通の関心事項について論じます。」と、David Flores社長兼CEOのDavid Floresは述べました。「BayHelixとマッキンゼー・アンド・カンパニーの協力により、中国で主要な利害関係者の間の継続的なダイアログを行うための戦略的フォーラムが確立されることを願っています。」

「中国は、ライフサイエンスにおけるイノベーションに貢献する優れたインフラとエコシステムの確立で、大きな進歩を遂げてきました。」と、BayHelix会長のKewen Jinは述べました。「BioCenturyと協業して、The Bridge to Innovationコンファレンスを開催し、主要なオピニオンリーダーや利害関係者を集め、我々が直面している課題について検討し、成功事例や教訓の情報を交換し、中国におけるヘルスケアイノベーションをサポートするための次のステップを洗い出します。」

この中国初のBioCentury Summitが重要であることは、協力者の方々の顔ぶれからも証明されています。知見パートナーのマッキンゼー・アンド・カンパニーの他、チャータースポンサーとしてEddingpharm、Fountain Medical Development、ジョンソン・エンド・ジョンソン、KGI凱基証券、Kleiner Perkins Caufield & Byers China、Sidley & Austin、武田薬品工業、WuXi AppTecなどが参加しています。

また、支援企業や団体には、中国医薬工業科研開発促進会(SINO-PhIRDA)、中国外商投資企業協会医薬品研究・開発委員会(RDPAC)、中国の大手ライフサイエンスイベントパートナーのLychee Group、中国の大手ライフサイエンスパートナーおよび投資会社のChinaBio(R) Groupがあります。

出席者の皆様が、参加するVIPと親しく会話し交流できるように、参加制限が設けられる予定です。早期登録割引を利用するには、BioCenturyのTom Carey ( tcarey@biocentury.com )またはLychee GroupのJon Liong ( jon.liong@lycheegroup.com )までお問い合わせください。

The Bridge to Innovationは11月12日(水)に開始予定で、同時にマッキンゼー・アンド・カンパニーから、今後10年間の中国の医療制度の発展に合わせた生物薬剤ビジネスモデルの変革に伴う課題についての独占レポートがリリースされます。

予備プログラムでは、一連の「タウンホール」総会が行われ、コンファレンス出席者は次の問題についての議論に参加できます。

- 共通課題: 中国の製薬会社とMNCが、中国のヘルスケアエコシステムの近代化についての関心事項を共有します。
- ギャップの補填: 新しい商業モデルにより、どのようにして製薬P&Lを維持し、中国でのイノベーションへとつなげるか。
- ベンチマーク: 中国における近代的ヘルスケアエコシステムの発展に伴う、進捗の測定法。

他のトップセッションには、次のものが予定されています。

- 中国の医療改革についてのレポートカード: 過去5年間に患者のために何を達成したか、そして今後5年間にどのような改革がさらに必要か。
- 近代的なヘルスケアエコシステムの特徴: BioCentury Washington編集者で、テレビ番組BioCentury This WeekのホストであるSteve Usdinの司会による国際的政策についてのディスカッション。
- 今後5年間のアクセス戦略: 中国式治療法へのアクセス拡大を目的とした国際的コラボレーションのケーススタディ。
- 今後5年間の取引戦略: 中国の製薬会社にイノベーションへの道を提供する国際的研究開発コラボレーションのケーススタディ。
- 今後5年間の融資会社: 中国、台湾および香港を拠点に、投資家が商業施策やパイプラインポートフォリオに融資する方法。

The Bridge to Innovationではまた、研究開発、取引および商業活動において中国の投資家が挙げた成果を表彰する年次BayHelix Awardを開催します。

The Bridge to Innovationの運営組織には、中国内外の主要なソートリーダーが参加しています。

- 運営委員会長: Steve Yang (WuXi AppTec EVP & COO)
- Kewen Jin (Symap Medical CEOおよびBayHelix会長)
- Franck Le Deu (マッキンゼー・アンド・カンパニー社パートナーおよび大中華圏ヘルスケア業務責任者)
- Jimmy Zhang (Johnson & Johnson Innovationトランザクション担当VPおよびBayHelix前会長)
- Karen Bernstein (BioCentury会長および編集主任)
- David Flores (BioCentury社長兼CEO)
- Joshua Berlin (BioCentury新規ベンチャー事務局長)
- Steve Usdin (BioCenturyワシントン編集者)
- Debra Yu (Labrador Advisors代表取締役)
- Jon Liong (Lychee Group業務執行社員)

参加登録、最新のアジェンダ、講師の発表、スポンサー募集の詳細について詳しくは、 リンク をご覧ください。

BioCenturyについて

BioCenturyでは15年間にわたり、ヨーロッパの生物薬剤エコシステムが直面する戦略的課題に対応するためにBioEquity Europeの開催を始め、地域のリーダーが集う第一級のイベントとして確立してきましたが、中国で初めて開催されるBioCentury Summitにもこの経験が活かされています。BioCenturyではまた、過去11年間にわたって日本でBIO Asia International Conventionの共催をしてきました。BioCenturyはニューヨークでも米国投資家向けの2つの年次コンファレンス(Future Leaders in the Biotech IndustryとNewsMakers in the Biotech Industry)を開催して、ウォール街から生物薬剤を支援してきましたが、今年はその21年目に当たります。

1993年以来BioCentury Publications, Inc.は、生物薬剤業界についての重要情報を製薬企業のエグゼクティブや、投資家、規制関係者、政策立案者、科学界などグローバルなオーディエンスに提供してきました。このようなオーディエンスは、同社の出版物、データ製品、米国、ヨーロッパ、およびアジアで共催する業界コンファレンスなどを通じて、BioCenturyの深い知識、データ推進型分析、独立した観点、信頼できるコンテンツから利益を得てきました。

BioCenturyの発行するタイトルには主力商品のBioCentury(R)の他、Nature Publishing GroupとのトランスレーショナルサイエンスパートナーシップのSciBX (Science-Business eXchange(TM))、BioCentury Extra(TM)モバイル日刊新聞などがあります。これらの定期ジャーナルは、オンラインビジネスインテリジェンスリソースのBCIQ(TM)から支援を受けています。BioCenturyはまた、ワシントンDCで、Gannettの所有するWUSA9 CBS関連会社との提携を通じて、BioCentury This Weekというヘルスケア広報番組を制作しています。この番組はワシントンで毎週日曜日に厳選されたPublic Broadcasting System加盟局により放映され、 www.biocenturytv.com リンク でグローバルにオンライン配信されています。

詳しい情報は、 www.biocentury.com リンク および www.biocenturytv.com リンク をご覧ください。

BayHelixについて

BayHelix Groupは、中国の伝統ビジネスのリーダーによる招待制の非営利組織で、その使命はライフサイエンスおよびヘルスケア業界の成長の促進です。2001年に設立されたBayHelixの会員数は、米国、カナダ、大中華圏で500人以上にまで成長しました。会員には、世界一流の製薬会社および生物薬剤会社の大半、および大手サービス会社および投資会社などの役員もいます。会員の3分の1以上は上級管理職で、80%以上はライフサイエンスの博士号を持ち、半数弱が米国の一流ビジネススクールでMBAを取得しています。

詳しい情報は リンク をご覧ください。

詳しい情報は、以下にお問い合わせください。
Thomas C. Carey
商業事業担当VP
BioCentury Publications, Inc.
+1-650-595-5333
メール: tcarey@biocentury.com

概要:BioCentury

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。