logo

”つながり”と“安心”を遠距離介護家族に「無料」で提供 「安心介護 家族ノート」9月10日(水)から開始

株式会社エス・エム・エス 2014年09月11日 20時13分
From 共同通信PRワイヤー

2014年9月10日

株式会社エス・エム・エス

“つながり”と“安心”を遠距離介護家族に「無料」で提供
「安心介護 家族ノート」9月10日(水)から開始
デイサービスでの家族の様子を自宅・職場にいながら見られるオンラインサービス

株式会社エス・エム・エス(本社所在地:東京都港区、代表取締役社長:後藤 夏樹、東証一部上場、以下「当社」)は、要介護者の日々の様子や介護の内容、食事・体調管理記録などを、要介護者の家族がインターネット上で見られるサービス「安心介護 家族ノート」( リンク )を開始いたしました。

【「安心介護 家族ノート」の概要】
「安心介護 家族ノート」とは、当社の介護事業者向けサービスである「カイポケ経営支援サービス( リンク )」を導入している介護事業所が日頃入力・管理している介護記録を、利用者家族が閲覧できるサービスです。
具体的には「安心介護 家族ノート」にて会員登録を行いログインすると、介護事業者が入力した食事やレクレーション、バイタル等日々の介護記録をオンライン上で見ることができます。また、介護事業所と直接やりとりされている主介護者の方だけでなく、主介護者の方より招待を受けた方ならどなたでも利用することができます。一方、介護事業所にはタイムリーに手間なく介護記録を入力し写真も撮れるよう、iPad Airの無料配布を開始しており、まずはデイサービス向けに提供を開始しております。
今後は「安心介護 家族ノート」を活用して家族間や事業者・従事者とのコミュニケーション機能を設けたり、利用者家族への保険外サービスの紹介も行っていく予定です。

【「安心介護 家族ノート」開始の背景】
核家族化の進展や高齢化が加速する現代社会で、遠方に暮らす親をはじめたとした家族の介護に悩む人々が増えています。遠距離の介護の場合、頻繁に要介護者の様子を見に行くことは難しく、要介護者は本当に元気なのか、日々の様子に変化がないのか、不安を感じるものです。その不安を少しでも解消するために、そして、介護事業者にとっての大きな課題である家族との情報共有やコミュニケーションを円滑にするために、「安心介護 家族ノート」を開始いたしました。
当社は、2014年2月より「カイポケ経営支援サービス」を運営しており、会員事業者数は17,900事業所、また、会員事業所がサービスを提供する要介護者・要支援者の方々は約40万人にものぼります。「安心介護 家族ノート」は、オンラインで要介護者の様子を要介護者の家族にお伝えすることで、遠距離介護をする家族・介護事業者双方に安心を提供します。また、それによりコミュニケーションが円滑になり、遠距離介護の苦労が少しでも低減されることを目指しています。

【「安心介護」について】
「安心介護」は介護についての疑問や不安を気軽に相談できる、介護をする家族向けコミュニティサイトです。ケアマネジャーを中心とする介護の専門家へ無料で質問・相談ができる「介護のQ&A」の他、介護をしているユーザが日頃のストレスや様々な気持ちを共感する「共感広場」、孤独になりがちな介護生活についての思いや出来事を発信できる「みんなの介護日記」等を提供しております。初めて介護をする方へ向けた介護の基礎知識から不安を解消する様々なコンテンツまで、介護に関する情報にアクセスできる場として、介護における“安心の提供”“不安の軽減”を支援しております。安心介護会員数:4.8万人(2014年9月現在)

【「カイポケ経営支援サービス」について】
「カイポケ経営支援サービス」は、介護事業者の経営・財務安定化及び業務負荷削減をサポートし、介護事業者が目指す「理想の介護」実現を全面的に支援するサービスです。採用支援サービスや営業支援サービスなど現時点で30のサービスを展開しており、全国約17,900以上の介護事業所が会員となり、ご利用いただいております。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。