logo

大相撲力士 嘉風関、「マニフレックス」のアドバイザーに就任

株式会社フラグスポート 2014年09月10日 17時53分
From Digital PR Platform


このたび、今年大相撲5月場所に新三役に昇進するなど、その活躍が注目されている、大相撲力士の嘉風関(前頭三枚目、尾車部屋所属)が「マニフレックス」のアドバイザーに就任することになりました。イタリアの熟睡寝具「マニフレックス」(株式会社フラグスポート 代表取締役社長:山根崇裕、東京都港区)は、世界75カ国で展開している、世界最大級の熟睡寝具メーカーで、世界で活躍するアスリートを熟睡でサポートしています。

9月10日、嘉風関はフラグスポートが贈呈した、京都の名工によるイタリア・マニフレックス社がデザインした化粧回しを明治神宮に奉納し、関係者とともに必勝祈願を行いました。嘉風関は「新しい回しをとても気に入っています。マニフレックスのマットレスで良く眠れているので、集中力を高めて、見ている人にいい相撲と言ってもらえるような相撲を一番でも多くとりたいです。」と語りました。また、「マニフレックスのアドバイザーなのでアドバイスをしないといけないのですが、とても快眠できるので、このマットレスは他の力士には教えたくないですね。」と笑顔で語られました。大相撲9月場所は9月14日(日)から東京・国技館で開催されます。

嘉風関が「マニフレックス」を知ったきっかけは、自身がファンであるメジャー・リーガーの青木宣親選手がマニフレックスを愛用していると聞いたことでした。睡眠時無呼吸症候群(SAS)という持病を持つ嘉風関は、就寝の際に「CPAP(シーパップ)」*注が手放せず、長く睡眠に悩んでおられました。その間、「本当の熟睡ができたらもっと集中して、良い相撲がとれるのではないか」と考え、寝具について調べたそうです。そして、マニフレックスのマットレスに出合い、試されました。その結果、睡眠が劇的に改善されたそうで、今では、マニフレックスの三つ折りマットレス「メッシュ・ウィング」を大阪、名古屋、福岡、そして地方巡業に必ず持参されていらっしゃいます。

嘉風関は今後、「マニフレックス」の TVCM、パンフレット、カタログ、ポスター、WEBなどに登場し、ねむりの大切さをご自身の経験を通じて多くの方々に伝えるという活動にご協力いただきます。マニフレックスは、体重の大きな力士の健康、睡眠を支えるという、長期保証の実証と共に、優れた快眠寝具「マニフレックス」の訴求を強化していきたいと考えています。


◆嘉風関プロフィール◆
大分県佐伯市出身。尾車部屋所属。身長175cm、体重145kg。
最高位 東小結。敢闘賞3回。
9月場所前頭三枚目。


◆嘉風関談◆
➢相撲と睡眠
「空腹でも相撲はとれますが、睡眠不足だと相撲をとるのは怖いです。いまは熟睡したという安心感があるのでおもいきった相撲が取れます。」

➢マニフレックスを使った感想
「1月場所でけがをしたときにも休まないで済みました。次の大阪場所で二桁勝利をし、5月場所では東小結となりました。マニフレックスのマットレスを使い始めてから、いい相撲を取ると言われることが多くなりました。思い切りがよくなった、それは眠ることで集中力が高まったからだと思います。マニフレックスはまさに自分の体に合ったマットレスです。」

➢化粧回しについて
「新しい回しをとても気に入っています。回しのデザインも触った感触もとても良いです。イタリアのフィレンツェをイメージしているそうですがいつか妻と一緒に行ってみたいです。」

➢今場所への抱負
「マニフレックスのマットレスで良く眠れているので、集中力を高めて、見ている人にいい相撲と言ってもらえるような相撲を一番でも多くとりたいです。」

*注 CPAPは鼻に装着したマスクから空気を送り込むことによって、睡眠時の無呼吸を回避しようとする装置


<嘉風関ご愛用寝具紹介>
製品名:メッシュ・ウィング (シングル33,858円/税込〜)
芯材にエリオセルを使用し、側地に吸汗放湿性に優れたメッシュ素材を採用した、日本向けに作られた三つ折りマットレス。取っ手が付き、軽くて持ち運びにも便利。安心の10年保証。

製品名:ピローグランデ (18,442円/税込)
エリオセルMF(マインドフォーム)(R)を芯材に容積の約20%のエアホールを設けたことで、反発性、収縮性、そしてより柔軟な形状回復性に優れた、まくら。子どもから大人まで大人気。
70×45のラグジュアリーサイズ。



【マニフレックスについて】
イタリア・フィレンツェで1962年に元プロの自転車ロードレーサーであるジュリアーノ・マニ氏により設立され、現在世界75カ国に展開する、世界最大級の熟睡寝具ブランド。
マットレスと枕には独自開発された高密度・高反発フォーム「エリオセル(R)」「エリオセルマインドフォーム(R)」を使用。
体圧分散に優れ、身体負担が少なく、眠ることができる。

敷き寝具として最適な弾力性と復元性を備え、下からしっかり支え上げてくれるので、立っているときの背骨のカーブをそのまま保ち、理想的な寝姿勢を作ることができる。また、通気性がよく、蒸れにくいので快適。外気温度に硬さが変化しない、エコロジー、耐久性に優れ、寝具ではまれな長期保証を実現。軽いということも特長にあげられる。

1986年には、生産直後にマットレスを真空パックする「真空ロールアップ製法」で世界特許を取得。通気性が良く、復元性に優れる高反発フォーム「エリオセル」の素材だからこそ実現した、この製品形状により、工場からお客様のご自宅までほこりや雑菌などが混入することなく、マットレスを運搬することができるようになった。コンパクトな形状のため、間口の狭い住宅やスペースの限られたエレベーターを利用する住宅への運び込みも容易にした。また、マットレスの大きさが通常の1/8の大きさとなるため、排出ガス(CO2)を抑制、輸送コストを大幅に削減し価格に反映している。

全てのマットレスが素材品質の信頼性の認証基準「OKO-TEXスタンダード100」認証を取得。スプリングレスで、燃やしても一切の有害物質を排出しないことから、産業廃棄物削減など地球環境保全に貢献している。また、ドイツの工業規格「LGA-GERMANY」の規格の認定を受けており、マットレスには10年〜15年の長期保証が付く。国立フィレンツエ大学と長期にわたりエルゴノミクス(人間工学)に関する共同研究をすすめ、製品に反映させており、敷き寝具全般、枕や関連商品など熟睡と健康に係るアイテムをトータルにプロデュースしている。


株式会社フラグスポートは、代表取締役社長の山根崇裕が1993年、日本へのマニフレックス製品の輸入・販売を開始。日本・アジア総代理店を務める。
昨年11月1日、日本発売20周年を迎えた。本社、東京都港区。代表取締役社長、山根崇裕。  
HP:リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事