logo

グローバルな半導体企業ZMDIは、民生向け気圧およびサーモパイルセンサー用の、エネルギー効率に優れた高精度18ビット信号センサー調整器、ZSSC3218を新たにリリース

Zentrum Mikroelektronik Dresden AG (ZMDI) 2014年09月10日 15時25分
From JCN Newswire

Dresden, Germany, Sept 10, 2014 - ( JCN Newswire ) - ZMD AG (ZMDI) はドレスデンに本社を置くenergy efficientソリューションを専門とするグローバルな半導体企業であり、数々の賞を受けています。同社は本日、線形化及び補正機能用に24ビットデジタル信号プロセッサ(DSP)が集積された最先端18ビット信号センサー調整IC(SSC)であるZSSC3218のリリースを発表します。車載、産業、医療、IT、民生向けアナログ・ミックスドシグナル・ソリューションのグローバルサプライヤーであるZMDIは、ハイエンドセンサーモジュール用のセンサーシグナルコンディショニングICラインアップ拡張のためZSSC3218を開発しました。

高分解能の産業、民生、医療用アプリケーション向けに最適な本センサーインターフェイスICは、24ビットDSP、高精度なアンプ、18ビット精度のアナログ/デジタルコンバーターを集積しています。さらに、バッテリー駆動低電力デバイス用として、1.68Vから3.6Vの電圧範囲で、全体消費電流の標準値で1mA、通常、スリープモードでは標準値で超低電流の20nAという特性を兼ね備えております。全体の消費電流を最小限に抑える高性能なパワーセーブ系、低ノイズ出力信号向け内部フィルタオプション、高機能アラーム、割り込み機能も特長としています。優れた電源電圧変動除去比(PSRR)を持つ内蔵レギュレーターを有しており、外部バッファコンデンサが不要となります。これは、厳しい環境に晒されるアプリケーションにとって最適です。

信頼性の高い、複数回プログラム可能な不揮発性メモリーのオンチップに書き込まれた係数で、内部補正アルゴリズムにより、信号オフセット、感度、温度、非線形性のデジタル補正が行われます。ZMDI開発キット内に同梱されたPC動作による補正ソフトウェアは、ZSSC3218のシリアルインターフェイスを介するため、プログラミングが容易です。測定、補正されたブリッジ値は、I2C(TM)(NXPの商標)またはSPIとしてのデジタル出力ピンより出力されます。ZSSC3218はまた内部センサーで測定した、温度補正の出力値も提供可能です。

ほぼノイズ除去された18ビット出力信号により、ZSSC3218はポータブルナビゲーションや緊急呼び出しシステム向け気圧高度計、カーナビゲーション向け高度計、ハードディスク内の圧力測定、天気予報装置などの高精度測定システム用途の設計を可能にします。また、非接触での物体や人体の温度測定を可能にするために、デバイスはサーモパイルセンサーを取り入れることもできます。電話やタブレット型コンピューターといった携帯端末はZSSC3218の精度から大きな利点を得ることができます。

「エネルギー効率はわれわれの強みです。わたしたちの顧客が次世代製品のために要求するファクターから小型形状を提供するためにZSSC3218を設計しました。」とZMDIのプロダクトマーケティング・マネージャーのミハエル・ゲオルギは述べています。「ZSSC3218は、抵抗型圧力センサーならびにサーモパイルのような絶対電圧センサーを使う用途のために設計されています。専用MEMSセンサー素子とともにスタックされたダイ・アセンブリは、MEMSベースのセンサー用に市場でもっとも低い形状を供給します。新アプリケーションは、携帯デバイス内のサーモパイルセンサーをベースとした非接触での温度測定です。」

ZSSC3218の特長:

-- スタックされたダイ・アセンブリに最適な、正方形型形状
-- ワイドな動作温度範囲: -40度~+85度
-- フルスケール出力±0.10%以上の精度
-- ワイドなパワー供給レンジ: 1.68~3.6 V
-- 低い全体での消費電流: 1mA typ
-- スリープモード電流: 20nA typ
-- ノイズ除去された18ビット出力信号
-- 内部温度測定および信号処理
-- システム設計を簡素化する完全補正のデジタル出力信号
-- 2Vで最大90dBまでの電源電圧変動除去比

出荷と価格

ZSSC3218は量産中で、ウェハ接着用にダイでの供給が可能です。サンプル、ウェハはZMDIからお求め頂けます。

ZSSC3218のユニット価格は50,000個あたり0.89ユーロまたは1.20USドルとなっています。

ZMDIについて

Zentrum Mikroelektronik Dresden AG (ZMDI) は車載、産業、医療、携帯感知、情報技術、民生アプリケーション向けのアナログ/ミックスドシグナル半導体ソリューションのグローバルサプライヤーです。これらのソリューションによって、多様な市場における携帯センシング、パワーマネージメント、バッテリーマネージメント向けに、最もエネルギー効率に優れた製品を同社顧客は製造することができます

ZMDI は50年以上にわたりドイツのドレスデンに本社拠点を置いています。従業員数は世界で320人以上にのぼり、ドイツ、イタリア、ブルガリア、フランス、英国、アイルランド、日本、韓国、中国、台湾、米国にあるセールスオフィスとデザインセンターを通じて世界中のさまざまな顧客にサービスを提供しています。

詳細は同社ウェブサイト www.zmdi.com リンク をご参照下さい。

本ニュース・リリースのURLはこちら: リンク
FacebookでZMDIを「いいね!」する: www.facebook.com/ZMDINT リンク
ZMDIをTwitterでフォローする: www.twitter.com/ZMDINT リンク
ZMDIとLinkedinでつながる: リンク

連絡先:
Daniel Aitken,
ZMDI
Global Director of Corporate Marketing and Communications,
T +1 438 288 3668
daniel.aitken@zmdi.com

概要:Zentrum Mikroelektronik Dresden AG (ZMDI)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。